京都府の切手買取業者

京都府での切手買取情報をご紹介

【京都府】おすすめ切手買取業者

このページではおすすめ切手買取業者の京都府と関連のある口コミ・評判情報をご紹介しています。このページでご紹介している切手買取業者は、京都府内全域での切手買取に対応しており、手数料等の費用も完全無料、相談のみからも対応してくれますので京都府で切手買取を検討されているのであればお気軽にご相談可能です。


このサイトで紹介している京都府での切手買取情報含めた様々な情報は「口コミ・評判サイト」や「質問・相談サイト」、「個人ブログ」等を巡回し、買取業者や切手買取経験のある知人にも協力の上で独自調査により調べた情報を基に紹介しています。

京都府でのおすすめ切手買取業者の口コミ

京都府でのおすすめ切手買取業者3社の口コミをご紹介。
京都府で切手買取をお考えの際に是非参考にしてください。

  • 【京都府】におけるバイセル(旧スピード買取.JP)の口コミと概要

    京都府におけるバイセル(旧スピード買取.JP)の評判はこちら

    京都府対応の切手買取業者であれば、坂上忍がCMを務めるバイセル(旧スピード買取.JP)も非常におすすめの一社です。特にスピード対応には目を見張るものがあり、最短30分で出張買取可能と名前に偽りなしの買取業者です。


    スピード買取の長所はその対応速度だけに留まらず、切手を売るうえで相見積もりを取る業者としても非常に向いています!スピード買取は他店より買取価格が安ければ全額返却と謳っており、返信なども非常に速いためスピーディに相見積もりが取れるので、問い合わせして損はありません。

    京都府でのバイセル(旧スピード買取.JP)の口コミ等

    京都府と関連のありそうなバイセル(旧スピード買取.JP)の口コミをご紹介します。また、バイセル(旧スピード買取.JP)は買取実例も豊富にありましたので、バイセル(旧スピード買取.JP)が参考として提示している切手の買取価格についてもご紹介します。

    中国切手ボストークの買取価格について

    中国切手ボストークの買取価格について

    スピード買取公式サイトの買取実績では、買取価格は868,000円と掲載されています。中国切手のボストークだそうで、プレミア切手として有名な「赤猿」の単片も確認することが出来ます。沢山の切手の買取となると価値の高い品が紛れている可能性もありますので、価値が分かる買取業者に依頼することをおすすめします。

    切手コレクションの買取価格について

    切手コレクションの買取価格について

    スピード買取の買取実績で、1,026,000円の買取価格と記載されていました。寄付金切手やふるさと切手など、30年以上にも渡るコレクションだと記載されています。写真から切手の詳細は分かりませんが、恐らく第19回・第20回の国体記念切手らしき品がうっすらと覗えます。切手の年代や枚数等を加味しても、かなり買取価格の水準が高いのではないでしょうか。

    依頼して良かったです

    口コミやブログなどの評判が良かったので、スピード買取にお願いしました。私は人見知りなので心配でしたが、感じの良い査定の方が来てくれて良かったです。ロゴ入りの社用車とかではなく、普通の車で来てくれたので近所の目も気になりませんでしたし、京都府でも対象なので良かったです。古い切手って高く売れるんですね!依頼して良かったです。

    京都にて二度目の利用です

    前回は記念切手のコレクションを売却しましたが、バラ切手も買取しているとのことで、今回は段ボールいっぱいのバラ切手を買取してもらいました。さすがに状態が悪くなってしまっている物もありましたが、きっちりお値段つけていただけました。

  • 【京都府】における切手買取福ちゃんの口コミと概要

    京都府における切手買取福ちゃんの評判はこちら

    京都府における切手買取でおすすめな切手買取業者の一つが切手買取福ちゃんです!切手買取福ちゃんというと俳優の中尾彬さんと奥さんであり女優の池波志乃さん夫婦がそろってイメージキャラクターを務める大手の買取業者ですね。


    福ちゃんは切手専門の業者ではなく様々な品物を買い取る総合買取業者ですが、買取に長けた大手業者ですので京都府における切手買取実績も非常に多く、かつ買取価格も高いと評判です。各ジャンルの査定員が在籍しているため切手の知識も十分で、対応の良さを褒める声も多いです。

    京都府での福ちゃんの口コミ情報

    京都府と関連のありそうな福ちゃんの口コミをご紹介します。買取実例に関しては金額情報が少なかった為、こちらには掲載していません。

    安心して利用できました

    京都に住む娘からすすめてもらい、まずはメール査定からお願いしました。査定結果も早く、思ったより買取価格も高かったので良かったです。実際の査定額もメール査定のときと変わりなく、終始親切な対応で安心して利用できました。

    京都府亀岡市から依頼

    出張査定にて利用しました。問い合わせた際にちょうど京都周辺の査定スタッフに空きが出たとのことで、すぐに対応してもらえました。礼儀正しいスタッフさんで切手の知識も十分、説明も分かりやすかったです。

  • 【京都府】における買取プレミアムの口コミと概要

    京都府における買取プレミアムの評判はこちら

    京都府で切手買取を検討しているなら、買取プレミアムもオススメの買取業者です。スタッフの対応もきめ細やかで良心的ですし切手の買取価格も良く、数々の切手買取業者の中でもかなり水準の高い業者だと思います。


    買取プレミアムは特に出張買取に注力している点がポイントで、例えば女性であれば同じ女性の査定員を指名できるなどサービスも非常に充実しており、こちらも「買取額が高く満足」や「スタッフ対応が優しかった」などの良い口コミも多く見ることが出来ます。

    京都府での買取プレミアムの口コミ情報

    京都府と関連のありそうな買取プレミアムの口コミをご紹介します。買取実例に関しては金額情報が少なかった為、こちらには掲載していません。

    切手に詳しい査定員

    昔ブームで集めた切手ですがすっかり熱が冷めてしまい、買取プレミアムを紹介してもらいました。切手に詳しい査定員が来てくれたので、話も盛り上がりました。京都にも同じような友人が住んでいるので、おすすめしておきます。

    買取価格がかなり高額

    家に眠っていた古い切手ですが、いつの切手なのか、そもそも日本の切手なのかも分からず、買取プレミアムに査定をお願いしました。電話一本で京都の自宅まで駆けつけてくれました。査定の結果古い日本の切手だったようで、額面が一桁なのも古い物だからだと。買取価格がかなり高額だったので、その場で売却を決意しました。ラッキーでした!

京都府のエリア一覧

京都府の市
京都市内全域(下京区、南区、東山区、右京区、左京区、山科区、伏見区、上京区、東山区、伏見区、西京区、北区、中京区)、亀岡市、綾部市、八幡市、向日市、福知山市、木津川市、長岡京市、京丹後市、宮津市、南丹市、舞鶴市、宇治市、京田辺市、城陽市

京都府の町村郡
綴喜郡井手町、久世郡久御山町、乙訓郡大山崎町、相楽郡南山城村、綴喜郡宇治田原町、船井郡京丹波町、与謝郡伊根町、久世郡久御山町、相楽郡精華町、相楽郡和束町、相楽郡笠置町、与謝郡与謝野町

当サイトへ寄せられたメッセージを紹介します

  • メールアイコン

    昔に集めた切手を売りたく色々探していましたがよく分からず、気づけばほったらかしになってしまいました。偶然こちらのサイトを拝見して思い出し、早速買取業者に電話したところ丁寧な対応で安心できましたし、次の日に枠が空いているとのことで非常に迅速に買い取ってもらうことが出来ました。切手が流行った時代よりだいぶ買取価格は下がっていると何かで聞いたことがありますが、それでも満足のいく買取額を出してもらうことが出来ました。

    メールアイコン

    父の切手コレクションを売るためにブランド買取店などを回っていましたが(貴金属の買取店などでも切手を扱っているような所です)あまり良い買取価格にならなくて、ランキングを見て出張買取の予約を入れました。
    買取価格は今までとは段違いに良い値段を出してもらえましたし、家にいながら切手が売れたので非常に楽でした!査定の方に京都までわざわざ車で来てもらえて助かりました。

京都府にまつわる切手の情報

  • 京都府の切手情報

    京都府は日本の歴史にとって、そして郵便の歴史にも深く携わった都で、切手にとっても欠かせない場所です。そのため、京都府の美しい風景や芸術を題材にした切手も数え切れないほどに発行されています。
    例えば京都府の名所として有名な清水寺は、オリジナルフレーム切手「清水寺」として販売されている他、新昭和切手の2円切手としても発行されていますし、第2次国宝シリーズ第6集にも清水寺本堂の図柄が採用されています。 京都府の建仁寺にある「風神雷神図屏風」も有名で、こちらも数々の切手に図柄として取り上げられています。1962年に発行された第3次動植物国宝切手に採用されている他、1966年、1967年の新動植物国宝図案切手にも図案として使用されています。 京都市美術館や京都国立博物館にある屏風図や絵画も切手に取り上げられている有名なものが多く、京都市美術館の「南波照間」と「画室の客」は切手趣味週間にも採用されています。

    日本の郵便は明治4年、郵便の父と呼ばれる前島密が郵便制度を開始したことで始まりました。「郵便」や「切手」といった単語が使われだしたのも、前島密がきっかけです。
    初めての郵便区間は首都圏であった東京、大阪、そして京都府の3か所に設定され、京都府で初めての郵便役所は姉小路車屋町西へ入に設置されました。 京都府は日本の様々な風景や著名な芸術品が多くある他、郵便が初めて開始された土地であり切手や郵便にも深く関わりのある都道府県なのです。

    切手買取で高く切手を売るコツは【複数の切手買取業者から相見積もりを取る】ことです。ひとくちに切手といっても幅が広く切手買取業者ごとの得手不得手はもちろんありますし、切手買取業者ごとの在庫状況などによっても切手の買取価格は簡単に上下してしまうからです。 けれども京都にも沢山の切手買取業者があり、例えばネットで「京都 切手買取」などと調べても数え切れないほどにページがヒットします。 その中から切手を高く買い取ってくれる業者を見極めるのは至難の業で、調べていくうちに面倒になって「適当に売ってしまおう」となってしまいます。
    私も切手買取を経験していますので、その気持ちは非常によく分かります。

    京都府で切手を売るなら、是非ともこちらの切手買取業者ランキングを参考にしていただければと思います!
    こちらのランキングは私が過去に複数社の切手買取業者から相見積もりを取った際に、切手の買取価格が高く、対応も良心的だった業者を厳選比較して掲載しています。 上位の切手買取業者は全国対応が基本ですので、京都府の京都市や宇治市、亀岡市などにお住まいでもスムーズに切手買取が可能です。 出張買取を利用した場合は京都のご自宅まで査定員が来てくれますし、宅配買取を希望している場合も無料で梱包セットを送ってもらうことが出来ます。
    京都府の方に限らず、切手買取を検討している方々へ幅広くおすすめ出来る切手買取業者ですので、参考になれば幸いです!

京都府のふるさと切手情報一覧

ふるさと切手

京都府には、桜や紅葉の名所として知られる京都府京都市「嵐山」や、京都府の北部に位置し、日本三景の一つに数えられる「天橋立」、さらには京都府京都市・東山区の祇園の街並みなども広く知られています。 京都府発行のふるさと切手にも、これらの有名な風景や美しい名勝は数多く採用されており、京都府の魅力を切手からも窺い知ることが出来ます。
ここでは京都府のふるさと切手を順次ご紹介していくとともに、一部の切手においては、切手買取で期待できる買取価格も一緒に掲載していきます。

  • 京都府01:「京の四季」切手

    「京の四季」切手

    京都府の四季の移ろいを美しく表現したのが、京都府ふるさと切手「京の四季」です。春には京都府京都市の円山公園の桜が、夏は京都府を流れる河川の鴨川、秋は京都府・嵐山の紅葉、冬には京都市の北山が描かれています。今のところ切手の買取価格は額面ベースですが、4種連刷の美しさも見どころの切手です。平成12年に発行されたふるさと切手で、京都の名所が描かれました。

  • 京都府02:「京都大学時計台」切手

    「京都大学時計台」切手

    京都大学のシンボルとして有名なのが、「京都大学時計台」です。その歴史は古く、完成は大正14年、2003年には大学創立100周年を記念した改修工事が終了しています。京都府ふるさと切手「京都大学時計台」は、京都大学の100周年を記念して平成9年に発行され、意匠は日本画家の奥田元宋氏が担当されました。切手の買取価格は額面ベースが期待できます。

  • 京都府03:「京の催事」切手

    「京の催事」切手

    京都府では古くから様々な催事が行われて、季節の風物詩としても広く知られています。催事の見どころを意匠に採用した切手が、京都府ふるさと切手「京の催事」です。切手の発行は平成15年、4種類の図柄が発行され、額面はそれぞれ50円です。切手の意匠には、京都市・賀茂御祖神社と賀茂別雷神社で行われる「葵祭」、京都市東山区・八坂神社の例祭「祇園祭」などが描かれました。

  • 京都府04:「天橋立」切手

    「天橋立」切手

    京都府を代表する名所のひとつに、京都府北部の天橋立があります。日本三景の一つとしても数えられる名所で、まるで天までかかる橋のような姿から"天橋立"と名付けられました。京都市を除いた場合、京都府の中では1番の観光客数を誇る名所で、天橋立を題材にした切手もこれまで数多く発行されてきました。こちらは京都府のふるさと切手「天橋立」で、平成11年に発行されました。

  • 京都府05:「日吉ダム」切手

    「日吉ダム」切手

    京都府南丹市・日吉町に位置する巨大ダムが「日吉ダム」です。日吉ダムは淀川流域で最大級の大きさを誇るダムですが、同時に高い水質を誇っていることで知られ、釣りの名所として取り上げられることもあります。また、近年では絶滅危惧種のオオサンショウウオが発見されたことでも有名になりました。日吉ダムが意匠の京都府ふるさと切手「日吉ダム」の買取価格は額面べースです。

  • 京都府06:「舞妓と京の町並」切手

    「舞妓と京の町並」切手

    切手原画を染色家の伊砂久二雄氏が担当され、京都の街並みを美しく表現した切手が、京都府ふるさと切手「舞妓と京の町並」です。平成2年の発行で切手額面は62円、印刷方式はグラビア印刷で、色鮮やかな彩色を表現しました。切手の買取価格は額面ベースですが、舞妓さんが古き良き京都の街並みに描かれた切手で、京都府らしい魅力に溢れた一枚です。

ふるさと切手をもっと見る

京都府の地方自治法施行60周年記念切手の買取相場と概要

  • 地方自治法施行60周年記念シリーズ京都府の切手情報

    ふるさと切手「地方自治法施行60周年記念シリーズ・京都府」は、2008年10月27日に発行されました。

    ”地方自治法施行60周年記念”の一環として、「全都道府県47種類の記念硬貨を発行(1000円銀貨幣と500円記念硬貨の2種類が発行されたため、計94種類)」という企画が開かれ、切手もこの企画と連携し「全47都道府県の切手シートを発行する」ことを決定します。
    各都道府県の記念硬貨・記念切手が順次発行されていき、地方自治法切手シリーズの”京都府は”、第二回目となる2008年10月に発行されました。 また、途中で郵便料金の改定を挟んだため、後期に発行された地方自治法シリーズの切手は、額面が80円から82円へと変更されています。

    地方自治法施行60周年記念シリーズ・京都府の図柄は、京都府立植物園にあるしだれ桜や天橋立、京都府南丹市にあるかやぶきの里、切手シート背景には東寺五重塔の大文字の様子が採用されており、京都府の魅力が切手からも伝わる一枚へと仕上がっています。

    また、切手シート上部の「源氏物語絵巻・宿木三」の切手は、丸いフレームで囲まれていますが、これは地方自治記念1000円銀貨幣の図柄を、そのまま採用したものだからです。 この図柄は、ちょうど発行年にあたる2008年が源氏物語千年紀に該当するため、これを題材として設定したからです。

    京都府の地方自治法施行60周年記念シリーズの買取価格は、一枚あたり大体200円~400円前後の買取価格が期待できます。 ですが、切手と記念貨幣のセット品であれば買取価値はこの限りではなく、京都府の1000円銀貨幣と切手が同梱された「Bセット」なら、買取価格は6000円以上も期待できるようになります。

京都府の切手買取業者の店舗一覧

切手買取:嵯峨乃コイン

住所 〒604-8455
京都府京都市中京区西ノ京藤ノ木町13
営業時間 9:00~18:30
定休日:日曜日、月曜日

切手買取:アン・チケット

住所 〒602-8044
京都府京都市上京区堀川下立売東南角
営業時間 10:00~19:00
定休日:日曜日、祝日

切手買取:愛古堂

住所 〒615-8264
京都府京都市西京区山田六ノ坪町8-65
営業時間 10:00~17:00
定休日:不定休

切手買取:なんぼや京都四条河原町店

住所 〒600-8001
京都府京都市下京区真町90-3 四条木屋町櫛田ビル1F
営業時間 11:00~21:00
定休日:なし

切手買取:大黒屋京都リフォルテ店

住所 〒600-8462
京都府京都市下京区西洞院通仏光寺下る本柳水町780番地
営業時間 10:00~18:00
定休日:日曜日、祝日

切手買取:おたからや 京都四条通り店

住所 〒600-8495
京都府京都市下京区四条通り油小路西入藤本寄町34-101
営業時間 10:00~19:00
定休日:年中無休

切手買取:おたからやアゼリア通り店

住所 〒617-0826
京都府長岡京市開田1丁目2-4 岡田ビル3F301
営業時間 11:00~18:00
定休日:不定休

切手買取:おたからや堀川今出川店

住所 〒602-8216
京都府京都市上京区西堀川通元誓願寺上る竪門前町394番地
営業時間 10:30~19:00
定休日:水曜日

切手買取:大吉西院店

住所 〒615-0014
京都府京都市右京区西院巽町8-2
営業時間 10:00~19:00
定休日:年中無休

切手買取:大吉西友長岡店

住所 〒617-0823
京都府長岡京市長岡2丁目2番35号 西友長岡店3階
営業時間 10:00~20:00
定休日:年中無休
ページのトップへ