第二回国勢調査記念切手の買取価格と概要

第二回国勢調査記念切手

第二回国勢調査記念切手とは、日本で2度目の国勢調査が実施された事を記念して発行された記念切手です。
発行日は1930年9月25日で、1.5銭と3銭の二種類が発行されています。
発行された枚数は1.5銭が282万枚、3銭切手は283万枚と3銭切手の方が少し多いのですが、流通量にそれほど変わりはありません。
当時の日本地図が図柄に採用されており、二種類ともに図柄の違いはなく、単色印刷のカラーリングが異なっています。

第二回国勢調査記念切手の価値は、第一回国勢調査記念切手と比較すると価値は大きく下回り、1.5銭なら200円程、3銭でも300円程になります。
バラ切手単体の買取であれば100円の値もつかない事もありますが、切手帳に入っておりその他の切手と共に買取してもらう場合やシートでの買取であれば臨時収入としては十分な額を手にすることが出来るでしょう。

国勢調査記念切手は第二回の他にも価値の高い第一次国勢調査記念切手など様々な種類が存在しており、価値もそれぞれ全く異なるものとなります。
国勢調査記念切手の買取を検討しており種類がわからない場合は、切手買取店に問合せメールを送ることでそのお店での買取価格を知ることが出来ます。

問い合わせメールにあらかじめ切手の写真を添付しておくことで、査定スタッフが切手の図柄や特徴を見ることが出来るために簡単に種類の特定が出来、現物を見せなくてもそのお店ごとの価値を知ることができるのです。

第二回国勢調査記念切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

第二回国勢調査記念切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ