岩手県の切手買取業者

岩手県での切手買取情報をご紹介

【岩手県】おすすめ切手買取業者

このページではおすすめ切手買取業者の岩手県と関連のある口コミ・評判情報をご紹介しています。このページでご紹介している切手買取業者は、岩手県内全域での切手買取に対応しており、手数料等の費用も完全無料、相談のみからも対応してくれますので岩手県で切手買取を検討されているのであればお気軽にご相談可能です。


このサイトで紹介している岩手県での切手買取情報含めた様々な情報は「口コミ・評判サイト」や「質問・相談サイト」、「個人ブログ」等を巡回し、買取業者や切手買取経験のある知人にも協力の上で独自調査により調べた情報を基に紹介しています。

岩手県でのおすすめ切手買取業者の口コミ

岩手県でのおすすめ切手買取業者3社の口コミをご紹介。
岩手県で切手買取をお考えの際に是非参考にしてください。

  • 【岩手県】におけるバイセル(旧スピード買取.JP)の口コミと概要

    岩手県におけるバイセル(旧スピード買取.JP)の評判はこちら

    岩手県対応の切手買取業者であれば、坂上忍がCMを務めるバイセル(旧スピード買取.JP)も非常におすすめの一社です。特にスピード対応には目を見張るものがあり、最短30分で出張買取可能と名前に偽りなしの買取業者です。


    スピード買取は最短で問い合わせから出張査定まで30分と、非常にスピーディな対応が魅力の切手買取業者です。ネットで確認できる口コミも高い評判や良い内容が多く、「買取価格が良かった」「スタッフが親切」などの評価を沢山見ることが出来ます。

    岩手県でのバイセル(旧スピード買取.JP)の口コミ等

    岩手県と関連のありそうなバイセル(旧スピード買取.JP)の口コミをご紹介します。また、バイセル(旧スピード買取.JP)は買取実例も豊富にありましたので、バイセル(旧スピード買取.JP)が参考として提示している切手の買取価格についてもご紹介します。

    切手シートの買取価格について

    切手シートの買取価格について

    スピード買取公式サイトによると、こちらの買取価格は554,000円と記載されています。詳細な種類は見えませんが、写真からは沢山のシート切手がうかがえます。スピード買取では更に高額な買取実績も掲載されており、家に眠っている切手にこれくらいの高値がつくのも夢ではありません。

    見返り美人切手などの買取価格について

    見返り美人切手などの買取価格について

    スピード買取が提示している買取実績では、買取価格は1,150,000円と記載されています。プレミア切手として有名な見返り美人や月に雁ですが、現在の買取相場は一枚辺り3000~6000円前後です。他のコレクションは写っていないとはいえ、この金額の買取価格がつけられる業者は極めて珍しいです。

    切手シートの宅配買取

    電話対応も丁寧で買取価格も申し分なく、家にしまっていた切手シートが無事に売却出来て良かったです。遠方の為遠慮して宅配買取にしたのですが、岩手県でも出張対応してくださるのですね。次はぜひ出張買取でお願いします。

    大手ならではの丁寧な対応

    岩手県で切手を売るところを探していて、スピード買取を利用しました。外国切手や中国切手も買い取ってくれるとのことで全て任せることが出来、整理の必要がなかった所も良かったです。

  • 【岩手県】における切手買取福ちゃんの口コミと概要

    岩手県における切手買取福ちゃんの評判はこちら

    岩手県における切手買取でおすすめな切手買取業者の一つが切手買取福ちゃんです!切手買取福ちゃんというと俳優の中尾彬さんと奥さんであり女優の池波志乃さん夫婦がそろってイメージキャラクターを務める大手の買取業者ですね。


    岩手県を含めた基本全国対応の切手買取業者の中ではかなりの大手業者に入り、かつ切手の買取実績もかなり豊富です。店舗は大阪周辺で展開しているため岩手県では遠くなってしまいますが、全国対応の出張買取や宅配買取も行っており、宅配キット等のサービスも充実しています。

    岩手県での福ちゃんの口コミ情報

    岩手県と関連のありそうな福ちゃんの口コミをご紹介します。買取実例に関しては金額情報が少なかった為、こちらには掲載していません。

    多数の中国切手

    岩手県内の某ショップでは外国の切手は買取してもらえなく、かといって中国切手の価値が高騰したのは知っているので、変に安い業者には絶対依頼したくありませんでした。ホームページを見て問い合わせましたが、オペレーターの方も親切でしたしキャンセルも出来るとのことでお願いしました。以前に見てもらった他社よりも倍近い買取金額を提示してくれて、即決で買取を決めました。

    宅配買取が便利

    家の近くには買取店がなく(岩手在住です)、かといってオークションは不安が大きかったため、福ちゃんを利用しました。ふるさと切手や外国切手、記念切手など沢山の切手が混在するゼネラルコレクションですが、しっかり査定していただけ助かりました。

  • 【岩手県】における買取プレミアムの口コミと概要

    岩手県における買取プレミアムの評判はこちら

    岩手県で切手買取を検討しているなら、買取プレミアムもオススメの買取業者です。スタッフの対応もきめ細やかで良心的ですし切手の買取価格も良く、数々の切手買取業者の中でもかなり水準の高い業者だと思います。


    【切手買取を初めて利用する】方にオススメなのが買取プレミアムで、月間問い合わせ1万件以上の実績を誇り、かつお客様相談室の設置やクーリングオフ等の顧客対応も非常に充実しています。スタッフの対応も良心的で、女性の利用者であれば女性の査定員を指名することも出来ます。

    岩手県での買取プレミアムの口コミ情報

    岩手県と関連のありそうな買取プレミアムの口コミをご紹介します。買取実例に関しては金額情報が少なかった為、こちらには掲載していません。

    他業者との相見積もりで

    他業者との相見積もりで買取プレミアムを利用しました。相見積もりでも快く受け付けてくれて良かったですし、買取額も一番高かったです。全国出張で、岩手県でも対応してくれるのも良いところです。

    岩手県盛岡市のM谷です

    切手の買取を依頼させていただきました、M谷です。ご丁寧に対応いただきまして、ありがとうございました。切手の持ち主である祖父も買取金額に驚いていましたので、改めてお礼のご連絡をさせていただきました。

岩手県のエリア一覧

岩手県の市
奥州市 、大船渡市、八幡平市、陸前高田市、北上市、一関市、宮古市、盛岡市、花巻市、久慈市、釜石市、遠野市、二戸市

岩手県の町村郡
岩手郡葛巻町、西磐井郡平泉町、紫波郡矢巾町、九戸郡野田村、下閉伊郡普代村、下閉伊郡山田町、岩手郡雫石町、下閉伊郡岩泉町、九戸郡洋野町、気仙郡住田町、東磐井郡藤沢町、和賀郡西和賀町、紫波郡紫波町、気仙郡三陸町、九戸郡軽米町、下閉伊郡田野畑村、岩手郡滝沢村、九戸郡九戸村、上閉伊郡大槌町、二戸郡一戸町、岩手郡岩手町、二戸郡安代町

当サイトへ寄せられたメッセージを紹介します

  • メールアイコン

    古い切手のコレクションを所持しており、オークションを利用して少しずつ処分は行ってきたものの、仕事などで忙しくなかなか捗りませんでした。海外転勤が目前に迫り、一度に処分してしまおうと切手の買取業者に電話を掛けました。切羽詰まっていたので買取価格は二の次三の次でしたが、予想していたよりも高い買取価格がつき、もっと早く利用していればと思った次第です。査定員も丁寧でしたし、切手の査定も的確だったので、依頼して良かったです。

    メールアイコン

    海外の珍しい風景切手を中心に集めており、さすがに少し手放そうとは思っていたのですが、岩手県には外国切手対応の切手買取業者はなかなか居なく、金券ショップでも買取を断られてしまいました。今は岩手県在住でも依頼すれば出張査定という方法があるのですね。便利な時代になりました。はるばる来ていただけ、頭が下がります。もちろん値段がつくもの・つかないものとはあったものの、トータルでかなりの買取金額を手にすることが出来ました。

岩手県にまつわる切手の情報

  • 岩手県の切手情報

    岩手県は自然豊かな景観が多くある都道府県として知られ、特に関山の中尊寺は金色堂をはじめとする歴史的価値のある名所、紅葉の時期は綺麗に色づき、岩手県の観光であれば一度は訪れておきたいスポットです。 中尊寺は岩手県の西磐井郡にあり、みちのくの文化遺産として名高い関山に構えられています。中尊寺金色堂は天治元年の1124年に完工した建造物で、その凝った意匠や工芸技術の素晴らしさから、古くから切手の題材としても多く取り上げられてきました。 採用されている切手としてはまず1954年発行の「第2次動植物国宝切手」があり、額面は20円にて発行されました。その後1968年発行の「新動植物国宝シリーズ」切手にも採用されており、近年でいえばふるさと切手として2000年8月に発行されています。

    岩手県は美しい名所の他、独自の様々な文化や工芸が発展してきた地でもあり、岩手県盛岡市が発祥となる「南部鉄器」は国内だけでなく海外からも注目が高まっている品でもあります。南部鉄器も2012年発行の切手「伝統的工芸品シリーズ」の第1集に採用されており、他にも福岡の博多人形や青森県の津軽焼など日本の美しい工芸品を切手からも見ることが出来る1枚へと仕上がっています。南部鉄器は17世紀に京都から岩手県へと職人を招き、茶の湯のための釜などの製作を手掛けたのがきっかけで始まりました。 そして岩手県でもうひとつ外すことが出来ない工芸品に「金のべこっこ」があり、こちらは昭和36年の年賀切手に採用されており非常に有名な郷土玩具です。岩手県はもともと砂金の産地として有名で、砂金を牛に乗せて都へと運んでいたためにこの玩具が生まれました。

    岩手県で切手を売るのであれば、まず【どの切手買取業者を選ぶか】が非常に重要になってきます!何故なら切手の買取価格はその切手買取業者ごとに異なり、例えば高く切手を買取れる業者とそうでない業者とでは買取価格に何倍もの差が生まれることもあるのです。また切手買取業者ごとに実施している買取方法も異なり、はるばる遠い店舗まで足を運ばなければ買取ってもらえない、なんてことにも成りかねません。

    もし岩手県にお住まいで切手買取業者選びにお悩みであれば、下記の切手買取業者比較ランキングが参考になれば幸いです! このランキングは過去に私自身が複数の切手買取業者より相見積もりを取り、買取価格・対応ともに良かった切手買取業者を見やすくまとめているものです。 基本的に全国対応の切手買取業者がほとんどを占める結果となりましたので、岩手県のどこにお住まいでも気軽に切手買取を依頼することが出来ます。 また、買取方法も出張買取・宅配買取から選ぶことが出来ますので、好みに応じて切手の買取方法を選ぶことが出来るのも魅力です。

岩手県のふるさと切手情報一覧

ふるさと切手

岩手県は、国宝の「中尊寺金色堂」が光り輝く美しいさまや、数々の和歌の登場の地でもある岩手山、国の名勝に指定されている「北山崎」などの名所の他、チャグチャグ馬コなど伝統的な祭りも行われ、岩手県には伝統行事から自然風景まで、沢山の魅力に溢れた都道府県です。 こうした名勝や風景の数々は、岩手県のふるさと切手の図柄としても数多く採用されてきました。ここでは、岩手県の有名なふるさと切手をご紹介するとともに、一部の切手には買取価格の情報なども掲載していきます。

  • 岩手県01:「岩手山」切手

    岩手山切手

    日本百名山にも選定されている岩手県の火山が”岩手山”で、数々の和歌に登場する名所でもあります。岩手山を描いた切手は数多く存在しますが、こちらの岩手県ふるさと切手「岩手山」は平成3年に1140万枚が発行されました。切手原画は岩手県出身の洋画家で、岩手県会議員としても知られた橋本八百二氏が担当されました。期待できる切手の買取価格は額面ベースになります。

  • 岩手県02:「中尊寺金色堂」切手

    中尊寺金色堂切手

    岩手県の名所のひとつに挙げられるのが”中尊寺金色堂”で、外側も内側も金箔で覆われ、その名の通りに金色に輝く仏堂です。平安時代後期に藤原清衡によって作られたとされており、当時の建築技術が現存している貴重な建築物として国宝に指定されました。金色堂を用いた切手は、こちらの岩手県ふるさと切手「中尊寺金色堂」や、1968年発行の普通30円切手などが挙げられます。

  • 岩手県03:「北山崎」切手

    北山崎切手

    岩手県の北山崎は、迫力ある断崖絶壁を見ることが出来る景勝地で、岩手県の観光名所としても広く知られています。第一展望台から第三展望台までが存在し、海のアルプスとも呼ばれる美しい風景を楽しむことが出来ます。岩手県ふるさと切手「北山崎」は平成4年に1000万枚が発行され、切手の原画は岩手県出身の画家・佐藤圀夫氏が担当されました。切手の買取価格は額面ベースです。

  • 岩手県04:チャグチャグ馬コと岩手山切手

    チャグチャグ馬コと岩手山切手

    ”チャグチャグ馬コ”とは、江戸時代から行われていた岩手県の伝統的な祭りです。岩手県では古くから農業が盛んな地で、共に働く馬に感謝するために誕生した祭りだとされており、色とりどりの馬具を身に着けた馬が歩く時の音色が”チャグチャグ”と聞こえるそうです。平成10年の岩手県ふるさと切手「チャグチャグ馬コと岩手山」の買取価格は、基本額面ベースが期待できます。

  • 岩手県05:「リンドウ」切手

    リンドウ切手

    岩手県で有名な花のひとつに、美しいリンドウが挙げられます。岩手県のリンドウは徹底した品質と色の美しさが高く評価されており、産地としては日本一、オリジナルの品種も誕生しています。で岩手県のふるさと切手「リンドウ」は平成11年に発行され、日本画家の渡辺操氏が切手原画を担当されました。額面は50円に設定され、期待できる買取価格も額面ベースになります。

  • 岩手県06:「第71回国民体育大会」切手

    第71回国民体育大会切手

    第71回国民体育大会は、2016年に岩手県にて開催されました。大会を記念して発行されたのが、岩手県のふるさと切手「第71回国民体育大会」で、トライアスロンやサッカーを行う選手の図柄10種類にて1シートが構成されています。シートの余白部分には大会のマスコット・わんこきょうだいも描かれ、国体の思い出が鮮やかに表現されています。

ふるさと切手をもっと見る

岩手県の地方自治法施行60周年記念切手の買取相場と概要

  • 地方自治法施行60周年記念シリーズ岩手県の切手情報

    「地方自治法施行60周年記念シリーズ・岩手県」とは、2011年に発行されたふるさと切手です。 地方自治法施行60周年記念シリーズとは、地方自治法の施行から60周年を迎えることを記念して発行されたふるさと切手のシリーズで、各都道府県の自然や観光、歴史などをテーマに発行されました。

    地方自治記念切手の岩手県版には、岩手県盛岡地方裁判所の前庭に佇む「石割桜」や、岩手県花巻市の「早池峰神楽」、陸中海岸国立公園の「浄土ヶ浜」などが採用されています。 切手シートの一番上部に配置されている切手は「中尊寺金色堂と中尊寺ハスと毛越寺浄土庭園」というデザインですが、これは連携して発行された1000円記念銀貨幣の図柄をそのまま採用しているものです。 この1000円記念銀貨幣の岩手県版は、MDCコインコンペティションにて”最も美しい貨幣賞”を受賞し、翌年には異例の追加発行も行われました。

    地方自治法施行60周年記念シリーズ切手の岩手県版の買取相場は、シート切手一枚あたり大体200円から400円前後の買取価格が期待できます。
    ですが、切手と記念貨幣のセット品であれば、買取相場はこれより更に高い価格が見込めます。 例えば、同年に発行された「地方自治法60周年記念千円銀貨幣プルーフ貨幣Bセット」ならば、9000円近い買取価格も十分期待できるプレミア品として有名です。

岩手県の切手買取業者の店舗一覧

切手買取:おたからや盛岡夕顔瀬店

住所 〒020-0033
岩手県盛岡市盛岡駅前北通7-10 1F
営業時間 10:00~19:00(日祝は17時まで)
定休日:第1・3木曜日

切手買取:日本チケット盛岡

住所 〒020-0026
岩手県盛岡市開運橋通3-48
営業時間 9:00~18:00(土曜10:00~18:00、日曜10:00~17:00)
定休日:不定休?

切手買取:大吉盛岡店

住所 〒020-0822
岩手県盛岡市茶畑2-10-8 ササエイビル1階
営業時間 10:00~19:00
定休日:年中無休

切手買取:大吉北上店

住所 〒024-0023
岩手県北上市里分4地割35-3
営業時間 10:00~19:00
定休日:年中無休(年末年始除く)

切手買取:キングラム矢巾店

住所 〒028-3615
岩手県紫波郡矢巾町南矢幅7-425-3
営業時間 10:00~20:00
定休日:火曜日
ページのトップへ