見返り美人の買取価格や相場、概要などをご紹介

切手趣味週間「見返り美人」の買取相場・買取価格

見返り美人

見返り美人切手の発行は1948年の11月29日。昭和23年に150万枚が発行されている特殊切手です。

見返り美人は発行当時からプレミア切手として注目された切手でしたが、価値は今でも高く、バラ切手であってもおおよそ3000円程度の価値が見込めます。
状態の良いものであれば更に価値が上昇する可能性もありますので、なるべく綺麗に保存しておきたい切手です。
さらにバラ切手でなく、5枚綴りとなっているシート状態になると買取価格は更に跳ね上がります。

  • 見返り美人切手一枚でも、買取相場は3000円~5000円前後で推移しています。買取価格は3000円前後が期待できるでしょう。
  • 5枚綴りのシート切手の見返り美人となると、買取相場は15000円前後にまで跳ね上がります。切手買取に出される場合、1万円前後の買取価格は期待したいところです。
  • 使用済みの見返り美人切手にも価値がつく場合がありますが、買取価格は未使用品と比べて大幅に下がります。買取価格は数百円から、良い場合で1000円前後が期待できます。

切手の難しいところは綺麗に保存しているつもりであっても、経年によっていつの間にかシミや色あせが生じてしまうことです。 状態が悪ければもちろん買取価格は下がってしまいますので、もし見返り美人切手の売却を検討しているのであれば早めの買取をお勧め致します。

このページでは、見返り美人切手の概要や特徴、"見返り美人図"が図柄となった他の切手もご紹介していますので、もしご興味をお持ちの方は、このまま読み進めていただければ幸いです。

切手買取でのおすすめ買取業者

切手買取におけるおすすめ買取業者はトップページでご紹介していますが、特におすすめの2社だけピックアップしてこちらでもご紹介します。私の経験上からも、切手買取を依頼する際には安心してお任せできる2社ですよ。

切手趣味週間「見返り美人」とは?概要やプレミア価値など

見返り美人は"切手趣味週間"を代表する切手の一枚で、第二回目に発行されています。額面は5円、切手のサイズは縦が67mm、横が30mmと非常に大型で、その大きさでも話題を呼んだ切手です。

本当は別の切手を発行する計画が持ち上がっていましたが、当時の製造背景から中止となり、代わりに注目されたのが、当時の「取引高税印紙」の穿孔機でした。
取引高税印紙は見返り美人切手の前年に発行されており、その型を流用して切手の発行にも使うことで、このような大きな切手が生まれたのです。とても画期的なアイディアで、このサイズは現在でも日本切手の中では屈指の大きさを誇ります。 ですが先に切手のサイズが決定してしまったため、その大きさに沿う図柄が必要になり、数多くの案の中から、縦長の浮世絵「見返り美人図」が採用されました。

切手趣味週間「見返り美人」の買取相場・買取価格

「見返り美人」の切手は、別名"浮世絵の祖"とも名高い、江戸時代を代表する有名な画家である菱川師宣が描いた"見返り美人図"が図柄になっています。
当時は浮世絵が切手の題材になることは極めて珍しく、その図柄の美しさも相まって国内のみならず外国からも脚光を浴びた切手だったようです。 まるで小さな芸術品のようだと称されることもあった見返り美人切手は、はがきに貼って郵送すると、その美しさから途中で剥がされ盗まれてしまう、という噂が出るほどに人気のある切手となりました。

見返り美人切手は当時から人気が高かった切手で、発行枚数も150万枚とあまり多くなかった為に売り切れるのも早く、発売から約一週間ほど経った頃には、すでに額面以上のプレミア価格にて取引されている程の人気でした。 ですが、当時の切手はほとんどが単色で原画のような鮮やかな色彩は再現出来ず、見返り美人切手ももれなく、単色刷りの切手にて発行されました。 (切手趣味週間で原色刷が採用されたのは、1955年発行の「ビードロを吹く娘」以降になります。)

もし、単色刷りでなくカラーで発行されている見返り美人切手をお持ちの方がおられましたら、もしかしたら以下の切手ではないでしょうか。

切手趣味週間「見返り美人」切手・復刻版(1991年)の買取価格

1991年:見返り美人切手

「見返り美人切手」は、1991年には切手愛好家からの根強い人気を象徴するように、同デザインの復刻版が発行されています。 発行日は1991年4月19日で、正式名称は「見返り美人・序の舞」切手といいます。元祖・見返り美人切手と同じ「切手趣味週間シリーズ」より発行されました。
こちらの見返り美人切手にはプレミア価値はついておらず、切手買取業者や金券ショップ等を利用した場合の買取価格は、おおよそ額面ベースになります。

郵便切手の歩みシリーズ「見返り美人」切手(1996年)の買取価格

1996年:見返り美人切手

また、1996年発行の「郵便切手の歩み」シリーズにも、見返り美人図が図案として採用されました。

こちらの画像は、1996年6月3日に発行された「郵便切手の歩みシリーズ」の第6集にて発行された切手です。 切手の図柄は見返り美人図と、そして同じく切手趣味週間にて発行され、プレミア切手として注目を浴びた"月に雁"切手の意匠が採用されています。 元祖の見返り美人切手を襲名したセピア色の単色刷りの他、カラー印刷のダブル発行にて展開されました。 (月に雁の図案の方も、単色刷り・カラー印刷の2種類が発行されたため、郵便切手の歩みシリーズ第6集は、合わせて4種類の切手が発行されたことになります。)

こちらの郵便切手の歩み・見返り美人切手の買取価格も額面ベースになり、プレミア価値はついていません。 ですが複数枚で買取に出すことで、ある程度まとまった買取価格を手にすることは十分可能ですので、もし他にも売却予定の切手がありましたら、合わせて買取に出されることをお勧め致します。

見返り美人を1円でも高く売る方法

切手買取業者

見返り美人など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ