沖縄県の切手買取業者

沖縄県での切手買取情報をご紹介

【沖縄県】おすすめ切手買取業者

このページではおすすめ切手買取業者の沖縄県と関連のある口コミ・評判情報をご紹介しています。このページでご紹介している切手買取業者は、沖縄県内全域での切手買取に対応しており、手数料等の費用も完全無料、相談のみからも対応してくれますので沖縄県で切手買取を検討されているのであればお気軽にご相談可能です。


このサイトで紹介している沖縄県での切手買取情報含めた様々な情報は「口コミ・評判サイト」や「質問・相談サイト」、「個人ブログ」等を巡回し、買取業者や切手買取経験のある知人にも協力の上で独自調査により調べた情報を基に紹介しています。

沖縄県でのおすすめ切手買取業者の口コミ

沖縄県でのおすすめ切手買取業者3社の口コミをご紹介。
沖縄県で切手買取をお考えの際に是非参考にしてください。

  • 【沖縄県】におけるバイセル(旧スピード買取.JP)の口コミと概要

    沖縄県におけるバイセル(旧スピード買取.JP)の評判はこちら

    沖縄県対応の切手買取業者であれば、坂上忍がCMを務めるバイセル(旧スピード買取.JP)も非常におすすめの一社です。特にスピード対応には目を見張るものがあり、最短30分で出張買取可能と名前に偽りなしの買取業者です。


    沖縄県での出張買取を希望しているのであれば、こちらのスピード買取がオススメです。スピード買取は大手買取業者ならではの丁寧な対応で、近年ブログや口コミを中心に人気が急上昇している業者です。買取後に査定・買取は適正だったか、査定員の対応に不満はなかったか等しっかり電話確認も行ってくれますので、切手買取が初めての方でも安心です。

    沖縄県でのバイセル(旧スピード買取.JP)の口コミ等

    沖縄県と関連のありそうなバイセル(旧スピード買取.JP)の口コミをご紹介します。また、バイセル(旧スピード買取.JP)は買取実例も豊富にありましたので、バイセル(旧スピード買取.JP)が参考として提示している切手の買取価格についてもご紹介します。

    切手コレクションの買取価格について

    切手コレクションの買取価格について

    スピード買取公式サイトに掲載されている買取実績によると、1,147,000円の買取価格と記載されています。整理に困っていた切手コレクションの買取だそうで、写真からもかなりの量の切手アルバムがあることが伺えます。スピード買取なら、家に眠っている切手が高価買取に繋がるかも知れません。

    切手アルバムの買取価格について

    切手アルバムの買取価格について

    スピード買取公式サイトによると、買取価格は1,003,000円と記載されています。若い頃集めていたという切手の買取だそうで、恐らく科学技術・アニメ切手の「スーパージェッター(2004年発行)」らしきシート切手も見えます。詳細は掲載されていませんが、もしこの辺りの年代の収集品だと仮定した場合かなりの高価買取だといえます。

    中国切手のボストークを

    中国切手のボストークを売るために5社に写真を送り、相見積もりを取りました。希少品だったのでどの買取業者も買取価格は高めに出してくれましたが、スピード買取が一番高かったので売却しました。余所に比べると対応も速いし、親切な買取業者だと思います。沖縄なので宅配買取を利用しました。

    丁寧な対応で好印象

    沖縄県から依頼です。売りにいく時間がなかなかないので、スピード買取の宅配買取を使いました。こうした制度は便利ですね。電話対応の方も丁寧で、切手の知識があまりない私ですが、切手の種類や買取価格の理由も教えてもらえたので納得して売ることが出来ました。買取価格も思ったより良かったです。

  • 【沖縄県】における切手買取福ちゃんの口コミと概要

    沖縄県における切手買取福ちゃんの評判はこちら

    沖縄県における切手買取でおすすめな切手買取業者の一つが切手買取福ちゃんです!切手買取福ちゃんというと俳優の中尾彬さんと奥さんであり女優の池波志乃さん夫婦がそろってイメージキャラクターを務める大手の買取業者ですね。


    宅配買取を検討しており、かつ沖縄県で切手買取を依頼するのであれば、買取対象となる切手の種類が豊富な福ちゃんはオススメです。店舗は本州に限られてこそいるものの、無料の宅配キットや振込の速さ等、宅配買取における利便性も非常に高いのが特徴です。

    沖縄県での福ちゃんの口コミ情報

    沖縄県と関連のありそうな福ちゃんの口コミをご紹介します。買取実例に関しては金額情報が少なかった為、こちらには掲載していません。

    知人からのオススメで利用

    古切手の買取を検討しており、知人のオススメで利用しました。沖縄からの発送で少々時間はかかりましたが、どうやら到着してすぐ査定していただけたようです。予想よりも買取価格が高く、即決で売却を選びました。連絡から振込までもスムーズでした。

    対応も速くて良かった

    聞いたことのない業者だった為まずは様子見、少量の記念切手を売却。対応も良く、買取価格も相場から大きく外れることはない。何より切手の取り扱いジャンルが幅広く、仕分けの必要がないという点が個人的な高評価。ただ沖縄県内ではあまり名前を聞かない業者ではあるので、こうした良い業者が埋もれてしまうのは勿体ない。

  • 【沖縄県】における買取プレミアムの口コミと概要

    沖縄県における買取プレミアムの評判はこちら

    沖縄県で切手買取を検討しているなら、買取プレミアムもオススメの買取業者です。スタッフの対応もきめ細やかで良心的ですし切手の買取価格も良く、数々の切手買取業者の中でもかなり水準の高い業者だと思います。


    買取プレミアムも出張買取に力を入れている買取業者で、CMなどの目立つ宣伝はあまり見ませんが、月間問い合わせ数1万件を誇る大手です。女性の利用者であれば女性査定員を指名できるサービスや、いつでも相談できるお客様相談室の設置、クーリングオフも含めたきめ細かな対応など、沖縄県での切手買取であればこちらもオススメの買取業者です。

    沖縄県での買取プレミアムの口コミ情報

    沖縄県と関連のありそうな買取プレミアムの口コミをご紹介します。買取実例に関しては金額情報が少なかった為、こちらには掲載していません。

    買取額が高くて驚きました

    家の整理をしていると切手アルバムが出てきて、どうしたら良いのか分からずにそのままでした。買取プレミアムの広告を見て切手が売れると知ったので軽い気持ちで利用してみたら、思っていたより買取額が高くて驚きました。処分してしまわずに本当に良かったです。沖縄県だと使える業者も限られてくるので、全国対応という所も良いですね。

    丁寧な応対で買取もスムーズ

    沖縄の実家に帰省した際、古い切手を沢山貰いました。結構昔の品らしいのですが綺麗に保管出来る自信もなく、ネットで評判の良かった買取プレミアムに査定を依頼しました。終始丁寧な応対で買取もスムーズ、しかも数枚プレミア切手が混じっていたらしく、買取価格にも大満足です。

沖縄県のエリア一覧

沖縄県の市
名護市、那覇市、うるま市、豊見城市、南城市、宜野湾市、沖縄市、宮古島市、浦添市、糸満市、石垣市

沖縄県の町村郡
島尻郡渡名喜村、国頭郡大宜味村、島尻郡与那原町、島尻郡粟国村、中頭郡嘉手納町、国頭郡金武町、国頭郡伊江村、宮古郡多良間村、国頭郡今帰仁村、中頭郡西原町、島尻郡北大東村、中頭郡読谷村、島尻郡南大東村、島尻郡南風原町、八重山郡与那国町、島尻郡伊是名村、国頭郡東村、島尻郡久米島町、中頭郡中城村、八重山郡竹富町、島尻郡座間味村、国頭郡本部町、国頭郡国頭村、国頭郡宜野座村、島尻郡八重瀬町、島尻郡伊平屋村、島尻郡渡嘉敷村、国頭郡恩納村、中頭郡北谷町、中頭郡北中城村

当サイトへ寄せられたメッセージを紹介します

  • メールアイコン

    祖父が集めていた切手のコレクションですが、如何せん量があるのでいくつか売りたいと相談を受けていました。私が代わりに調べていたのですが、沖縄県でも対応してくれる切手買取業者があるのですね。(祖父は沖縄在住です)これまで切手を売るには店頭まで持っていくか、出張といっても近隣だけだと思っていたので、良かったです。私が祖父宅へ行ったときに同席して買取を済ませましたが、対応も丁寧でしたし、買取額も良かったとのことで安心しました。

    メールアイコン

    切手が好きで色々集めてきましたが、これまで切手を売るとなると、宅配便で業者に送るか、出張などで都心部に行ったときに店頭へ行くしかありませんでした。今回も切手を売りたくて良さそうな業者を探していたのですが、結構貴重な切手を売りたかったので目の前で査定してくれることが絶対条件でした。早速問い合わせてみると沖縄県も対応、スタッフも優しい方で、変に買い叩かれるようなこともありませんでした。結構良い業者でしたよ。

沖縄県にまつわる切手の情報

  • 沖縄県の切手情報

    沖縄県は海に囲まれた島で、その美しい景観や歴史的建造物が沢山残っている都道府県でもあります。独自の文化や言語、工芸品などが発達し、観光名所としても人気のある沖縄県で、その姿は切手にも数多く取り上げられている他、かつての沖縄県で発行されたいた「沖縄切手」も愛好家の間で人気です。
    沖縄切手とは琉球切手とも呼ばれていますが、細かく分けるならば、沖縄切手は1945年から1953年6月までに沖縄県で発行された切手、そして琉球切手は1953年7月から1972年にかけて沖縄県で発行された切手で、琉球政府が発行していた切手もあります。沖縄切手は沖縄の文化が色濃く反映された切手で愛好家も多く、また現在は発行されていないことから希少価値も高めで、一枚何万円もの買取価格で売ることが出来るような沖縄切手も存在しています。ですが沖縄切手であれば何でも高く売れる、といったわけではなく、発行数や残存数によって切手の価値というのは上下するため、今でも額面程度の価値にしか留まらないような沖縄切手もあります。けれども1枚10万円以上の価値で取引されているような価値の高い沖縄切手もありますし、額面以上の買取価格で売れる沖縄切手も多数存在しています。

    沖縄切手の中で最も有名な切手は、不発行切手となった「西表政府立公園」切手です。この切手の題材となった公園は沖縄県西表島、石垣島周辺に広がる国立公園で、現在は西表石垣国立公園へと改称されています。沖縄切手の政府立公園シリーズの一環として発行される予定の切手でしたが、急なドル安によって沖縄県の金融資産が減る可能性が浮上し、琉球政府の提案によって確認作業のための証紙として使われることになりました。そのため切手としては不発行となっていますが、証紙として転用された切手ですので市場でも見ることが出来ますし、未使用の切手が横流れ品として流通したため、不発行切手の中では少々特殊な立ち位置です。ですが価値が低いかといわれればそんなことはなく、一枚辺り4000円程度の価値を持っており、知名度もある切手ですので需要も高いです。

    沖縄切手の他にも、現在でも沖縄県の独自の魅力を題材に取り上げた切手が多数発行されています。近年発行の切手でいえば、沖縄県で作られる紋織物「知花花織」が取り上げられた特殊切手の「伝統的工芸品シリーズ」、そして沖縄県の名所や名品が一枚に詰まった、ふるさと切手「地方自治法施行60周年記念シリーズ沖縄県」などがあります。その他、ふるさと切手「沖縄の海(沖縄県)」は2007年に発行された切手ですが、大変人気が高く好評だったため、2015年に82円切手として復刻することになりました。

    沖縄県に限らず、切手を高く売るために、そして満足のいく買取を行う為には、まず【より良い切手買取業者】を選ぶことからスタートしなければなりません。 ですが現在はインターネットの普及により簡単に、沢山の情報を仕入れることが出来るようになりました。たとえば「沖縄県 切手買取」などと調べても沢山の情報がヒットすることかと思います。 ですが膨大な情報の中から切手買取業者をピックアップするのは非常に困難で、切手に限らず大抵の買取業者は「高価買取」「どこよりも高く買取ります」等と宣伝しているため、どこが本当に高く買取ってくれる業者かどうか見分けが付きづらくなっています。基本的に切手の買取価格はその業者が決定するため、高く切手を買取ってくれる業者とそうでない業者とでは、買取価格に何倍もの差が生じてしまいます。

    「では、どこで切手を売れば良い?」とお悩みの方へ、下記の切手買取業者の比較ランキングが参考になれば幸いです。 このランキングは私自身が切手の買取を行う際、複数の買取業者で相見積もりを取り、買取価格・対応ともに良かった業者をランキング形式にまとめたものです。基本全国対応の大手買取業者も多数ランクインしているため、那覇市や沖縄市、うるま市など沖縄県のどこにお住まいでも、簡単に切手買取を依頼することが出来ます。 上記の沖縄県でおすすめの切手買取業者に加え、こちらも切手買取のお力添えが出来れば嬉しいです。

沖縄県のふるさと切手情報一覧

ふるさと切手

沖縄県は独自の文化が発展し、数多くの伝統工芸品や芸術品、建築様式などが誕生した都道府県です。沖縄県の観光名所としても有名な首里城、守礼門などは切手の図柄にも数多く採用されており、切手からも沖縄県の魅力を再発見することが出来ます。また、かつてアメリカ軍統治下の沖縄県で発行されていた切手は「沖縄切手」と呼ばれ、切手のコレクション分野としても高い人気を誇ります。 ここでは、沖縄県のふるさと切手を順次ご紹介していくとともに、一部の切手には切手買取で期待できる買取価格も掲載していきます。

  • 沖縄県01:「守礼門」切手

    「守礼門」切手

    沖縄県の観光名所としても有名なのが、沖縄県那覇市首里にある守礼門です。6つの門を持つ首里城のうち第二楼門にあたり、王朝時代の装飾を用いて建築されています。守礼門が題材となった切手は数多くありますが、1989年に発行された沖縄県のふるさと切手が「守礼門」切手です。切手額面は62円、切手の買取価格は額面ベースが期待できます。

  • 沖縄県02:「琉球切手50年」切手

    「琉球切手50年」切手

    琉球切手とは"沖縄切手"ともいい、かつてアメリカ軍統治下の沖縄県にて発行されていた切手です。沖縄切手は切手収集でも人気のある分野で、かつては投機の分野で価値が急上昇したこともありました。今でも不発行の沖縄切手などは価値が高く、切手買取でも注目されています。沖縄県ふるさと切手「琉球切手50年」は、ソテツとユシビンの2種の琉球切手が図柄となっています。

  • 沖縄県03:「首里城正殿」切手

    「首里城正殿」切手

    沖縄県を代表する名所のひとつに、首里城が挙げられます。首里城とは沖縄県那覇市首里に所在し、かつて沖縄県に琉球王朝があった時代、王の居城として建築されました。沖縄県内でも最大規模を誇る城で、2000年には世界遺産に登録されました。「首里城正殿」切手は平成8年の沖縄県ふるさと切手で、674万枚が発行されました。切手の買取価格は額面ベースです。

  • 沖縄県04:「沖縄の織と染」切手

    「沖縄の織と染」切手

    沖縄県では独自の文化が発展し、様々な伝統工芸品や芸術品が誕生してきました。中でも着物の分野においては本州とは異なる意匠を持った作品も多く、紅型や知花花織などは沖縄県ならではの着物として高く評価されています。沖縄県のふるさと切手「沖縄の織と染」に描かれているのは紅型の人間国宝・玉那覇有公作の意匠で、切手からも沖縄着物の美しさに触れることが出来ます。

  • 沖縄県05:「沖縄の海」切手

    「沖縄の海」切手

    沖縄県のふるさと切手で、その愛らしさから高い人気を獲得したのが「沖縄の海」切手です。一度2007年に発行されましたが、好評の為額面を変更して2015年に再発行されました。そのため切手の額面は80円・82円の2種類が存在しています。切手図柄にはジンベイザメやマンタ等が描かれ、切手の買取価格は額面ベースですが、人気の高いふるさと切手になっています。

  • 沖縄県06:「沖縄都市モノレール」切手

    「沖縄都市モノレール」切手

    沖縄都市モノレールとは、沖縄県那覇市の首里駅と那覇空港駅までの15駅を結ぶモノレール路線で、2003年8月10日に開業しました。沖縄都市モノレールの開業を記念して発行された沖縄県のふるさと切手が「沖縄都市モノレール」切手で、本当は2003年12月1日に発行される予定でしたが、8月8日、モノレールの開通日に合わせる形で発行されました。

  • 沖縄県07:「万国津梁館」切手

    「万国津梁館」切手

    万国津梁館とは沖縄県名護市に所在し、かつて九州沖縄サミットが開催された地として有名です。ホール内からは海を一望でき、沖縄県の観光名所としても高い人気を誇ります。沖縄県のふるさと切手「万国津梁館」は平成12年の発行で、図柄には万国津梁館と沖縄県の県花であるデイゴが描かれています。切手の額面は80円、切手買取にて期待できる買取価格は額面ベースになります。

  • 沖縄県08:「識名園」切手

    「識名園」切手

    沖縄県那覇市の琉球庭園「識名園」は、国の特別名勝やユネスコ世界遺産にも登録されている名所です。中国と沖縄独自の建築様式が合わせられた庭園で、1799年に完成したとされています。沖縄県のふるさと切手「識名園」は平成11年に発行され、識名園の御殿と石橋、そして六角堂が2種連刷にて美しく描かれました。切手額面は2種とも50円、切手買取での買取価格は額面ベースです。

ふるさと切手をもっと見る

沖縄県の地方自治法施行60周年記念切手の買取相場と概要

  • 地方自治法施行60周年記念シリーズ沖縄県の切手情報

    沖縄県は、その風光明媚な景色や独自の文化、美味しい名産品など、観光名所としても人気が高い都道府県です。 ふるさと切手「地方自治法施行60周年記念シリーズ・沖縄県」は、沖縄県の文化や自然、歴史や観光を題材として作られた切手で、2012年4月13日に発行されました。

    ”地方自治法施行60周年記念シリーズ切手”とは、地方自治法の施行から60周年という節目を迎えることを記念して考案されたプロジェクトです。 内容としては、「全47都道府県を題材とした記念硬貨を発行する」「記念硬貨の発行と連携し、準じた記念切手も発行」といったもので、2008年の北海道から始まり、2016年に東京都の発行にて終了しました。
    切手だと、これより多い枚数を発行してきたシリーズは幾多とありますが、記念硬貨の分野だと最多のシリーズになり、47件94種類もの記念硬貨が発行されました。

    地方自治法施行60周年記念シリーズの沖縄県版の図柄には、沖縄県那覇市首里の”首里城”や、沖縄の伝統的な染物”琉球紅型”、沖縄県の県花にも制定されている”デイゴ”などが採用され、沖縄県の特色を色濃く反映した一枚へと仕上がっています。
    大き目に取った切手の余白部分には、川平湾に浮かぶ石垣島の写真が採用されており、切手シートながらも写真集のような美しい意匠が取られています。

    地方自治法施行60周年記念シリーズの沖縄県版の買取相場は、一枚あたり大体200円から400円前後の買取価格が期待できます。 ですが、連携して発行された記念硬貨とのセット品であれば買取相場は更に上昇し、1000円銀貨幣と切手とのセット品であれば、3000円以上の買取価格も見込むことが出来ます。

沖縄県の切手買取業者の店舗一覧

切手買取:おたからやマヂナト店

住所 〒901-2225
沖縄県宜野湾市大謝名5-20-12
営業時間 10:00~19:00
定休日:火曜日

切手買取:大吉那覇与儀店

住所 〒900-0023
沖縄県那覇市楚辺2丁目25-7
営業時間 10:00~19:00
定休日:年中無休

切手買取:大吉北谷店

住所 〒904-0115
沖縄県中頭郡北谷町美浜1丁目4番1号
営業時間 10:00~19:00
定休日:年中無休

切手買取:大吉沖縄みどり町店

住所 〒904-2215
沖縄県うるま市みどり町4-1-17
営業時間 10:00~19:00
定休日:年中無休

切手買取:大吉沖縄胡屋店

住所 〒904-0021
沖縄県沖縄市胡屋1-11-19
営業時間 10:00~19:00
定休日:年中無休

切手買取:大吉浦添店

住所 〒901-2126
沖縄県浦添市宮城6-14-2
営業時間 10:00~19:00
定休日:水曜日

切手買取:大黒屋質美里店

住所 〒904-2244
沖縄県うるま市江洲392
営業時間 10:00~19:00
定休日:日曜・祝日

切手買取:大黒屋質那覇国際通り店

住所 〒900-0013
沖縄県那覇市牧志1丁目1-39
営業時間 10:00~19:00
定休日:土曜・日曜・祝日

切手買取:大黒屋那覇天久店

住所 〒900-0005
沖縄県那覇市字天久816番地
営業時間 10:00~20:00(土曜19時まで、日曜・祝日は12:00~18:00)
定休日:無休
ページのトップへ