第1回社会事業共同募金記念切手の買取価格と概要

第1回社会事業共同募金記念切手

「第1回社会事業共同募金記念切手」とは、社会事業の共同募金を募るため発行された記念切手です。
1947年11月25日に1000万枚が発行され、戦後に発行された記念切手としては、ある意味で非常に有名な一枚です。(第1回社会事業共同募金記念切手の概要は、買取価格例の後に紹介しています。)

第1回社会事業共同募金記念切手は、額面に寄付金の金額が上乗せされた「寄付金付き記念切手」になります。 切手自体の額面は1円20銭ですが、そこに寄付金として80銭が上乗せされ、切手の販売価格は2円に設定されました。 そのため、切手の額面表記の部分には「120+80」と記載されているのです。

日本で発行されてきた寄付金付き切手自体は、実は戦前からあったのですが、かつてはあまり業績は芳しくなかったようです。 ですが、この第1回社会事業共同募金記念切手が発行されたのを皮切りに、寄付金付き記念切手は、東京オリンピックや札幌オリンピック、万博などの国家事業のときなども発行されるようになっていきました。

切手買取における「第1回社会事業共同募金記念切手」の買取価値は、以下の通りが期待できます。

  • 第1回社会事業共同募金記念切手のバラ切手だと、一枚あたり数十円~100円までの買取価格が期待できます。
  • 第1回社会事業共同募金記念切手がシート切手の場合は、大体1500円~9000円前後の買取価格までが期待できます。
  • 第1回社会事業共同募金記念切手の使用済み切手の場合は、切手買取業者にもよりますが、売れる場合は一枚で数十円の買取価格になるケースが多いです。

以下、このページでは、第1回社会事業共同募金記念切手の買取価値の説明、第1回社会事業共同募金記念切手の概要などもご紹介していきますので、もしご興味を持たれた方は、このままお読みいただけると幸いです。

記念切手「第1回社会事業共同募金記念切手」の買取価値

第1回社会事業共同募金記念切手の概要と買取詳細

第1回社会事業共同募金は、今でいう”赤い羽根募金”の前身として行われました。 第1回社会事業共同募金切手に描かれているデザインは「募金のマーク」で、”社会事業共同募金”と印字があり、切手用紙は灰白紙が使われています。

当時、寄付金付き切手はあまり人気が出ないタイプの切手でしたが、第1回社会事業共同募金記念切手の発行枚数は1000万枚で、当時の記念切手にしては非常に発行枚数が多かったのです。 さらに当時は寄付金分のお金の処理も難しく、かつ還付処理や事務の手続きなどがかなり複雑だったため、販売側からも不満の声が上がっていました。

売れ残ってしまった第1回社会事業共同募金記念切手は、まとめて大量に売りつけられるようになり、一部は半ば無理しながら取引されていた、という噂もあります。

そのため、第1回社会事業共同募金記念切手の希少価値はかなり薄く、この時代の切手にしては買取相場が低く収まっています。 第1回社会事業共同募金記念切手は、戦後に発行された古い切手ですので、いくつかのエラーも散見されますが、それでもあまり高い買取価格はついていません。

ですが、今回ご紹介の第1回社会事業共同募金記念切手の他にも、一枚で何千円もの買取価格がつく切手は多く存在します。 特に、この年代の切手はまだまだ希少価値が高いものも多く、切手買取においても、戦前~戦後の切手はおすすめ出来る種類です。

第1回社会事業共同募金記念切手などをはじめとする、古い切手のコレクションをお持ちであれば、ぜひとも一度切手買取業者へ問い合わせてみることをお勧めします。

切手買取でのおすすめ買取業者

切手買取におけるおすすめ買取業者はトップページでご紹介していますが、特におすすめの2社だけピックアップしてこちらでもご紹介します。私の経験上からも、切手買取を依頼する際には安心してお任せできる2社ですよ。

第1回社会事業共同募金記念切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

第1回社会事業共同募金記念切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ