1. 切手趣味週間【法隆寺観音菩薩像】について

切手趣味週間「法隆寺観音菩薩像」の買取価格と概要

法隆寺観音菩薩像切手趣味週間

切手趣味週間第4回目に発行された切手は、「法隆寺観音菩薩像」小型シートです。
法隆寺観音菩薩像切手の大きな特徴としては、10円切手が10枚組み合わさった【小型シート】の形式で発行されたことです。 図柄は当時「第2次動植物国宝切手」として発行されていた観音菩薩像切手をそのまま流用したもので、合わせて6万枚が発行されました。 始めの発行は5万枚の予定でしたが、急遽増刷されて計6万部の発行となったのです。

これは切手趣味週間の切手発行が、従来の郵政省ではなく全日本郵趣連盟に託されたことに起因します。 既に発行日が目前に迫った状態で切手を発行することとなった全日本郵趣連盟は、第2次動植物国宝10円切手の「切手帳」を切手趣味週間版に改変して発行することになります。
時間的に厳しく、また既に発行されていた切手と被ってしまうため発行数も5万枚(後に一万枚増刷)と少なく設定されましたが、発表された発行予定枚数の少なさから、切手収集家達は「自分が入手できるのか」と不安を覚えるようになります。 販売には枚数制限が設けられ、販売箇所も限定された局のみとなったため現在も希少価値が高く、プレミア切手として重宝されているのです。 ちなみに発行日も従来までの11月1日ではなく、11月20日(1954年)に延期されています。

気になる 法隆寺観音菩薩像切手(切手趣味週間)の価値ですが、だいたい2万円前後となり、買取額も表紙が付いており状態が良ければ5000~1万円程度は見込めます。

法隆寺観音菩薩像切手だけでなくどの切手にもいえることですが、切手の状態が悪いと買取価格は下がってしまいます。
将来売りたい切手を所持しているのであれば、是非とも丁寧な保管をおすすめします。

切手趣味週間シリーズ「法隆寺観音菩薩像」を1円でも高く売る方法

切手買取業者

切手趣味週間シリーズ法隆寺観音菩薩像切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ