1. 満州国成立10年記念切手について

満州国成立10年記念切手の買取価格と概要

満州国成立10年記念切手

満州国成立10年(一次)記念切手とは満州国が成立してから10年が経ったことを記念して発行された記念切手です。
満州国成立10年の一次切手は建国記念日にあたる1942年3月1日で、2銭と10銭の2種類の切手が発行されています。
(一次)とあるように満州国成立10年の記念切手は二次まで存在し、残りの5銭と20銭の切手は二次の際に発行されたものとなります。

図柄は2銭、10銭ともに建国神廟が描かれており、2銭切手は茶色で、10銭切手は赤色で印刷されています。
記念切手は日本と満州の両国で発行され、他にも日本軍占領地域などでも発売が行われました。

しかしその三年後の1945年に日本は太平洋戦争に敗退し、伴って日本の属国と見なされていた満州国も消滅します。
戦時中は通常の切手ではなく簡素化した切手が発売される(第二次昭和切手に該当します)など、日本の切手史においても極めて重要な出来事のひとつでもあります。

満州国成立10年(一次)記念切手の価値は、2銭は50円程、10銭であれば500円程となります。
1枚~数枚ではそれほど高額な買取価格にはなりませんが、出来るだけ多くの枚数を他の切手と一緒に買い取ってもらうことで臨時収入としては十分な額を得ることが出来ます。
後述する満州国成立10年記念切手の二次と合わせた場合もコレクションとして評価されて買取価格が上がる可能性もありますので、もし所持しているのであれば一緒に買取してもらった方が良いでしょう。

満州国成立10年記念切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

満州国成立10年記念切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ