1. 飛行郵便試験記念切手について

飛行郵便試験記念切手の買取価格と概要

飛行郵便試験記念切手

飛行郵便試験記念切手とは国内で初めて飛行便の試行された日を記念して発行された航空切手で、発行日は1919年10月3日です。
【航空切手】とは航空郵便専用の切手で、既に発行されていないために航空切手自体がかなりの希少品として重宝されています。

飛行郵便試験記念切手は大正8年に日本で初となる飛行機の試験飛行が行われたことをきっかけに発行された記念切手であり、田沢型大正毛紙切手に加刷した2種類が発売されました。
2種類は葉書用と封書用に分けられ、葉書用であれば赤色での加刷、封書用は黒色のインクを用いて加刷されています。
飛行郵便試験記念切手は飛行機の離陸・着陸地点である東京と大阪のみの限定発売とされ、発行枚数は赤加刷のもので5万枚、黒加刷であれば3万枚が用意されました。

飛行郵便試験記念切手の価値は数ある日本切手の中でもトップレベルで、バラ切手単位で1.5銭は60000円、3銭は70000円にもなります。
元々の価値も非常に高い切手ですので未使用状態はもちろん高値で買取される切手ですが、使用済みのものも残存数が少なく、こちらも高い値段で買取される傾向にあります。

しかし飛行郵便試験記念切手は予め発行されていた田沢型大正毛紙切手へと加刷が施されたものですので、偽造も容易に出来てしまいます。
そのため贋作も多く出回っており、見分け方としては印刷方法が異なっているのですが、本物かどうか見分けるのは専門家でないと難しいようです。
切手買取においては査定員が切手の真贋を含んだ買い取り価値を算出してくれるので安心ですが、オークションなどで入手する際には気を付けておきたい切手のひとつとなります。

飛行郵便試験記念切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

飛行郵便試験記念切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ