普通切手「産業図案切手」の買取価格と概要

このページでは、全ての額面の「産業図案切手」について買取相場や詳細を画像付きでまとめて一覧で紹介しています。また、産業図案切手買取におけるおすすめの切手買取業者も紹介していますので、産業図案切手買取の際には参考にしてください。

普通切手・産業図案切手500円(機関車製造)の買取相場と概要

産業図案切手500円(機関車製造)

発行日時:1949年(昭和24年)9月26日

切手買取相場:3800円~25000円

使用済み切手買取相場:30円~200円

普通切手・産業図案切手500円の図柄には「機関車製造」が採用されました。産業図案切手の機関車製造は、これまでの日本切手の中で最も高い額面の切手で、綺麗な未使用品には希少価値が出ています。買取価格は1枚あたり3800円~25000円前後までが期待できます。

普通切手・産業図案切手100円(電気炉)の買取相場と概要

産業図案切手100円(電気炉)

発行日時:1949年(昭和24年)10月15日

切手買取相場:4000円~3万円

使用済み切手買取相場:20円~120円

普通切手・産業図案切手の100円切手は「電気炉」で、こちらも希少価値が高いプレミア切手です。産業図案切手の電気炉の買取相場は、1枚あたり4000円~3万円までも期待できます。未使用品の数が少なく、綺麗な状態だとかなり高額な買取価格が期待できます。

普通切手・産業図案切手30円(郵便配達)の買取相場と概要

普通切手・産業図案切手30円(郵便配達)

発行日時:1949年(昭和24年)5月10日

切手買取相場:350円~2500円

使用済み切手買取相場:~10円

普通切手の産業図案切手30円には「郵便配達」がデザインされています。切手買取での買取価格は、大体350円~2500円までが期待できる相場になります。1951年以降は同じ図柄のものが「昭和すかしなし切手」として発行されており、価値・買取価格はそれぞれで異なります。

普通切手・産業図案切手20円(植林)の買取相場と概要

産業図案切手20円(植林)

発行日時:1949年(昭和24年)5月10日

切手買取相場:300円~2000円

使用済み切手買取相場:~10円

普通切手・産業図案切手20円には「植林」の図柄が採用されています。こちらの植林切手は1949年に郵便料金の値上げが行われ、新しい速達料金に対応するために発行されました。切手買取での買取価格は、1枚あたり300円~2000円前後まで期待できます。

普通切手・産業図案切手16円(穂高岳)の買取相場と概要

普通切手・産業図案切手16円(穂高岳)

発行日時:1949年(昭和24年)1月15日

切手買取相場:70円~450円

使用済み切手買取相場:40円~300円

産業図案切手10円は横長の大型切手で、「穂高岳」がデザインされています。外信船便書状の新料金に適応するために発行された切手で、買取価格は1枚あたり70円~450円前後までが期待できます。使用済み価値も比較的高いのが特徴ですが、買取の可否は業者により異なります。

普通切手・産業図案切手15円(紡績女工)の買取相場と概要

産業図案切手15円(紡績女工)

発行日時:1948年(昭和23年)10月16日

切手買取相場:20円~180円

使用済み切手買取相場:~10円

普通切手・産業図案切手15円は「紡績女工」が図柄になっていて、切手買取での買取価格は1枚あたり20円~180円前後までが期待できます。こちらの紡績女工切手は「長野逓信展記念小型シート」にも採用されていて、そちらの方が買取相場は高額になります。

普通切手・産業図案切手8円(炭鉱夫)の買取相場と概要

産業図案切手8円(炭鉱夫)

発行日時:1949年(昭和24年)6月1日

切手買取相場:80円~500円

使用済み切手買取相場:~10円

普通切手・産業図案切手8円には「炭鉱夫」の図柄が採用されています。買取価格は1枚あたり80円~500円前後までが期待できますが、こちらの炭鉱夫切手は「郵便切手帳」そして「昭和すかしなし切手」にも同図柄のものが発行されていて、買取相場はそれぞれ異なります。

普通切手・産業図案切手6円(印刷女工)の買取相場と概要

産業図案切手6円(印刷女工)

発行日時:1949年(昭和24年)11月25日

切手買取相場:70円~450円

使用済み切手買取相場:~10円

産業図案切手6円は「印刷女工」の図柄が採用されていて、主に第四種印刷物などに使われていた普通切手です。買取価格は1枚あたり70円~450円前後まで期待できますが、1951年以降は同じ図柄のものが「昭和すかしなし切手」として発行されており、価値も違います。

普通切手・産業図案切手5円(茶摘み)の買取相場と概要

産業図案切手5円(茶摘み)

発行日時:1949年(昭和24年)11月15日

切手買取相場:330円~2200円

使用済み切手買取相場:60円~400円

普通切手の産業図案切手5円には「茶摘み」の様子が描かれており、買取価格は1枚あたり330円~2200円前後までが期待でき、使用済み切手の価値も比較的高額です。茶摘み切手は発行枚数が少なかったことから希少価値が付き、普通切手の中ではかなり相場が高いです。

普通切手・産業図案切手5円(炭鉱夫)の買取相場と概要

産業図案切手5円(炭鉱夫)

発行日時:1948年(昭和23年)11月1日

切手買取相場:140円~950円

使用済み切手買取相場:~10円

産業図案切手5円は、上記の8円切手と同じく「炭鉱夫」が図柄になった普通切手です。買取価格は1枚あたり140円~950円前後までが期待できますが、同じ図柄の切手が「四国切手展記念小型シート」「郵便切手帳」にも各々採用されており、買取相場は異なります。

普通切手・産業図案切手3円(捕鯨)の買取相場と概要

産業図案切手3円(捕鯨)

発行日時:1949年(昭和24年)5月20日

切手買取相場:40円~270円

使用済み切手買取相場:~10円

普通切手・産業図案切手3円には「捕鯨」の様子が描かれており、買取価格は1枚あたり40円~270円前後までが期待できます。1949年からの新しい郵便料金に対応するため発行された切手で、1951年8月以降は同図柄のものが「昭和すかしなし切手」として発行されています。

普通切手・産業図案切手2円(農婦)の買取相場と概要

普通切手・産業図案切手2円(農婦)

発行日時:1948年(昭和23年)11月20日

切手買取相場:20円~120円

使用済み切手買取相場:~10円

普通切手の産業図案切手2円には「農婦」がデザインされており、買取価格は20円~120円前後までが期待できます。こちらの切手に「選挙事務」という赤色の加刷がある場合は「選挙切手」という種類になり、使用済みの郵便物には高い価値が付いています。

普通切手「産業図案切手」について

産業図案切手

産業図案切手とは日本で発行された普通切手の種類で、1948年10月から1949年の11月にかけて、計13種類が発行されています。

産業図案切手シリーズは、戦後の復興から日本を支えた労働者たちが図柄として採用されています。戦後まもなく発行された切手のため、戦前に比べれば質は少々落ちるものの、切手のデザインが豊かかつテーマが統一されており、まとまりがある点などで、高い評価を得た普通切手シリーズになります。

産業図案切手が発売されている途中、切手の印刷効果向上による用紙の一括変更が行われたため、この産業図案切手には、用紙に透かしがある切手、そして透かしがない切手が混在しています。 長い年月を経て日本の切手の印刷がだんだん精巧になっていき、切手が偽造される心配がなくなったため、透かしのない用紙が使用されるようになったのです。

透かしのない産業図案切手は、「昭和すかしなし切手」としてこちらでご紹介しています。切手の図柄はそのままで用紙だけが変更されたため、切手の違いはとても分かりにくいのですが切手用紙の透かしの有無によって、価値が4~5倍変わることもあります。けれども買取の際は、査定員が種類を判断してくれるので問題ありません。

産業図案切手の買取相場ですが、プレミアがつかない種類であれば、買取価格は1枚辺り数百円程度~2000円前後が期待できます。 ですが、100円の「電気炉切手」と、500円の「SL機関車製造切手」には非常に高い価値がついており、未使用で美品であれば、一枚あたり20000円程度の買取価格も期待できる切手です。

産業図案切手はかなり多くの枚数が発行され日常的に使われたため、使用済み切手であれば価値はそれほど高くありませんが、未使用で綺麗に残っているものは少なく、買取価格が高額になるケースもあります。

そして、透かし有りと無しの切手でも価値は少しずつ異なるため、産業図案切手は買取価格がかなり細分化されている普通切手でもあります。ここで産業図案切手の価値を全て述べることは不可能ですので、価値が知りたい場合は切手買取店の無料査定を活用するのもオススメの方法です。

切手買取でのおすすめ買取業者

切手買取におけるおすすめ買取業者はトップページでご紹介していますが、特におすすめの2社だけピックアップしてこちらでもご紹介します。私の経験上からも、切手買取を依頼する際には安心してお任せできる2社ですよ。

産業図案切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

産業図案切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ