明治神宮鎮座10年記念切手の買取価格と概要

明治神宮鎮座10年記念切手

明治神宮鎮座10年記念切手とは名前の通り、明治神宮で鎮座祭が行われてから10周年を記念して発行された記念切手です。
発行日は鎮座からちょうど10年の1930年11月1日で、額面は1.5銭と3銭の2種類が発行されています。
この2種類は図柄は同一のものですが印刷色が異なるものとなっており、1.5銭(1銭5厘)は緑色、そして3銭は朱色で印刷されています。

明治神宮とは東京都渋谷区に存在する有名な神社であり、日本一の参拝客数を誇っており特に初詣などは非常に賑わいを見せます。
1915年に明治神宮の創建が発表されてから5年後である1920年11月1日に鎮座祭が行われました。
鎮座祭には「明治神宮鎮座記念切手」が発売され、こちらも1.5銭と3銭の2種類が発行されました。

気になる明治神宮鎮座10年記念切手の価値ですが、明治神宮鎮座記念切手もそうでしたが、実はそこまで価値は高くはありません。
バラ切手単位での価値は1.5銭で200円程度、3銭でも500円程度にとどまり、驚きのプレミア切手、というわけではないのです。
買取の場合、3銭で100円ほどに収まってしまう場合が多いですが、複数枚であったり他の切手とまとめての買取であれば臨時収入としては十分な額を手にすることが出来ます。

この切手の他に明治神宮の切手は鎮座祭を祝って発行された「明治神宮鎮座」記念切手など、明治神宮を題材とした切手は他にも存在しており価値もそれぞれ異なります。
特に明治神宮鎮座10年記念切手と1920年発行の明治神宮鎮座記念の切手は似たような図案が採用されているために、詳しくない買取店であれば知識が混在している場合があります。
切手買取店のホームページなどでも画像などが間違っている場合がありますので、価値や買取価格をネットで調べるときには注意が必要です。

明治神宮鎮座記念切手に限らず古い切手を高く売りたい場合は、リサイクルショップなどで売ってしまうのではなく切手専門の買取店を選ぶようにすると安心です。
また、個人でオークションに出す場合も表記など間違ってしまわないよう注意しておくようにしましょう。

明治神宮鎮座10年記念切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

明治神宮鎮座10年記念切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ