郵便創始75年記念切手の買取価格と概要

このページでは、全ての額面の「郵便創始75年記念切手」について買取相場や詳細を画像付きでまとめて一覧で紹介しています。また、郵便創始75年記念切手買取におけるおすすめの切手買取業者も紹介していますので、郵便創始75年記念切手買取の際には参考にしてください。

郵便創始75年記念切手小型シートの買取相場と概要

郵便創始75年記念切手小型シート

発行枚数:5万1400枚

切手買取相場:4000円~5万円

FDC(初日カバー)買取相場:~2万円

郵便創始75年記念切手の4種を1枚のシートに収めた切手が「郵便創始75年記念切手小型シート」です。郵便創始75年記念切手の小型シートは、初版か否かによって買取価値が大きく変わり、切手買取では1枚で4000円~5万円前後の買取価格も期待できます。

郵便創始75年記念1円切手の買取相場と概要

郵便創始75年記念切手1円

発行枚数:50万枚

切手買取相場:100円~200円

FDC(初日カバー)買取相場:~7000円

郵便創始75年記念切手の1円は「通信の象徴」の図柄が青色で描かれています。図柄の下部には「1EN」「壹圓」の額面が記載されています。郵便創始75年記念1円切手の買取価格は、1枚あたり大体100円前後の買取価格が期待できます。

郵便創始75年記念50銭切手の買取相場と概要

郵便創始75年記念50銭切手

発行枚数:50万枚

切手買取相場:100円~200円

FDC(初日カバー)買取相場:~7000円

郵便創始75年記念切手の50銭切手は、日本で最初に発行された切手の”竜切手”が図柄として採用され、50万枚が発行されました。郵便創始75年記念切手の50銭の買取価格は、1枚で大体100円前後の買取価格が期待できます。

郵便創始75年記念30銭切手の買取相場と概要

郵便創始75年記念30銭切手

発行枚数:50万枚

切手買取相場:250円~400円

FDC(初日カバー)買取相場:~7000円

縦長で刷色は緑、前島密の銅像が描かれているのが郵便創始75年記念の30銭切手です。前島密は日本の近代郵便制度の創設者としても知られ、今でも1円切手の肖像画に採用されています。郵便創始75年記念30銭切手の買取価格は、1枚で大体250円前後の買取価格が期待できます。

郵便創始75年記念15銭切手の買取相場と概要

郵便創始75年記念15銭切手

発行枚数:50万枚

切手買取相場:150円~300円

FDC(初日カバー)買取相場:~7000円

郵便創始75年記念切手の15銭は、駅鈴と菊花の図が黄色で印刷された記念切手です。上には菊花紋章、下部には”15”と額面が記載されています。郵便創始75年記念切手の15銭の買取価格は、1枚で大体150円前後の買取価格が期待できます。

郵便創始75年記念切手について

郵便創始75年記念切手

郵便創始75年記念切手とは郵便が始まってから75周年を記念して発行された切手で、それぞれ4種の切手と小型シートが発売されています。

郵便創始75年記念切手は、特に小型シートの”初版”と呼ばれる切手の価値が非常に高いことで知られており、切手買取では5万円前後の買取価格も期待できるプレミア切手として知られています。

ですが、初版と2版を見分けるのはかなり難しいため、価値の判断は切手買取業者へお任せされることをおすすめ致します。(見分け方としては、小型シートの黄色部分の濃淡で判断しますので、写真付きで質問される際には色調が分かりやすいようにすると親切です。)

郵便創始75年記念切手の発行日は、1946年(昭和21年)12月12日で、額面の種類は15銭、30銭、50銭、1円の4種類が発行されました。 郵便が始まってから75周年を記念した切手ですので、4種それぞれの図柄も、駅鈴や日本で最初の切手である”竜切手”を模ったもの、近代郵便制度の創設者のひとりである前島密など、郵便に関係のある事柄が印刷されています。

郵便創始75年記念切手の価値は15銭は500円、50銭は200円、そして1円切手も同じく200円程の価値となりますが、30銭であれば価値は700円程度となります。 ですが、使用済みの郵便創始75年記念切手だとやや希少価値が上がり、特に30銭の前島密像の使用済みは市場にも少なく、高めの買取価格が期待できます。

郵便創始75年記念切手の使用済み切手が少ない理由としては、郵便創始75年記念切手は第二次世界大戦の終戦後に発行された最初の記念切手であり、質も戦時中の切手と比べるとかなり良いものでした。 そのため使ってしまうのが勿体ないとのことで、この切手を使用する人はほとんどいなかったそうです。

ただ、ここで留意していただきたいのは、切手の”価値”とは、買取・販売を考えない場合の値であって、郵便創始75年記念切手の買取価格とは異なるという点です。 切手買取での郵便創始75年記念切手の買取価格相場は、1円切手・50銭切手が大体100円前後の買取価格、15銭切手が150円前後の買取価格、30銭切手だと250円前後の買取価格が期待値の目安となります。

郵便創始75年記念切手は、分けられている種類ごとに価値が細分化されている切手であり、買取価格にもかなりバラつきがあるのが特徴です。
まず郵便創始75年記念切手の小型シートは初版と2版の2種類に分けることが出来、2版は多数発行されていますが、初版はなんと2000から3000部しか発行されていないのです。
世の中に流通している郵便創始75年小型シートの大半は2版だと言われており、2版でも数千円の買取価格が期待できますが、初版であれば5万円前後の買取価格も期待できるほどのプレミア価値を秘めています。

そのうえ初版と2版の間には「中間版」といわれる種類が存在しているという説もあり、この中間版は通信博物館のみで発売されたものの一部とされており、発行数は1000にも満たないほどに少数であったそうです。
しかし初版とほとんど差はないために、この中間版を初版として取り扱っている切手店が殆どであるそうです。

  • ・小型シートであること
  • ・初版であること
  • ・使用済みであること

もし郵便創始75年記念切手で、上記の3つの条件が揃ったものがあるとしたら、かなりの買取額がつくプレミア切手ですので、切手買取店の選定は慎重に行うようにしましょう。 いくつかの切手買取店で見積もりを取り、その中で最も高額をつけてくれた買取店へと売るようにすると損を防ぐことが出来ます。

また、切手の発行日初日の消印が押された郵便物を「FDC(初日カバー)」といいますが、郵趣品として価値が出ている場合があり、切手買取業者でも種類によっては買取を受け付けていることがあります。 ただ、FDC(初日カバー)の価値は、宛先や消印内容、一緒に貼られている切手などによっても大きく異なるため、買取価値は一概にはいえません。 郵便創始75年記念切手のFDC(初日カバー)の場合、単片切手4種だと最大7000円前後の価値が、小型シートだと2万円前後の価値が付く可能性もあります。

切手買取でのおすすめ買取業者

切手買取におけるおすすめ買取業者はトップページでご紹介していますが、特におすすめの2社だけピックアップしてこちらでもご紹介します。私の経験上からも、切手買取を依頼する際には安心してお任せできる2社ですよ。

郵便創始75年記念切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

郵便創始75年記念切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ