ガンダム切手の買取価格と概要

ガンダム切手

アニメ切手の中でも注目度の高い「ガンダム切手」は、正式名称を"アニメ・ヒーロー・ヒロインシリーズ第2集「機動戦士ガンダム」"といい、2005年8月1日に発行された特殊切手になります。

1シート辺り80円切手が6枚、50円切手が4枚にて構成されており、切手の図柄はアムロ・レイやガンダムをはじめ、アムロのライバルであるシャアやザクといった人気の高いキャラクター達が描かれています。 ファーストガンダムであるアムロとガンダムだけでなく、Zガンダムに登場するカミーユ・ビダン、ガンダムSEEDに登場するキラ・ヤマトやアスラン・ザラ等も登場し、これまでのガンダムの歴史を切手からも見ることが出来る一枚へと仕上がっています。 また、切手発売におけるキャッチコピーが"「ガンダム」切手に立つ!"であり、作品に合わせた遊び心ある演出だと話題にもなりました。

絵柄はガンダムだけでなく「Zガンダム」「ガンダムW」「ガンダムSEED」の登場人物もデザインされており、さらに専用の消印が手押し用と機械押し用の2種合わせて作られたため、コレクターの中には複数枚まとめて購入する方も多くいたそうです。 切手の発行年である2005年はちょうどガンダムSEEDが放映されていた時期でもあり、昔からのガンダムファンだけでなく新しい愛好家からも注目される切手となりました。

ガンダム切手の発行枚数は1300万枚、シートで換算すると130万シートが発行されました。 デザインは他のアニメ切手にも見られる横2枚の連刷が採用され、こちらも見ごたえのある切手へと仕上がっています。

ガンダム切手の価値は、例えば押されている消印に価値が生まれている等の特殊な状態でなければ、大半は額面ベースとして換算されています。 他のアニメ・ヒーロー・ヒロインシリーズ切手は額面80円の切手が10枚で構成されているのですが、第1集のポケモン切手、そして第2集となるこちらのガンダム切手のみが80円切手と50円切手の2種の額面で構成されており、額面換算で価値を算出する場合は他のアニメ切手よりも若干価値が低くなってしまいます。 ガンダム切手は80円切手が6枚・50円切手が4枚で1シートとなっていますので、額面での価値は680円となり、切手買取に出すとなると大体450円~600円の範囲内には落ち着くかと思います。
けれども切手の解説書がついている状態であったり、専用の消印が綺麗に押されている状態などであれば価値が上がる可能性がありますので、高く売れる可能性があるなら切手買取業者へ写真付きでメール問い合わせしてみることをオススメしています。

アニメ「機動戦士ガンダム」の放送は1979年から始まり今や日本を代表するロボットアニメのひとつで、ガンプラと呼ばれるプラモデルなども非常に人気が高いです。
ガンダムが題材として採用されている切手はこの他にも「20世紀デザイン切手」シリーズの第15集やガンプラ切手、オリジナルフレーム切手なども含めるとその数は多岐に渡ります。 そのためお持ちのガンダム切手がこの図柄に該当しないのであれば、別の切手を探してみると良いでしょう。

切手買取でのおすすめ買取業者

切手買取におけるおすすめ買取業者はトップページでご紹介していますが、特におすすめの2社だけピックアップしてこちらでもご紹介します。私の経験上からも、切手買取を依頼する際には安心してお任せできる2社ですよ。

ガンダム切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

ガンダム切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ