第二次新昭和切手の買取価格と概要

このページでは、全ての額面の「第二次新昭和切手」について買取相場や詳細を画像付きでまとめて一覧で紹介しています。また、第二次新昭和切手買取におけるおすすめの切手買取業者も紹介していますので、第二次新昭和切手買取の際には参考にしてください。

普通切手・第二次新昭和切手100円(梅花模様)の買取相場と概要

第二次新昭和切手100円(梅花模様)

発行日時:1947年(昭和22年)7月

切手買取相場:1500円~5000円

使用済み切手買取相場:10円~50円

普通切手・第二次新昭和切手100円には「梅花模様」が採用されています。これは第一次新昭和切手の図柄がそのまま採用されていますが、目打ち(切手の周りのギザギザ)の有無で見分けられます。第二次新昭和切手100円の買取価格は、1枚で1500円~5000円前後も期待できます。

普通切手・第二次新昭和切手50円(能面)の買取相場と概要

第二次新昭和切手50円(能面)

発行日時:1947年(昭和22年)7月

切手買取相場:1200円~4500円

使用済み切手買取相場:10円~50円

普通切手の第二次新昭和切手50円には「能面」の図柄がデザインされています。こちらも第一次新昭和切手の図柄がそのまま採用されていますが、目打ちの有無で判別可能です。第二次新昭和切手50円の買取価格は1枚あたり1200円~4500円前後も期待できます。

普通切手・第二次新昭和切手10円(らでん模様)の買取相場と概要

第二次新昭和切手10円(らでん模様)

発行日時:1947年(昭和22年)5月15日

切手買取相場:400円~1000円

使用済み切手買取相場:1円~15円

普通切手の第二次新昭和切手10円には、正倉院宝物に描かれた「らでん模様」がデザインされていて、買取価格相場は1枚あたり400円~1000円前後が期待できます。当時の10円切手は主に、書留・配達証明郵便などに使われた額面の切手です。

普通切手・第二次新昭和切手5円(捕鯨)の買取相場と概要

第二次新昭和切手5円(捕鯨)

発行日時:1947年(昭和22年)5月10日

切手買取相場:150円~550円

使用済み切手買取相場:1円~10円

普通切手の第二次新昭和切手5円には「捕鯨」の様子が描かれています。当時の5円は、主に2kg前後までの小包郵便や書留の追加料金に使われていた切手です。切手買取での第二次新昭和切手5円の買取価格は、1枚で150円~550円前後の相場が期待できます。

普通切手・第二次新昭和切手4円(落雁図)の買取相場と概要

第二次新昭和切手4円(落雁図)

発行日時:1947年(昭和22年)9月1日

切手買取相場:100円~300円

使用済み切手買取相場:1円~15円

普通切手・第二次新昭和切手4円には、第一次新昭和切手の30銭と同じ図柄の「落雁図(葛飾北斎)」が採用されています。切手買取では、大体100円~300円前後が相場として期待できます。当時の4円切手は、主に速達郵便や外信船便書状の金額に使われていました。

普通切手・第二次新昭和切手1.2円(五重塔)の買取相場と概要

普通切手・第二次新昭和切手1.2円(五重塔)

発行日時:1947年(昭和22年)5月15日

切手買取相場:30円~120円

使用済み切手買取相場:10円~30円

普通切手の第二次新昭和切手1.2円(1円20銭)切手には、法隆寺の「五重塔」がデザインされていて、買取価格は1枚あたり大体30円~120円が相場として期待できます。この切手と同じ図柄が「東京切手展記念切手」として小型シートで発行されました。

普通切手・第二次新昭和切手1円(前島密)の買取相場と概要

普通切手・第二次新昭和切手1円(前島密)

発行日時:1947年(昭和22年)8月10日

切手買取相場:80円~250円

使用済み切手買取相場:15円~40円

普通切手の第二次新昭和切手1円には、郵便制度の父と呼ばれる「前島密」が採用されています。買取価格は1枚あたり80円~250円前後が期待できます。1円は当時の切手額面から見てもキリ良い数字で、他の切手と混貼されているエンタイヤ(使用済み郵便)も多く見つかります。

普通切手・第二次新昭和切手50銭(炭鉱夫)の買取相場と概要

普通切手・第二次新昭和切手50銭(炭鉱夫)

発行日時:1948年(昭和23年)3月16日

切手買取相場:30円~90円

使用済み切手買取相場:20円~70円

普通切手・第二次新昭和切手50銭には「炭鉱夫」がデザインされていますが、これは第三次昭和切手の50銭切手の図柄がそのまま採用されました。第二次新昭和切手50銭の買取価格は、1枚あたり30円~90円前後が相場になります。

普通切手・第二次新昭和切手45銭(数字45銭)の買取相場と概要

普通切手・第二次新昭和切手45銭(数字45銭)

発行日時:1947年(昭和22年)5月1日

切手買取相場:20円~60円

使用済み切手買取相場:20円~60円

普通切手の第二次新昭和切手45銭には、桃色の字で「45」と数字がデザインされています。1947年に郵便料金の改定があったため、それに伴って発行されました。切手買取での45銭切手の買取価格は、1枚あたり20円~60円前後が相場として期待できます。

普通切手・第二次新昭和切手35銭(数字35銭)の買取相場と概要

普通切手・第二次新昭和切手35銭(数字35銭)

発行日時:1947年(昭和22年)4月15日

切手買取相場:10円~50円

使用済み切手買取相場:10円~40円

普通切手の第二次新昭和切手35銭は、緑色で数字の「35」がデザインされています。こちらも45銭切手と同様、1947年の郵便料金改定に伴って発行された普通切手です。第二次新昭和切手35銭の買取価格相場は、1枚あたり10円~50円前後が期待できます。

普通切手・第二次新昭和切手30銭(五重塔)の買取相場と概要

普通切手・第二次新昭和切手30銭(五重塔)

発行日時:1946年(昭和21年)9月26日

切手買取相場:30円~400円

使用済み切手買取相場:30円~400円

第二次新昭和切手30銭は「五重塔」ですが、発行された時期によって用紙や文字が異なり買取相場も細分化されています。希少価値が低い種類だと、1枚で大体30円~250円前後の買取相場ですが、国名が左書きのものだと100円~400円前後の買取価格も期待できるようになります。

普通切手・第二次新昭和切手について

第二次新昭和切手

「第二次新昭和切手」は、1946年(昭和21年)~1948年(昭和23年)にかけて発行された普通切手です。 第二次新昭和切手は、1947年に実施された郵便料金の値上げに伴って発行された普通切手で、30銭~100円まで、計11種類の額面で発行されました。

第二次新昭和切手の特徴としては2つあり、まず「日本郵便」の印刷が左書きになったことです(炭鉱夫50銭切手以外)。ひとつ前の「第一次新昭和切手」は、日本郵便の印字はまだ右書きでした。 また、もうひとつの特徴として「菊の紋章」がついていることが挙げられます。その後発行された第三次新昭和切手においては、菊の紋章は描かれていません。

第二次昭和切手で価値が高い切手をご紹介すると、まずは50円の「能面」切手、100円の「梅花模様」切手が挙げられます。 この2種類は高額面のため発行数が少なく、一枚あたり5000円前後までの買取価格も期待できるプレミア切手です。

その他の第二次新昭和切手の買取相場は、平均すると数百円~1000円前後までが期待できますが、額面によって買取価格は大きく異なります。 また、一部の切手には、裏糊がついていない「糊無し切手」や、ルレットで目打ちをつけたものなどもあり、それぞれで価値も細分化されています。
第二次新昭和切手の買取価値は一見しただけでは分かりにくいので、コレクションなどをお持ちであれば一度、切手の買取査定に出してみるのがおすすめです。

普通切手「第二次新昭和切手」の種類や概要、買取の注意点など

第二次新昭和切手の種類と概要

第二次新昭和切手の種類は、以下の20種類の額面・図柄が発行されました。

  • 五重塔切手(30銭)・・・「日本郵便」の右書き・左書き両方あり、ルレット目打ちあり、糊無し切手あり
  • 数字「35」切手(35銭)
  • 数字「45」切手(45銭)
  • 炭鉱夫切手(50銭)
  • 前島密切手(1円)
  • 五重塔切手(1.2円)
  • 落雁図切手(4円)
  • 捕鯨切手(5円)
  • らでん模様切手(10円)
  • 能面切手(50円)
  • 梅花模様切手(100円)

今も継続して使われている「前島密の1円切手」ですが、この第二次新昭和切手の時代から受け継がれた意匠になります。

30銭の五重塔切手は、実は非常にレパートリーに富んでおり、「日本郵便」の右書き・左書きの両方があり、さらに裏糊がない切手、ルレット目打ちの切手、せますかしの切手・・・など、沢山あります。 一見、同じ30銭の五重塔切手のように見えますが、それぞれで買取相場も大きく異なり、下は数十円から、高いと1000円前後の買取価格まで期待できます。

そして、1.2円(1円20銭)の「法隆寺五重塔」切手は、同じ柄の切手が【東京切手展記念小型シート】として発行されました。 こちらは、この年代の切手にしては価値が極めて高くなっており、高価買取も十分見込める切手です。

また、この時代の切手は印刷技術もまだ不十分で、さらに戦後の混乱期~復興期の中で切手を発行しなければなりませんでしたので、エラー切手が頻出した時代としても知られています。 もし第二次新昭和切手のエラー切手であれば、エラーの度合いにもよりますが、一般的な切手買取相場では語れないくらいに価値が高騰するケースもあります。

また、第二次新昭和切手が全種類揃っている場合は、買取価格が2万円以上になる可能性もあります。

切手買取業者の利用は、問い合わせから買取完了に至るまで完全無料ですし、利用前の質問だけでも快く受け付けてくれます。 「普通切手だから価値が低いかも?」と思わずに、「いくらで売れるか?」一度買取業者へ質問してみることをおすすめ致します。

切手買取でのおすすめ買取業者

切手買取におけるおすすめ買取業者はトップページでご紹介していますが、特におすすめの2社だけピックアップしてこちらでもご紹介します。私の経験上からも、切手買取を依頼する際には安心してお任せできる2社ですよ。

第二次新昭和切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

第二次新昭和切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ