きじ航空切手の買取価格と概要

きじ航空切手

「きじ航空」とは1950年に発行された航空切手で、16円・34円・59円・103円・144円の5種類が発行されました。 5種類の図柄は同一ですが、額面ごとに刷色が異なっているため見分けるのは容易です。

額面はどれも中途半端な金額ですが、これは当時の航空便の価格に沿って設定された為です。 航空便専用というわけではなく、一般の郵便物などにも一応は使用出来たようですが、額面が半端なため使用された例は珍しいでしょう。 (ですが航空切手の中には額面や年代により、航空便ではなく普通郵便にて使用されていた例の方が多い切手も存在します。そのような切手は、航空便にての使用済みになると、希少性から価値が高騰するケースもあります。)

きじ航空は日本の敗戦後初めて発行された航空切手ですが、当時はGHQの航空禁止令により、航空機の所持が認められていませんでした。 そのため国鳥であるキジが採用されており、国内発行の航空切手では唯一、図柄に飛行機が描かれていないものになっています。きじ航空切手の用紙は灰白紙が用いられていましたが、再版にあたっては白紙が使用されました。

きじ航空切手の価値は、59円切手、144円切手が最も高く、買取価格にして1枚1500円程度になります。 その他額面の買取価格も大体1000円から1400円程度の買取額がつき、複数枚見つかればかなりの買取金額となるでしょう。

航空切手は人気のある分野ですので、切手収集が下火になってしまった現在でも、ある程度の相場は維持されています。 きじ航空が5種類が揃った状態であればコレクション的価値が付随し、業者によっては買取価格が上がる可能性もありますので、もし一式お持ちであればまとめて売ることをおすすめ致します。

切手買取でのおすすめ買取業者

切手買取におけるおすすめ買取業者はトップページでご紹介していますが、特におすすめの2社だけピックアップしてこちらでもご紹介します。私の経験上からも、切手買取を依頼する際には安心してお任せできる2社ですよ。

きじ航空切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

きじ航空切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ