1. 日本国際見本市記念切手について

日本国際見本市記念切手の買取価格と概要

日本国際見本市記念切手

日本国際見本市記念切手とは、日本で初めて開かれた「国際見本市」の開催を記念して発行された切手です。
発行日は1954年4月10日で、額面の種類は10円のみが発行されています。
この図柄には「輸出品の象徴」というタイトルがつけられており、グラビア印刷で300万枚が発行されました。

国際見本市とは新しい国内技術や新製品などを国内外へ向けて発表する場として設けられた計画であり、戦前も見本市の計画自体は立案されたものの、日中戦争により行われることはありませんでした。
そして戦後に海外の様々な国が見本市を開催するようになり、1954年に日本も大阪で「国際見本市」を開催しました。
ちなみにこの時行われた見本市はアジア内でも初めての試みとなり、大成功を収めました。

日本国際見本市記念切手の価値は単片辺りで400円程とこちらもそれほど高い価値を持つ切手ではありませんが、シート状態であれば価値が上昇する可能性があります。
シミ、裏糊の溶けなどにも気を配り保存しておくと買取価格が下がるのを防ぐことが出来る為、是非とも丁寧な保存をオススメしています。

この図柄は歯車以外は一見何を示しているのかが非常にわかりにくいのですが、調べたところ、上には真珠と真珠貝、そして下部には貝製のボタンが描かれているようです。
「輸出品」というテーマで図柄を描き上げるのにはデザイナー陣も非常に苦労し、何度も描き直しを経たうえでこの図柄に至ったようです。
しかし当時の切手愛好家からもこの図柄の分かりにくさに不評が挙がっていたため、いかに難しいテーマだったかを窺い知ることが出来ます。
貝で出来たボタンは世界的に見ても日本がかなりのシェアを占めているほどの花形商品で、ボタンの他にも綿糸や毛織物、衣料品など様々な繊維製品も海外への輸出が盛んだった時代でした。

日本国際見本市記念切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

日本国際見本市記念切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ