1. オオパンダについて

オオパンダの買取価格と概要

オオパンダ

オオパンダ切手は文化大革命の時代に発行された中国切手で、入手が難しく希少価値のある切手です。
発行年数は1963年に発行された1次(特59)、そして1973年に発行された2次(革14)に分かれ、1次と2次を合わせて6種類での完品となります。
1次は3種類、2次は6種類のオオパンダ切手が発行されています。
愛らしいパンダが図柄となった切手で、中国切手の中でも屈指の知名度を誇る人気のある切手です。

1次と2次を比較したときに、日本国内にはどちらかというと2次のオオパンダ切手の残存数が多くなっています。
オオパンダ切手2次(革14)が発行された時代、日本には日中国交回復を記念して中国から贈られた、パンダのカンカンとランランがやってきた時でもあるのです。
国内での空前のパンダブームに伴い、当時発行されていたオオパンダ切手2次を入手した人も多かったといわれています。

オオパンダ切手の価値は、完品状態であれば価値は5000円ほどとなり、買取価格も4000円程度は見込めます。
しかも一枚一枚が切り離されたバラ切手でなく、複数枚が繋がった状態で綺麗な状態で揃っていれば買取価格は更に上昇します。
全種類の完品でない場合は価値は少々下がってしまうものの、それでもまとまった買取額を手にすることのできるプレミア中国切手です。

オオパンダを1円でも高く売る方法

切手買取業者

オオパンダなど額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ