東京切手展記念切手の買取価格と概要

東京切手展記念切手

東京切手展記念とは東京で開催された切手展を記念して製作された切手で、地方切手展記念の小型シートとしてはこの切手が初めてと発行なります。
発行日は1947年5月で、シート一枚あたり1円20銭の切手が15枚で構成されています。
東京の日本橋で"郵便切手を知る展覧会(別名東京切手展)"が開催された際に記念切手シートとして発売が行われ、発行枚数は30.2万枚に留まります。
「郵便切手を知る展覧会」の開催期間は1週間でしたが、その間に26万人を越える入場者が訪れ、大成功を収めた展覧会となりました。

切手の図案は切手愛好家より人気の高かった通常切手30銭の図柄である「法隆寺五重塔」を流用したものとなります。
元となった30銭切手の刷色は紫色でしたが、東京切手展記念は黄緑色に変更されて発売されました。

東京切手展記念は美品のシート状態であれば25000円程の価値があり、この年代の切手にしては非常に高額で取引されているといえます。
このように横に長い切手シートは切手愛好家の中では通称「うなぎ」と呼ばれており、切り離してバラで売ってしまうより全て繋がった状態で買取してもらうほうが良い値段となります。

発行年は1947年と比較的近年ですが非常に高い価値を持つ切手のため、汚れてしまい価値が下がってしまう前に、是非とも早めの買取依頼をオススメしたい切手のひとつです。

東京切手展記念切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

東京切手展記念切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ