スウェーデン切手の価値と概要、おすすめ買取業者を紹介します!

スウェーデン切手の買取価格と価値はどのくらい?

切手の価値に悩む女性

スウェーデン切手とは、その名の通りスウェーデンで発行された切手全般を指します。 スウェーデンの郵便の歴史は非常に長く、なんと1620年には多くの郵便局を設置し、軍事郵便を利用していたそうです。 1686年にはスウェーデンも消印を製作して郵便に利用するようになりましたが、それはなんと世界で3番目に古い消印だったと言われています。 そんなスウェーデンで切手が誕生したのは1855年のことで、以降、様々なスウェーデン切手が発行されてきました。

スウェーデンの切手の特徴といえば、政府自ら切手を発行していた歴史がとても長かったということです。効率的に沢山の切手を印刷するため、「コイル切手」という、ロール状に巻かれた紙に切手を印刷していく方法が長らく採用されてきました。そのため、切手の4面全てに目打ちがないスウェーデン切手も多いです。

スウェーデン切手の奥深いところは、そうした切手の形式でも買取価値が変わり、例えば、全く同じ図柄の切手であっても、目打ちの有無で買取価値が大きく変わることがあります。

スウェーデン切手は奥深く、自身で正確な価値を調べるのは非常に困難です。そのため、もし売りたいスウェーデン切手をお持ちであれば、一度切手買取業者で無料の査定を受け、価値を明確にされることをおすすめします。

このページでは、スウェーデン切手の中でも、特に有名な種類か、高価買取が期待できる切手を紹介していきます。

スウェーデン切手の中には価値が高いものも多いので、「英語で書かれている切手が出てきた…」「種類が分からないスウェーデン切手が沢山ある」といった場合は、一度切手買取業者の問い合わせフォームから質問すると、買取価値を明確にすることが出来ます。

切手買取でのおすすめ買取業者

切手買取におけるおすすめ買取業者はトップページでご紹介していますが、特におすすめの2社だけピックアップしてこちらでもご紹介します。私の経験上からも、切手買取を依頼する際には安心してお任せできる2社ですよ。

切手の価値を簡単に知る方法

相見積もりは大切です

上記にもあるように、スウェーデン切手とは種類が非常に膨大であり、このページで見つける事ができない可能性が高いです。

そうなると、切手自体の種類や名称を判別する事も困難ですので、このサイトであなたのお持ちの切手の買取価値の説明を探すこと自体が非常に困難です。


ですので、先にどんな切手でも簡単に価値や買取価格を調べる方法を紹介する方法をご紹介します。 ここで紹介する方法ならば、切手について全くの無知でも実践するだけで正確な切手の価値・買取価格を知る事ができます!


その方法とは、切手買取業者にメール査定を依頼する事です。


たったこれだけでOKです。もちろん、無料で利用できます。

シンプルな方法ですが、この方法は非常に合理的な方法です。切手は写真さえ送れば正確な査定が可能なので、これだけで専門家に切手を査定してもらえます。


更に、切手は相場が変動し、状態によっても価値が大きく変動しますので、メール査定は正確な価値を知る為にこの上ない程の最善の手段なのです! スウェーデン切手をメール査定してもらうのにお勧めの切手買取業者は次のページを参考にしてください

有名なスウェーデン切手の価値・買取価格一覧

このページでは有名なスウェーデン切手をリスト形式で紹介し、単体かつ美品と呼べる状態での価値と買取価格、概要を説明していきたいと思います。スウェーデン切手の買取をお考えであれば、是非参考にしてください。

※下記のスウェーデン切手の名称をクリックするとそこまでジャンプします。

有名なスウェーデン切手の価値・買取価格一覧

※上記のスウェーデン切手の名称をクリックするとそこまでジャンプします。

スウェーデン切手の価値と買取価格を紹介

【スウェーデン切手】3シリングバンコ(Treskilling Yellow)の価値と買取価格

スウェーデンの航空切手
発行日:1855年
額面の種類:3スキリング
買取における価値:非常に高い
スウェーデン切手の「3シリングバンコ(Treskilling Yellow)」は、世界でも屈指の価値を誇るプレミア切手です。本来は青緑色の切手ですが間違って黄色で印刷されてしまったエラー切手で、もし発見して切手買取に出されると仮定したら、数億円もの買取価格も十分期待できます。2011年にオークションに出品された際には、なんと6億8000万円もの落札価格が付きました。

【スウェーデン切手】地方切手の価値と買取価格

スウェーデン地方切手
発行日:1862年等
額面の種類:無額面
買取における価値:高い~非常に高い
”地方切手”とは、国のなかの特定の地域や、特定の郵便ルートなどに限って使われていた切手のことです。スウェーデンでもかつて地方切手が発行されていて、古いものにはプレミアが付いている可能性があります。例えば、1862年のスウェーデンの地方切手は、使用済み消印付きで5000円前後の買取価格が期待できる種類があります。

【スウェーデン切手】記念切手の価値と買取価格

オリンピック切手
発行日:1935年等
額面の種類:様々
買取における価値:普通~非常に高い
スウェーデンの切手においても、例えば博物館開設など周年を祝う切手、著名人の生誕周年を祝う切手、クリスマス切手など沢山の記念切手が発行されてきました。古くて発行数が少ない記念切手だと希少価値も高く、切手買取においても高い買取価格が期待できます。例えば、1935年に発行された「議会500年」の記念切手は、全9種が揃っていれば数千円の買取価格も期待できます。

【スウェーデン切手】肖像切手の価値と買取価格

ケルンテン国民投票30年記念切手
発行日:1924年等
額面の種類:1クローナなど
買取における価値:非常に高い
スウェーデンでも王族や国王、国家元首を題材とした切手が発行されており、例えばヴィクトリア王太子のご成婚記念切手、グスタフ陛下の即位40年記念切手など多数が発行されてきました。古くて希少価値の高いものは、スウェーデン切手の買取においても高い買取価格が期待でき、例えば1924年発行の国家元首の切手だと、3種揃って3000円前後の買取価格が期待できます。

【スウェーデン切手】切手帳の価値と買取価格

スウェーデン切手帳
発行日:1988年他
額面の種類:2クローナ、6クローナなど
買取における価値:普通~高い
スウェーデン切手においても”切手帳”は発行されています。スウェーデンの切手帳は、長方形の用紙に切手が計20枚収納されているものが多く(形式は様々)、夏祭りやクリスマスなど季節感溢れる題材も採用されています。スウェーデンでは紋章を題材とした切手帳が各年で発行されていたことがありますが、1986年の紋章切手帳は最大で1000円前後の買取価格も期待できます。

【スウェーデン切手】クリスマス切手の価値と買取価格

クリスマス切手
発行日:1997年、2003年など
額面の種類:6クローナ、8クローナなど
買取における価値:普通
スウェーデンは、12月から1月13日までクリスマスを祝う習慣があります。クリスマスを題材にしたスウェーデンの切手も毎年発行されていて、図柄はその年によって様々です。近年のものだと基本的に希少価値は付きづらくはなりますが、それでも切手帳1冊で数百円~1000円前後の買取価格が期待できますし、単片のバラ切手でも買取価値がある種類も多いです。
ページのトップへ