昭和34年お年玉切手シートの「鯛えびす」買取価格と概要

昭和34年お年玉切手シート鯛えびす

昭和34年お年玉切手シートの題材となっているのは、「鯛えびす」です。 お年玉切手シートの発行枚数は1044万2000枚で、昭和34年1月20日に発行されたものになります。

鯛えびすとは香川県高松市の郷土玩具で、元々は嫁入り人形として使用されていましたが、習慣自体が戦後にだんだん衰退したため、現在では郷土玩具として広く愛されています。 本来の鯛えびすは土で作られたものでしたが、切手の図柄として取り上げられたことをきっかけに丈夫な張子作りへと変更されています。

切手の発行年であった1959年時点では、鯛えびすを作っているのは高松市に住む宮内フサさんのみとなっていました。 宮内フサさんは鯛えびすの軽量化のために当時から張り子で制作していた方で、切手の図柄も張り子製の鯛えびすが採用されています。 お年玉切手シート(年賀切手)の発行にあたり、宮内フサさんへと高松市から感謝状が贈られたそうです。

昭和34年お年玉切手シート(鯛えびす)の買取価格は、1シートでおよそ100~120円ほどとなります。
けれども美品状態であったりFDC(初日カバー)などであれば上記よりも買取価格は高くなりますので、お年玉切手シートを少しでも高く売りたい場合は切手買取業者から相見積もりを取る事が大切です。
お年玉切手シートは大体昭和31年頃までに発行されたものは価値が比較的高いのですが、それ以降のものは発行数が多くなったこともあり価値が徐々に下がっていってしまっています。 それでも数ある切手の中では額面以上に高く売れる珍しい切手ですので、使っていないのであれば是非とも切手買取業者の利用をおすすめします。

鯛えびすお年玉切手シートを1円でも高く売る方法

切手買取業者

鯛えびすお年玉切手シートなど額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ