1. 旧高額切手について

旧高額切手の買取価格と概要

旧高額切手

旧高額切手とは1908年から1914年にかけて発行されていた普通切手で、図柄には神功皇后の肖像があしらわれています。
額面は5円と10円の2種類が存在し、この額面は当時の貨幣価値でいえば非常に高額で、他の普通切手と比べても類を見ない高い額面へと設定されています。

当時の日本は電信や電話が普及し始めた時代となり、この旧高額切手は郵便で使用することを目的として発行されたものではなく、電話料金の支払いや加入登記のためにと発行された切手なのです。
そのため普通切手の中では異例ともいえる非常に高額な額面にて発行されています。

そのため電信用の切手自体の価値も発行当初より非常に高く、高額であるために普及は限られており、旧高額切手は現在でも希少性の高いプレミア切手として重宝されています。
旧高額切手はバラ切手単位で五円の価値は10万、20円なら20万円もの価値が見込めます。
買取においてももちろん高額で、5円なら7~8万円、20円なら18万円前後での買取も見込めます。

旧高額切手は日本の普通切手に初めて肖像を使った切手としても知られており、コレクションとしての価値も非常に高く設定されています。

旧高額切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

旧高額切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ