電燈75年記念切手の買取価格と概要

電燈75年記念切手

電燈75年記念切手とは1878年に行われた中央電信局の開局式にて、国内で初めての電灯が灯った年から75年を記念して発売された記念切手です。
発行日は1953年3月25日で、額面は10円の1種類のみが300万枚発行されました。
図柄はフランス製の「アーク灯」という当時の電球が採用され、印刷方法にはグラビア方式が用いられました。

電燈75年記念切手は美品であれば価値は700円程度ですが、20面にて構成されたシート状態でコンディションが良ければ高額にて買い取ってもらえることもあります。
発行日当日の消印が押された封筒の初日カバー(FDC)であれば価値は1500円~3000円程度になりますので、もし使用済みの電燈75年記念切手ならば消印の日付を確認するようにしましょう。

中央電信局の開局式の会場は今の東大工学部のホールで行われ、これが3月25日の電気の日(電気記念日)の由来ともなっています。
アーク灯は点灯に多額のお金がかかるうえ寿命は長くて100時間程度、また紫外線などが生じるために後継となるエジソン電球が国内で登場すると、それに取って代わられる形となりました。
他にも電気や通信に関連する記念切手は1970年発行の電信創業100年記念切手や1985年の新電気通信制度発足記念切手などがあり、それぞれがバラエティに富んだ図柄となっています。

電燈75年記念切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

電燈75年記念切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ