鉄道75年記念切手の買取価格と概要

鉄道75年記念切手

「鉄道75年記念切手」とは、日本で鉄道が開通してから75周年を迎えることを記念して作られた記念切手で、1947年10月14日に発行されました。 実は、鉄道75年記念切手は、単片の切手が発行されず、小型シートだけが発行された切手になります。

実は、当時の日本には切手ブームが到来しており、記念切手などを発行する度、通信省はある程度の収入を見込むことが出来たのです。 さらに、鉄道75年切手の額面は4円なのですが、当時の売価は1枚あたり5円に設定されています。
今回ご紹介の「鉄道75年記念切手」も、単片での記念切手の発売は行わずに小型シートのみを発行した辺り、当時の切手愛好家へ向けたものだと覗えます。 そのため、もしご自宅から鉄道75年記念切手が出てきた場合、きっと熱心な切手コレクターの方が集めた収集品ではないでしょうか。
ちなみに、鉄道70年を記念した「鉄道70年記念切手」も発行されています。

鉄道75年切手の図柄は、北海道で最初に開通した幌内鉄道にて走っていた国鉄7100形蒸気機関車、愛称”弁慶号”が採用されています。 この蒸気機関車は当時アメリカから輸入されたもので、現在は交通博物館に保存されているそうです。

鉄道75年記念切手の額面は4円ですが、当時は円以下の”銭”単位まで切手に表記されていたため、鉄道75年記念切手には「400」と記載されています。発行枚数は50万枚と設定されました。
また、鉄道75年記念切手の特徴としては、「糊と目打ちがない」ことが挙げられます。そのため、どこからどこまでが正式な切手なのか分かりにくく、切り離して使うことを躊躇するような声もあったようです。

鉄道75年記念切手の買取相場は、小型シート1枚あたり、だいたい720円から1200円前後の買取価格が期待できます。 もし、発行初日の消印が押されている「FDC」と呼ばれる物だと、収集価値が上がり、買取業者によっては買取価格を上げてくれる可能性も出てきます。

鉄道75年記念切手の他にも、額面以上の価値を持つプレミア切手は沢山存在します。
切手買取業者の利用は、問い合わせから買取完了に至るまで完全無料ですし、利用前の質問だけでも快く受け付けてくれます。 もし、鉄道75年記念切手の他にも沢山の古切手のコレクションをお持ちであれば、「いくらで売れるか?」一度買取業者へ質問してみることをおすすめ致します。

切手買取でのおすすめ買取業者

切手買取におけるおすすめ買取業者はトップページでご紹介していますが、特におすすめの2社だけピックアップしてこちらでもご紹介します。私の経験上からも、切手買取を依頼する際には安心してお任せできる2社ですよ。

鉄道75年記念切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

鉄道75年記念切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ