赤猿の買取相場と概要

中国切手「赤猿」の買取相場・買取価格

赤猿

プレミア中国切手として有名な「赤猿」切手とは、1980年に中国で発行された年賀切手です。
赤い背景に猿の絵が描かれているので赤猿、と呼ばれていますが、"赤猿"の名称で知られているのは日本を含む極一部のみで、正式名称の「子ザル」切手と呼ばれていることも多いです。

記事が長くなりますので、赤猿切手の買取相場や、切手買取業者での赤猿買取価格を先にお伝えしておきます。

  • 相場の影響を受けやすい切手ですが、現在の買取相場は10~13万円前後に落ち着いています。中国切手のピーク時は約15万円程の買取相場まで高騰しました。
  • 赤猿の単片切手でも、1枚辺り10万円以上の買取価格が期待できるプレミア中国切手です。
  • 単片切手80枚で構成されている赤猿のシート切手であれば、500万円以上もの買取価格も期待できます。

ですが赤猿は相場の影響を受けやすい切手のため、買取価格は時期や業者によって大幅に変動します。 赤猿切手の買取の際は、複数の切手買取業者で相見積もりを取られることを強くおすすめ致します。

さらに、赤猿の顔が綺麗な金色の品は、状態の良い"極上品"と呼ばれ、買取価格も高額になります。 これは極上品の赤猿切手が別種類で発行された、というわけではなく、状態よく現存しているためにヤケが少なく、金色も綺麗なまま維持されているという状態です。

(※中国の経済バブルの低迷に伴い、中国切手の価値は横ばい、あるいは徐々に縮小傾向にあります。 一時期はその高値により投機の対象としても注目されていましたが、その動きも近年では横ばいのようです。 もし赤猿をはじめとするプレミア中国切手の売却を検討している場合は、価値が下がりきってしまわないうちの買取をオススメしています。)

以下、こちらのページでは

  • 赤猿切手の概要や価値のご紹介、有名なエピソード等
  • 赤猿切手の真贋・偽物の見分け方
  • 赤猿切手のレプリカ?とも噂される、北朝鮮の赤猿切手
  • その他、赤猿に似せて発行された切手

などを紹介していますので、ご興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、このまま読み進めて頂ければ幸いです。

切手買取でのおすすめ買取業者

切手買取におけるおすすめ買取業者はトップページでご紹介していますが、特におすすめの2社だけピックアップしてこちらでもご紹介します。私の経験上からも、切手買取を依頼する際には安心してお任せできる2社ですよ。

プレミア中国切手「赤猿」の概要や価値

赤猿切手の発行は1980年、中国では初めての年賀切手の発行が決定し、干支であった猿の絵が金粉を用いておめでたく描かれました。 額面は8元、編号は"T46"が割り当てられています。
赤猿の発行枚数は、当時800万枚が予定されていましたが、発行の途中で刷版が故障し、予定していた数よりも大幅に少ない500万枚という発行枚数に留まりました。 干支の発祥地・中国の初めての年賀切手であること、さらに発行枚数の少なさから切手投機の面からも注目されたため、赤猿の相場が高騰する要因は当時から揃っていたことになります。
そのうえ中国では文化大革命の影響で切手収集が禁止されていたため、中国本土に残った赤猿切手はごく僅かであったと推測されます。

(※赤猿切手が発行された当時の中国は文化大革命の騒乱が続いており、切手の収集は政府により禁止されていました。 外国へ切手を輸出することも不可能だったため、当時の中国切手は旅行者が一部持ち帰ったものが大半です。 そのため赤猿切手をはじめ一部の中国切手の価値は高く、今ではプレミア切手として重宝されています。)

さらに、赤猿切手の勢いを後押しするエピソードとして、発行当時の郵便局員が販売ノルマで購入していた大量の赤猿切手が、30年後に買取に出され、1億円以上もの買取価格がついたことでも有名になりました。 この男性はあっというまにお金持ちになり、赤猿切手の存在は中国全土が知る大ニュースになったのです。 このエピソードによって赤猿の名は更に広まり、プレミア中国切手の代名詞として重宝されるようになりました。

赤猿切手の真贋・偽物の見分け方

赤猿切手はプレミア中国切手として広く知られる切手ですので、当然偽物も数多く流通しています。

赤猿切手の真贋・偽物の見分け方としては、

  • 本物は猿の毛の流れまで描かれていますが、偽物は毛並みが粗く塗りつぶされたものも多いです。
  • 偽物の赤猿切手だと拡大したとき、プリント印刷ののドットが見えることがあります。
  • 本物の赤猿切手と比べ、偽物は目打ちが粗いものや、やけに目打ちが均一で不自然な状態だったりします。
  • また、誰かの査定を経て偽物だと判定・証明された赤猿切手は、額面の8元に斜線が引いてあります。

本物と隣に置いて見比べると、毛並みや色合い、目打ちなどの違いがよく分かりますが、偽物だけを見た場合は比較対象がないため、真贋を見極めるのはかなり難しいのが現状です。 また赤猿は価値の高いプレミア切手として知られていますので、偽物の製造にも気合が入っており、中には本物と見分けがつかないようなレプリカ品も存在します。

赤猿切手の売却で切手買取業者を利用する場合は、真贋判定含め査定員に一任できますので安心です。 ですが、個人でオークション売却を行う場合、また購入される場合も、偽物の赤猿切手には十分注意を払われることをおすすめ致します。

赤猿切手のレプリカ?北朝鮮の赤猿切手など

赤猿切手の人気にあやかり、赤猿を模した切手も数々発行されています。 細かな点が違うため、本物の赤猿切手と見比べると一目瞭然ではありますが、ここでは「レプリカ品?」とも騒がれた、赤猿そっくりの切手を数枚ご紹介いたします。

中国切手「遼東半島解放記念小型シート」

赤猿 「遼東半島解放記念小型シート」は、切手シート上部には"遼東半島解放記念"と印字され、シート右側の余白には地図や面積、概要などが記されています。 ですが切手そのものは赤猿の図柄を模しており、本物の赤猿切手が高額ゆえ入手できなかった場合も、一見コレクション品としての見劣りしません。
遼東半島解放記念小型シートは、切手買取では大体100円前後の買取価格が期待できますが、万が一を考慮し、買取対象に入れていない切手買取業者も多いです。

北朝鮮から発行された赤猿そっくりの切手

赤猿

こちらは、2013年に北朝鮮で発行された切手です。シート切手(通常切手)と小型シートの2種があり、中国切手の赤猿に似せて発行された切手です。 赤猿切手の図柄がそのままデザインになった切手ですが、左上にハングルでの表記があり切手額面も異なるため、本物との見分けは容易です。 ですが北朝鮮発行の切手のため、経済制裁によって日本では入手困難な品なので、所持している方はあまり多くないでしょう。

北朝鮮の赤猿切手は、あまり切手買取業者にての売買がないため予想にはなりますが、価値は一枚辺り大体100円前後までは期待できるのではないでしょうか。 ですが北朝鮮の切手は、あまり業者側でも買取実績を見ないため、そもそもの買取対象に入れていない切手買取業者も多いかとは思います。 買取の際は、北朝鮮から発行された赤猿だと明記のうえ、切手買取業者へ問い合わせてみることをおすすめします。

ソロモン諸島から発行された「赤猿」年賀切手

赤猿

こちらの切手は、2016年にソロモン諸島から発行された年賀切手です。 申年の新年を祝うための切手として発行されましたが、こちらも赤猿に似せたデザインで発行されています。
ただ、目打ちに沿って切り離せば「SOLOMON ISLANDS」のロゴが切手に入りますので、こちらも本物との見分けは容易です。

赤猿を1円でも高く売る方法

切手買取業者

赤猿など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ