紀元2600年(二次)記念切手の買取価格と概要

このページでは、全ての額面の「紀元2600年(二次)記念切手」について買取相場や詳細を画像付きでまとめて一覧で紹介しています。また、紀元2600年(二次)記念切手買取におけるおすすめの切手買取業者も紹介していますので、紀元2600年(二次)記念切手買取の際には参考にしてください。

紀元2600年(二次)記念切手(20銭)の買取相場と概要

紀元2600年(二次)記念切手20銭

発行枚数:107万2000枚

切手買取相場:100円~180円

FDC(初日カバー)買取相場:~1200円

紀元2600年(二次)記念切手の20銭切手は「樫原神宮」が青色で印刷されている記念切手です。右下に「20」左下に「貮拾餞」と額面が表記されています。切手買取での紀元2600年(二次)記念切手20銭の買取価格は、1枚で100円前後の買取価格が期待できます。

紀元2600年(二次)記念切手(4銭)の買取相場と概要

紀元2600年(二次)記念切手4銭

発行枚数:1088万枚

切手買取相場:30円~50円

FDC(初日カバー)買取相場:~1200円

紀元2600年(二次)記念切手の4銭切手は「高千穂の峰」が緑色で印刷されています。紀元2600年(二次)記念切手の4銭切手は、発行枚数が1088万枚と多いため希少価値は高騰していませんが、切手買取だと1枚30円前後の買取価格が期待できます。

紀元2600年(二次)記念切手について

紀元2600年(二次)記念切手

紀元2600年(二次)記念切手とは「紀元2600年式典(紀元二千六百年記念行事)」が実施された際に発売された記念切手です。

上記の紀元2600年(二次)記念切手2種の発行日は、ちょうど式典の開催日にあたる1940年(昭和15年)11月10日で、4銭切手・20銭切手の2種類が発行されています。

ちなみに「紀元2600年(一次)」記念切手は、紀元節にあたる1940年2月に発行されています。 今回紹介する”二次”の切手で発行されたのは、上述の4銭切手・20銭切手の2種類ですが、一次切手で発行されたのは、2銭切手・10銭切手の2種類です。 紀元2600年(一次)記念切手の価値と買取価格は、こちらのページで紹介しています。

紀元2600年(二次)記念切手として発行された4銭の図柄は「高千穂の山の風景」で、20銭切手には「橿原神宮」が描かれています。 ちなみに橿原神宮とは「紀元二千六百年祝典準備委員会」により記念行事が計画された場所であり、計画にあたっては大規模な整備なども行われました。

紀元2600年(二次)記念切手の価値ですが、単片では4銭が60円程、20銭は300円程の価値になります。 ですが、ここで留意していただきたいのは、切手の”価値”とは、買取・販売を考えない場合の値であって、紀元2600年(二次)記念切手の買取価格とは異なるという点です。

切手買取での紀元2600年(二次)記念切手の買取価格相場は、4銭切手が30円前後の買取価格が、20銭切手だと100円前後の買取価格も期待できます。 切手買取にあたっては、他の切手と合わせて買取してもらうことでまとまった買取額を手にすることが出来ますし、買取出来る枚数が多いほど、お店側も買取価格を頑張ってくれる傾向にあります。

そのため「価値が分からない古い切手帳が出てきたんだけど…」「昔の切手コレクションを一度見てほしい」といった場合は、まさに切手買取業者をお勧め致します! 切手買取の査定は無料ですし、簡単に切手の価値を明らかにしてもらうことが出来るので、一度価値を知ってからどうするか考える、ということも出来るんです。

ちなみに「紀元二千六百年記念行事」とは、神武天皇即位紀元2600年を祝して計画された行事であり、様々な記念行事や事業が遂行されました。 当初はオリンピックや万国博覧会(万博)と合わせて開催される計画があったようですが、日中戦争に伴って延期や中止があったため、計画は実現されないままに終わりました。

また、切手の発行初日の消印が押された郵便物を「FDC(初日カバー)」といいますが、郵趣品として価値が高い場合があり、切手買取でも買取対象としている場合があります。 もし、紀元2600年(二次)記念切手のFDCだと、最大で1200円前後までの価値が期待できるケースもあります。

切手買取でのおすすめ買取業者

切手買取におけるおすすめ買取業者はトップページでご紹介していますが、特におすすめの2社だけピックアップしてこちらでもご紹介します。私の経験上からも、切手買取を依頼する際には安心してお任せできる2社ですよ。

紀元2600年(二次)記念切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

紀元2600年(二次)記念切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ