全国の山河は赤一色切手の買取価格と概要

中国切手「全国の山河は赤一色」切手とは

全国の山河は赤一色切手

中国切手の「全国の山河は赤一色」とは、文化大革命時代に発行された切手で、極めて希少価値が高いプレミア中国切手として有名です。 別名「全国の山河は赤い」とも呼ばれる中国切手で、買取価値も極めて高く、例え発見されたのが1枚のみだったとしても、何千万円もの買取価格が期待できます。

全国の山河は赤一色切手の発行は1968年、横長版、縦長版の2種類が存在していますが、額面はどちらも8分で統一されています。
「全国の山河は赤一色」の名の通り、図柄には赤い中国の地図が採用されており、前面には毛沢東語録を掲げる民衆達の姿が描かれています。 赤一色に塗られた中国の地図には、「全国山河一片紅」と記されており、中国全土が共産主義で統一されている様子を表現しています。 赤色は当時の共産党のトレードカラーであり、同時に"進め"という意味を持っていました。そのため、文化大革命時代に発行された中国切手(文革切手)には赤色を採用した切手が多くなっているのです。

「全国の山河は赤一色」は、切手の発行までは順調に行われましたが、発売後すぐに、図柄の赤い地図の"台湾だけが塗り残され、白いままである"という図案ミスが発覚します。 塗り残しがあるということは、台湾だけが中国領土でないという意味になってしまうため、切手の発行から僅か半日程度で回収されました。

こうして全国の山河は赤一色は幻の切手になり、回収前に偶然誰かが購入して市場に出回ったものや、のちの誤発売された分が僅かに残されているのみとなっています。

「全国の山河は赤一色切手」の買取価格

全国の山河は赤一色切手は極めて希少価値が高い切手で、市場に出回ることは極めて稀です。そのため、中古の切手買取の市場でも、買取例は無きに等しい状態です。 ゆえに、買取価格はまさに時価といったところですが、これだけ有名なプレミア中国切手となれば、1枚辺りで何千万円の買取価格も十分期待できます。

切手買取業者の買取価格とは異なりますが、これまでオークション等で提示された「全国の山河は赤一色」切手の取引価格を、参考までにお伝えします。

  • 縦長の全国の山河は赤一色切手は、美品の品が4300万円で落札された事例があります。
  • さらに、横長版の全国の山河は赤一色切手となると、なんと9100万円の高価格で落札と、数ある切手の中でも有数の高価格取引例となりました。


そのうえ、全国の山河は赤一色切手は、使用済み状態の買取価格でも一枚辺り200万円以上は期待でき、消印付きの状態でも十分なプレミアがつきます。 これだけ高い価値を持つ切手となると、切手買取においても非常に高額な買取価値を秘めていることは想像に難くないでしょう。

切手買取業者での「全国の山河は赤一色」買取の注意点

ですが切手の状態によって買取価格は大きく上下し、破れや欠けなどのダメージがあると、半値以上買取価格が下がってしまうこともあります。 状態の加味や査定基準は、切手買取業者ごとによっても若干違ってきますので、買取の際は複数の買取業者を利用して相見積もりを取ることを強くお薦め致します。

最後に、「全国の山河は赤一色」切手は贋作や偽物が多いことでも知られる切手で、これまでコレクション用として発行されてきたレプリカ切手も数多く存在します。 これだけ珍しい切手であれば、切手買取業者側にとっても、恐らく実物は初めての拝見となるかと思います。
そのため、査定水準が定まっていなく、買取業者によってかなりの買取価格差が生じるというケースも予想されます。可能性は極めて低いですが、例え本物だとしても偽物だと査定されてしまう可能性も否定できません。
全国の山河は赤一色切手を売却される場合、なるべく多くの査定を経て、納得のいく買取価格で売却されることをおすすめします。

切手買取でのおすすめ買取業者

切手買取におけるおすすめ買取業者はトップページでご紹介していますが、特におすすめの2社だけピックアップしてこちらでもご紹介します。私の経験上からも、切手買取を依頼する際には安心してお任せできる2社ですよ。

全国の山河は赤一色切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

全国の山河は赤一色切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ