切手趣味週間「ビードロを吹く娘」の買取価格と概要

ビードロを吹く娘

ビードロを吹く娘切手は切手趣味週間の第5回目、1955年に発行されたプレミア切手です。
略してビードロ切手とも呼ばれることもあるプレミア切手で、喜多川歌麿が描いた浮世絵が図柄となっています。 「ビードロを吹く娘」は切手買取においても有名な切手で、美品状態であれば買取価値の上昇も見込めます。

記事が長くなってしまいますので、先にビードロを吹く娘の買取相場や買取価格をお伝え致します。

  • ビードロを吹く娘切手の買取相場は、美品で200円ほど、状態の悪いものになると数十円に留まります。
  • ビードロを吹く娘切手の買取価格は、状態によって大きく差が生まれますが、平均して100円前後の買取価格が期待できます。
  • シート状態のビードロを吹く娘切手であれば、1500~2000円前後の買取相場まで上昇します。

ビードロを吹く娘切手の発行枚数は550万枚と多いため、現在でも残っている切手が多く希少価値はそれほど上がっていません。
しかしバラ切手であれば買取価格は100円程度となってしまいますが、シートであれば1500円程の買取価格となり、まとまった金額を手にすることが可能です。 他にも切手趣味週間シリーズで収集していればコレクションとしての価値が付随し、更なる買取価格の上昇を見込むことが出来ます。

切手は種類によって価値の有無を知ることが出来ますが、実際の買取価格はその切手の状態に大きく左右されてしまいます。 シミや汚れがあれば価値は下がってしまいますので、なるべくであれば専用の保管袋などを使用し、丁寧な保管を心がけたいところです。
日本で発行されたプレミア切手の価値は現在下がりつつあるとも言われていますので、買取を検討しているのであればなるべく早いうちが良いでしょう。

以下、こちらのページでは

  • 切手趣味週間「ビードロを吹く娘」の概要
  • 切手の意匠・浮世絵「ビードロを吹く娘」とは
  • ビードロを吹く娘切手の買取や価値について

などを紹介していますので、ご興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、このまま読み進めて頂ければ幸いです。

切手買取でのおすすめ買取業者

切手買取におけるおすすめ買取業者はトップページでご紹介していますが、特におすすめの2社だけピックアップしてこちらでもご紹介します。私の経験上からも、切手買取を依頼する際には安心してお任せできる2社ですよ。

切手趣味週間「ビードロを吹く娘」の概要

「ビードロを吹く娘」は、切手趣味週間シリーズの中で5番目に発行された切手です。 印刷方式は、グラビア印刷の多色刷りが採用されています。 実はビードロを吹く娘切手は、初めて浮世絵そのものの表現を試みた多色刷りの切手としても知られているのです。

切手趣味週間がお好きな方なら、「見返り美人」や「月に雁」などの切手が、原画の彩色を再現しきれなかった単色印刷であったのはご存知のことでしょう。 これまでの切手趣味週間シリーズの発行も「落ち着いたデザインで良い」「少し地味」など賛否両論あったようですが、ビードロを吹く娘切手からのカラー印刷の導入により、浮世絵そのものの魅力を色鮮やかに表現することができるようになりました。


ビードロを吹く娘切手の発行は1955年11月1日、発行枚数は550万枚でした。 見返り美人切手の発行が150万枚、月に雁切手が200万枚だったことを鑑みると、当時としてはかなり多い発行枚数になっています。 どうして550万枚という中途半端な数なのかというと、本当の発行予定は500万枚で、実はあとの50万枚は増刷分だったからです。

どうして増刷分が発行されるほどの人気を集めたかというと、「ビードロを吹く娘」切手は、日本で発行された切手としては初めての、4色対応の多色刷りの切手だったからです。 かつ切手図柄は、誰もが知る有名浮世絵師・喜多川歌麿の絵が意匠になっているときたので、発売前からも新聞報道などで大きな注目を集めていたのでした。

実は"浮世絵の原色再現"を試みたグラビア多色刷りの切手の発行は、日本のみならず海外からも注目されており、発売日になると海外からも多くの注文が入っていました。 そのため用意されていた500万枚はすぐに売り切れてしまい、50万枚の増刷が発表される運びとなったのです。

実は、切手趣味週間の「ビードロを吹く娘」発行前の頃、切手趣味週間で発行される切手の種類が、厳密には"記念切手"ではなく"特殊切手"扱いになります。 これは切手趣味週間シリーズの切手発行を毎年行うと決めた際に、特殊切手としての発行にすると定められたためです。

切手の意匠・「ビードロを吹く娘」と「ポッピンを吹く女」

切手の意匠には、喜多川歌麿が描いた美人画「ビードロを吹く娘」が採用されています。
喜多川歌麿は江戸時代に活躍した画家で、美人画や絵本、肉筆浮世絵など様々な画を世間に輩出し、その多彩な筆遣いで人々の関心を集めた浮世絵師です。

切手の図柄となった「ビードロを吹く娘」の浮世絵は別名ポッピンを吹く女とも呼ばれ、当時評判のあった町娘を描いた木版の美人画です。 切手の原画は、1791年頃に描かれた10枚組の浮世絵「婦女人相十品」のうちの1枚になります。 流行していた市松模様の着物、そして舶来品の玩具であるポッピン(ビードロ)を描き、時代の趣を感じる一枚となっています。

町娘が持っている"ビードロ"と呼ばれるものは、当時流行した舶来品の玩具です。 ビードロとはポルトガル語でガラスのことを指すため、この名称が定着したようですが、吹いたときの音から"ポッピン"もしくは"ポッペン"とも呼ばれる玩具です。 そのため、切手コレクターの方や浮世絵愛好家の方は、ビードロを吹く娘ではなく「ポッピンを吹く女」の絵、とも呼んだりします。 ですがどちらの呼び名であっても、同じ浮世絵のことを指しています。


実は、浮世絵「ビードロを吹く娘」は、オリジナルの版画がそれほど残っていなく希少性が高いことでも知られています。 ビードロを吹く娘の切手原画も、実は複製品が元になっていますが、オリジナルと複製品の差異が途中で修正された為、完成度が極めて高い仕上がりとなっています。

切手趣味週間「ビードロを吹く娘」の買取価格や価値について

ビードロを吹く娘

「ビードロを吹く娘」切手は、発行当時人気を博した切手ではあったものの、発行数が550万枚と、見返り美人切手や月に雁切手と比較すると倍以上も多くなっています。 そのため昭和に訪れた切手ブームの渦中でも、額面以上のプレミア価値で取引はされていたものの、数万円もする高値はついていなかったようです。

ビードロを吹く娘に限らず、切手の買取価格は、美品か否かで倍以上も変わってきます。 さらに切手の難しいところは、ただ保管しておくだけでも湿気や指の脂によって、シミ等のダメージが生じてしまうことです。

ビードロを吹く娘は1枚当たり100円前後の買取価格が期待できる切手ですが、複数をまとめて買取してもらうことで、まとまった買取価格にすることは十二分に可能です。 さらに、ビードロを吹く娘切手の他も、額面以上のプレミア価値がついている切手は数えきれない程に存在しています。 もし他にも売却を検討されている切手がありましたら、合わせて買取に出されることをお勧め致します。

(細かな価値や買取相場はその時々で上下しますので、もし他の切手も複数所持しておられる場合は、正しい買取価値を知るためにも買取業者の無料査定をおすすめ致します。)

ビードロを吹く娘を1円でも高く売る方法

切手買取業者

ビードロを吹く娘など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ