プレミア中国切手「オオパンダ」買取相場・買取価格

オオパンダ切手

オオパンダ切手は文化大革命の時代に発行された中国切手で、入手が難しく希少価値のある切手です。
大きく「1次(1963年発行)」「2次(1973年発行)」と分けることが出来、1次は3種類、2次は6種類のオオパンダ切手が発行されています。 愛らしいパンダが図柄となった切手で、中国切手の中でも屈指の知名度を誇る人気のある切手です。

記事が長くなってしまいますので、先にオオパンダ切手の買取相場や買取価値をお伝え致します。

  • オオパンダ切手の価値は、完品状態であれば価値は5000円ほどとなり、買取価格も4000円程度は見込めます。
  • 完品状態でないオオパンダ切手の買取相場は、買取に出される枚数にもよりますが、2次で大体数百円~1500円程度になります。
  • 1次のオオパンダ切手は2次よりもプレミア価値が高いため相場も高く、買取価格は品によっては1万円以上も期待できます。

また、目打ちなしのオオパンダ切手の価値はかなり高く、買取相場は品により2万円程も期待できます。

オオパンダ切手は、一枚一枚が切り離されたバラ切手でなく、複数枚が繋がった状態で綺麗な状態で揃っていれば買取価格は更に上昇します。 全種類の完品でない場合は価値は少々下がってしまうものの、それでもまとまった買取額を手にすることのできるプレミア中国切手です。


以下、こちらのページでは

  • 中国切手「オオパンダ」切手の概要と価値
  • 1次オオパンダ切手(特59)とは?
  • 2次オオパンダ切手(革14)とは?

などを紹介していますので、ご興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、このまま読み進めて頂ければ幸いです。

切手買取でのおすすめ買取業者

切手買取におけるおすすめ買取業者はトップページでご紹介していますが、特におすすめの2社だけピックアップしてこちらでもご紹介します。私の経験上からも、切手買取を依頼する際には安心してお任せできる2社ですよ。

中国切手「オオパンダ」切手の概要や価値について

中国切手「オオパンダ」切手の概要と買取価値

中国切手「オオパンダ」は大まかに、3種完の「1次オオパンダ切手」、そして1次の10年後に発行された6種完の「2次オオパンダ切手」に分けることが出来ます。

発行年数は1963年に発行された1次(特59)、そして1973年に発行された2次(革14)に分かれています。 意匠には中国で活躍されていた画家・呉作人が描いたパンダの絵が採用されており、そのパンダの図柄の愛らしさからも人気を博した中国切手です。

オオパンダ切手の1次と2次を比較したときに、日本国内にはどちらかというと2次のオオパンダ切手の残存数が多くなっています。 そのため、プレミア価値としては希少性が高い1次オオパンダ切手の方が高く、切手買取においても高く売りやすくなっています。

実はオオパンダ切手は、数ある中国切手の中でも比較的知名度が高く、「この切手、持ってた」と仰る方も多くおられます。 何故なら、オオパンダ切手2次(革14)が発行された時代、日本には日中国交回復を記念して中国から贈られた、パンダのカンカンとランランがやってきた時でもあるのです。 国内での空前のパンダブームに伴い、当時発行されていたオオパンダ切手2次を入手した人も多かったといわれています。

1次オオパンダ切手(特59)とは?

「1次オオパンダ切手」は3種類での完品、1963年8月5日の中国で発行されました。 編号は”特59”が割り当てられていますが、この"特"とは1951年~1966年の間に発行された、中国の特殊切手のことを指します。 つまり、オオパンダ1次切手の編号は「"特"の時代に発行された59番目の切手」という意味を持っているのです。 1次オオパンダ切手の買取相場・買取価格は、3種類揃った状態で1万円前後は期待できます。

1次オオパンダ切手の額面は8分・10分の2種類ですが、額面8分の切手は2種発行されたため、合計3種類が存在しています。 発行枚数としては、額面8分のオオパンダ切手は各600万枚、10分のオオパンダ切手は300万枚が発行されました。
発行枚数が少ないため、10分のオオパンダ切手の方が価値が高いと思われがちですが、この3種類の中で価値が最も高いのは、実は8分の"笹を持っている図柄"のオオパンダ切手です。(切手の状態や未使用・使用済みにより異なります。)


また、1次のオオパンダ切手には、実は目打ちがない品も存在します。(通常版には目打ちがあります) こちらの発行枚数は未だ分かっていないのですが、目打ちなし版は、通常のオオパンダ切手よりもかなり価値が高くなっています。

目打ちなし版・通常版のオオパンダ切手の違いとしては、目打ちの他にもうひとつ"額面"が挙げられます。 通常品は8分・10分での発行ですが、目打ちなしのオオパンダ切手の額面は12分・15分が採用されています。 目打ちなしのオオパンダ切手となると買取相場はかなり上昇し、買取価格は品により1~2万円程は期待できます。

2次オオパンダ切手(革14)とは?

オオパンダ切手

2次オオパンダ(革14)は、1973年1月15日、6種完にて発売された切手です。 額面は4分・8分(2種)・10分・20分・43分が存在していますが、額面ごとに発行枚数の違いはなく、それぞれ1000万枚ずつが発行されました。

オオパンダ2次切手は、日本に丁度訪れたパンダブームに伴い、高い人気を博した中国切手としても知られています。 当時は日本国内の百貨店などでも入手することが出来、さらにはオオパンダ2次専用の切手帳も発行されていた程です。 切手帳台紙には「熊猫郵票」、台紙裏面には「パンダのふるさと」の印字、そして中国の地図が描かれています。中には6種完のバラ切手を封入することが出来、記念としての一品に打って付けの状態へと仕上っています。

各1000万枚ずつの発行と、オオパンダ1次切手よりも発行枚数が多く、また、パンダブームに伴ってオオパンダ2次切手を購入された方も多くおられました。 そのため、プレミア中国切手として重宝されるオオパンダ2次切手ではありますが、実は日本においての希少性はあまり高くないのです。 それでも美品状態で残っていれば、買取価格も4000円程度は期待できる切手ですので、買取査定をお試しされる価値は十二分にあるかと思います。

また、このページでご紹介しているオオパンダ切手の買取相場や買取価格は、美品状態を目安としています。 ですが、こちらでご紹介している切手買取業者の査定は無料で依頼することが出来ますので、もし「美品ではないかも」とお思いであっても、メール問い合わせだけでもされる価値はあるかと思います。

また、オオパンダ切手の他にも、額面以上のプレミア価値がついている切手は数えきれない程に存在しています。 複数枚の切手をまとめて買取してもらうことで、さらに高額な買取価格も見込めますので、もしオオパンダ切手の他にも、売却や買取を検討されている切手がありましたら、合わせて買取査定に出されることをお勧め致します。

オオパンダを1円でも高く売る方法

切手買取業者

オオパンダなど額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ