愛国切手記念切手の買取価格と概要

愛国切手記念切手

愛国切手記念切手とは日本で初めて発行された寄附金付切手で、国内各地に飛行場を整備する為の募金を呼びかける目的で製作されました。
別名「愛国切手」とも呼ばれるこちらの切手の発行日は1937年6月1日で、額面別に3種類が存在し、それぞれ図柄は同一ですが刷色が異なるものとなります。

寄付金付き切手のために額面は他の切手と違い特殊で、2+2銭、3+2銭、そして4+2銭の3種類が発行されています。
このうち切手として使える額は2銭、3銭、4銭で、それぞれ2銭ずつ寄付金が上乗せされる仕組みです。

この寄付金は当時の日本でまだ未発達であった飛行場を整備する目的で集められ、故に図柄も日本アルプス上空を飛ぶダグラスDC-2型機を描いたものとなっています。
寄付を受ける法人は財団法人帝国飛行協会で、当時は財政からの寄付で1000万円、そして愛国切手で約100万円ほどの寄付金を集め、飛行協会の国策遂行への希望を持って集められたものとなります。

気になる愛国切手の価値ですが、戦前の記念切手としては価値は低めで、3種類の価値はそれぞれ200円程しかありません。
理由としては愛国切手は発行数が非常に多く希少価値が薄いために、戦前の切手としてはあまり価値が上がっていないのです。
しかし切手のデザイン面では愛好家より当時から支持を得ており、飛行機の左翼が切手の枠にかかっていることで躍動感を生み出していると評価されています。

愛国切手は戦後のGHQによる統括により愛国主義的なものは全て排除されたため、使用できなくなり廃盤となりました。
3種類が揃っていればコレクションとして評価され買取価格が上がる場合もありますし、他にも戦前の切手は高く売ることが出来る種類も多いです。
もし戦前の切手のコレクションを持っているのであれば、一度切手買取店の査定を受けてみることを強くオススメします。

愛国切手記念切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

愛国切手記念切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ