ここでいう郵便切手とは古くない普通切手

郵便切手とは

郵便切手とは、広義に解釈すると"郵便に使われる切手"のことで、郵便切手のうちの大半が普通切手として発行されています。
普通切手を簡単に説明すると"郵便料金の納付を目的に発行され、枚数や販売期間の限定がなく、通年購入できる切手"です。 ですがひとくちに普通切手といっても、明治や大正など古い時代に発行されていた昔の普通切手や、逆に平成に入ってから発行されたような新しい普通切手など、数々の種類が存在します。 しかも古い普通切手は非常に高い価値を持つ物が沢山あり、現在とは貨幣価値も異なりますので、表記されている額面は全くあてになりません。

そのため古い普通切手は別ページにて詳細をご案内し、ここでいう郵便切手とは、日々の郵便物に使えるような「近年発行されている普通切手」の事を指すことにします。

郵便切手の買取価格

郵便切手

郵便切手の買取価格は、基本的に額面ベースで算出されます。 多く売ると郵便切手の換金レートが高くなるので買取価格が高くなり、逆に量が少なければ業者側は"薄利多売"という保険的な最終方法も取れなくなりますので、買取価格は低くなりやすいのです。 つまり買取金額は切手を売る量でも変動してきますので、郵便切手が大量にあればある程、買取価格も上がりやすくなるということです。

ちなみに切手を売る際は、切り離さないシート状態が良いとされていますし、このサイトでもなるべく切り離さない状態で買取に出すことをおすすめしています。 しかし、近年発行された普通切手となるとコレクション要素が極めて薄いため、ここで取り上げている"郵便切手の買取"となると、シート状態でもバラ切手の状態でも、結果として買取価格にそれほど違いはありません。
ですがバラ切手となると再販性が薄く、業者によっては換金レートが下がってしまう可能性がありますので、敢えてシート状態の切手を切り離すようなことはおすすめしません。

使用済みでも郵便切手は買取してもらえる?

結論から申し上げますと、"郵便切手の使用済み"となると、業者ではまず無理です。 郵便切手は使用済みだと郵送での利用価値がなくなるため、換金対象から外れてしまうからです。 使用済み切手の状態でも価値があり、業者で買取してもらえるのは"希少性が非常に高い切手だけ"です。 切手全体で見れば使用済みでも買取対象となる物も多いのですが、郵便切手(発行年数が新しい普通切手)の使用済みとなると、売れる可能性は極めて低いです。

郵便切手の買取方法

郵便切手を買取する方法

郵便切手の買取価格に関してですが、切手買取専門店でも金券ショップでも構いませんので、換金レートが良いところで買取してもらいましょう。 金券ショップへ持ち込むのは手間が掛かるのであれば、このサイトで紹介している切手買取業者も郵便切手の買取は行っていますので、簡単便利でおすすめです。

郵便切手だけでなく、「よく分からない種類の切手が沢山ある」「郵便切手や古い切手など、様々な切手が混在している」などのケースであれば、こちらも切手買取業者の利用をおすすめします。

おすすめしない切手の買取業者

切手の換金率の表記がたとえ良くても例外的におすすめできない業者が、

  • ・無名かつ口コミの確認できない業者
  • ・ホームページが充実していない切手買取業者

です。 あくまでも個人的にお勧めしないだけですが、この辺がしっかりしていない切手買取業者や金券ショップだと悪質な業者である可能性が高くなり、表記された換金レート通りの金額で郵便切手を買取してもらえない可能性があるからです。

希少性の高い切手と合わせて売る場合は

郵便切手のみの買取であれば、換金レートで買取価格が決まりますので、切手買取業者・金券ショップのどちらを利用しても構いません。 ですが古い切手コレクションと合わせて売りたい」 「価値のある切手とまとめて買取してもらいたい」 など、価値のある切手や昔の切手と合わせて売る場合は、切手買取業者がおすすめです。

ページのトップへ