紀元2600年(二次)記念切手の買取価格と概要

紀元2600年(二次)記念切手

紀元2600年(二次)記念切手とは「紀元2600年式典(紀元二千六百年記念行事)」が実施された際に発売された記念切手です。
二次の発行日は式典の開催日にあたる1940年11月10日で、4銭と20銭の2種類が発行されています。

ちなみに「紀元2600年(一次)」記念切手は、紀元節にあたる1940年2月に発行されています。
二次で発行されたのは4銭と20銭ですが、一次で発行されたのは2銭と10銭です。
4銭の図柄は高千穂の山の風景で、20銭は橿原神宮が描かれています。
ちなみに橿原神宮とは「紀元二千六百年祝典準備委員会」により記念行事が計画された場所であり、計画にあたっては大規模な整備なども行われました。

紀元2600年(二次)記念切手の価値ですが、単片では4銭が60円程、20銭は300円程の価値に留まります。
紀元2600年記念切手の中では一次に発行されている10銭切手の価値が一番高いのですが、それでも800円ほどの価値となっています。
切手買取にあたっては他の切手と合わせて買取してもらうことでまとまった買取額を手にすることが出来ますし、枚数が多いほどお店側も買取価格を頑張ってくれる傾向にあります。

ちなみに「紀元二千六百年記念行事」とは神武天皇即位紀元2600年を祝して計画された行事であり、様々な記念行事や事業が遂行されました。
当初はオリンピックや万国博覧会(万博)と合わせて開催される計画があったようですが、日中戦争に伴って延期や中止があったために計画は実現されないままに終わりました。

紀元2600年(二次)記念切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

紀元2600年(二次)記念切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ