1. 昭和31年お年玉切手シート「こけし」について

昭和31年お年玉切手シートの「こけし」買取価格と概要

昭和31年お年玉切手シートこけし

「こけし(えじこ)」小型シートは、昭和31年お年玉切手シートとして発行されました。 切手の題材になっているのは東北の郷土玩具「こけし」と「えじこ」で、こけしは左側に、えじこは右側に描かれています。 本来はこけし、えじこ共に宮城県を代表する玩具ですが、こちらの切手が紹介される際はなぜか東北の玩具と言われていることが非常に多いです。

こちらのお年玉切手シートのこけしは、様々なこけしや雑器を手掛けた職人である佐藤好秋の作品が図柄になっています。 佐藤松之進が師匠で、86歳でお亡くなりになるまでこけし工人として広く活躍し、代表的な弟子に息子である佐藤好一や我妻吉助がいます。
えじこを手掛けたのは、ロクロによる太い幅の色帯で色をつける"弥次郎系"こけしの工人、新山栄五郎です。 えじこは本来もう少し小さい郷土玩具ですが、左隣のこけしとの兼ね合いで大きめに描かれています。

昭和31年お年玉切手シート「こけし」の引き換え日は1956年1月20日で、5,852,000枚が発行されました。 1シート辺り5円切手×4枚の構成で、用紙は白紙・すかしなしのものが使用されています。

昭和31年お年玉切手シート(こけし)の買取価格は、ぱっと見難のない並品の場合で一枚辺り700円ほどで売ることが出来ますが、状態のあまり良くないものになると100~200円程度になってしまうこともあります。
しかしプレミア切手としても有名な切手ですので、切手買取店によってはこの買取価格よりも高くなる可能性が大いにあります! 少しでも高くこけし小型シートを売りたい場合は、なるべく複数の切手買取業者から相見積もりを取ることをオススメします。

こけしお年玉切手シートを1円でも高く売る方法

切手買取業者

こけしお年玉切手シートなど額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ