エヴァンゲリオン切手の買取価格と概要

エヴァンゲリオン切手

ファンが多いことでも知られる人気アニメ作品"エヴァンゲリオン"を題材とした切手が「エヴァンゲリオン切手」ですが、有名なものは3つあります。 一つ目が通称"エヴァ新幹線"と呼ばれる「500 TYPE EVA」切手で、これは新幹線エヴァンゲリオンプロジェクトを記念したフレーム切手のことです。 こちらはコミケで先行販売が行われ、その後全国42か所の郵便局でも販売されました。

二つ目が、エヴァンゲリオンと箱根のコラボの切手「第3新東京市にようこそ」で、第二段では「ゆるしとin箱根」切手も合わせて発売されました。 こちらのエヴァンゲリオン切手は"新劇場版"が採用され、箱根町内の7箇所の郵便局で発売されました。売れ行きは順調で、発行枚数の3000セットが完売し追加発行が行われ、2013年には第二弾の発行が決定しました。

そして三つ目が今回ご紹介する特殊切手「アニメ・ヒーロー・ヒロインシリーズ第5集」のエヴァンゲリオン切手で、2007年2月23日に発行されたものです。 図柄はエヴァンゲリオン初号機や零号機、碇シンジや綾波レイなどの人気キャラクターが採用され、横2枚連刷の迫力ある切手へと仕上がっています。 シート左側の余白部分にもイラストが描かれており、愛好家にはたまらない切手となりました。

エヴァンゲリオン切手も他のアニメ・ヒーロー・ヒロインシリーズ同様、発売日当日のみの記念押印も用意され、郵便局によっては先着順で封筒の配布もありました。 近年は切手自体の売れ行きが芳しくなく、記念切手が期間を過ぎても売れ残ってしまうケースも多いのですが、エヴァンゲリオンは切手になっても人気が高く、沢山の愛好家から反響がありました。SNSやネットの情報によると各地の郵便局では売り切れが続出し、まとめて購入する予定が1枚も残っていなかった、という声もあった程です。

アニメ・ヒーロー・ヒロインシリーズのエヴァンゲリオンの切手の価値ですが、切手買取業者での買取価格は大体額面ベースになってきます。 1シート辺り80円切手が10枚で構成されていますので額面価値は800円となり、平均的に600~700円程の買取価格に落ち着きます。 ですが美品かつ切手の解説書や限定の封筒・台紙などがついている状態や、他多数のエヴァンゲリオン切手と合わせての買取であればコレクション的価値が付随することもあり、買取価格が上がる可能性も出てきます。 エヴァンゲリオンの切手買取であれば、切手・コレクション品と両方の側面に対応できるような、潤沢な流通ルートを持っている切手買取業者の利用をおすすめしています。

エヴァンゲリオン切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

エヴァンゲリオン切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ