第5回国民体育大会記念切手の買取価格と概要

第5回国民体育大会記念切手

国体切手は毎年発行されている切手ですが、第5回は特に価値が高く、プレミアとして非常に有名な切手です。
第五回国体切手の発行日は1950年10月28日で、100万枚が発行されています。
愛知県で開催された第5回国民体育大会の開催記念に発行された切手で、国民体育大会において炬火が初めて点火されるなど大きな盛り上がりを見せた大会だったといいます。

第四回までの国体切手の構成は1枚辺り80枚もの枚数でしたが、第五回目からは1シート辺り20枚に変更されています。
1シート辺りの枚数が少なくなったことにより個人が気軽に入手できるようになり、盛んに郵便に使用されたため、未使用の第五回国体切手のプレミア化に拍車をかけたとも言われています。
発行枚数が元々あまり多くなかったこともあり、第五回の国体切手は驚くほどの高値で売買されています。

第五回国体切手は4種田形であれば18000円程の価値があり、横4連の状態であっても価値は1万円を上回るなど、非常に高い価値があります。
買取価格も4種田形で15000円前後となり、非常に価値がありますので大切に保管しておきたい切手です。

第五回国体切手は昔の切手のため状態が悪いものが多くありますので、美品であればそれだけでも買取価格の増額をのぞむことが出来ます。

第5回国民体育大会記念切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

第5回国民体育大会記念切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ