1. 切手趣味週間【まりつき】切手について

切手趣味週間「まりつき」切手の買取価格と概要

まりつき切手趣味週間

切手趣味週間の7回目に発行されたのは、こちらの「まりつき」切手です。 描かれているのは江戸時代の浮世絵師、鈴木春信が18世紀に描いた「まりつき」の絵が採用されています。 発行日は1957年11月1日で、合わせて850万枚が発行されました。

まりつき切手が発行された時期は、日本にちょうど切手収集のブームが訪れていた時期に重なります。 誰もが切手の収集を楽しむ中で最も注目されていたシリーズが「切手趣味週間」であり、見返り美人や月に雁に代表される有名なプレミア切手が重宝されるきっかけにもなりました。 そんな切手ブームの渦中に発行されたまりつき切手は、最初は800万枚が発行される予定でしたがすぐに完売したため、急遽50万枚の増刷が決定しました。

一概にはいえませんが、切手趣味週間シリーズははビードロを吹く娘や市川蝦蔵辺りからだんだんと価値が下がってしまい、こちらのまりつき切手からは一枚80円前後の価値となります。 切手買取店ではだいたい20円くらいの買取額となりますが、初日カバーであれば価値は少し上がります。

どうして価値が下がっていってしまったのかというと、こちらも切手収集ブームに起因します。 当時は誰もが切手収集を楽しんでおり、新しい切手が発売されるとなると販売前から話題になっていたのです。
もちろん発売当日は郵便局に長蛇の列が出来、マスコミや警察なども集まり、怪我人まで発生してしまうほどの混乱ぶりとなるのです。 需要の圧倒的な増加に困った郵政省は、需要に追いつけるよう「切手が足りなければ何部でも増刷する」主旨を発表します。 希少であるからこそ挙って切手を買い求めていたのにも関わらずいくらでも増刷されるため、やがて切手を集める人は少なくなり、切手ブームは終わってしまいます。
切手ブームの最中はこちらのまりつき切手の価値も倍以上に膨れ上がっていたのですが、ブームの終了に伴い価値は下降してしまったのです。 古い切手ですのでそれなりの価値はあるものの元々の発行数も多いため、今でもまりつき切手の買取価格はそれほど上がっていないのです。

切手趣味週間シリーズ「まりつき」を1円でも高く売る方法

切手買取業者

切手趣味週間シリーズまりつき切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ