芦ノ湖航空切手の買取価格と概要

芦ノ湖航空切手

「芦ノ湖航空」切手とは、日本国内と韓国を結ぶ航空郵便で使われていた切手で、昭和4年に発行されました。

発行当初は4種の額面で発行されましたが、料金改正のため追加で1枚発行されたため、計5種類が存在しています。 額面は昭和4年~発行分が33銭・18銭・16銭5厘・8銭5厘の4種、昭和9年の追加発行が9銭5厘の切手になります。

日本で初めて発行された航空切手は「飛行郵便試行記念切手」ですが、その後も航空便の準備は着々と進み、1929年には航空郵便規則も定められ、本格的に航空郵便が始まりました。 そのときに発行されたのがこちらの「芦ノ湖航空切手」で、図柄は芦ノ湖を飛ぶフォッカー3発式(F.VII)の飛行機が描かれました。

芦ノ湖航空切手の価値は、発行数がそれぞれの額面で違うために希少性が異なり、伴って買取価格も変わってきます。 5種類の中では8銭5厘の切手が最も発行数が少ないために希少価値が高く、買取価格も1枚辺り2000~3000円程になります。 次点で価値が高いのは33銭切手で大体1500円程の買取価格、その他の額面は大体1000円程度になるケースが多いです。
ですが美品・並品か等の状態によっても価値が倍以上違ってきますので、一概に上記の買取価格が適用されるわけではありません。

また切手の価値としては、1934年に発行された「逓信記念日制定小型シート」には、こちらの芦ノ湖航空切手4種を組み合わせたデザインが採用されています。 逓信記念日制定小型シートは2万枚発行と非常に希少性が高いことで知られ、買取価格も数万円単位になります。 もしお使いにならず不要であれば、積極的に切手買取をおすすめしたい一枚でもあります。

芦ノ湖航空切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

芦ノ湖航空切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ