切手趣味週間の価値と概要、おすすめ買取業者を紹介します!

  1. 切手趣味週間の価値と買取価格一覧

切手趣味週間とは?買取価格はどれくらい?

切手趣味週間シリーズ4種類

切手趣味週間とは1974年から毎年発行されている記念切手の人気シリーズの事です。切手趣味週間は現在も毎年発行されているシリーズ切手な事から特殊切手として認識されますが、特印(特殊通信日付印)が使用されることから記念切手に部類されると言われています。このサイトでも切手趣味週間シリーズは記念切手として部類して説明しています。

そして、切手趣味週間シリーズの買取価格はというと価値の高い切手趣味週間の切手はある程度決まっており、有名なシリーズでいうと「見返り美人」と「月に雁」が価値の高いシリーズです。ですが、その他の切手趣味週間シリーズでもシートで揃っていたりすると思わぬ価格になる事もありますし、額面以上の価値を持つ切手趣味週間シリーズの切手でいうとかなりの種類がありますので、大量に見つかった場合には買取価格は期待して良いといえます!

ですので、切手趣味週間シリーズの切手をお持ちであれば、まずはこのページでどれくらいの価値があるかを確認してみてください。もしこのサイトで説明していない切手趣味週刊詩シリーズをお持ちの場合は、下記の方法で正確な価値や買取価格を知ることができます。

切手趣味週間の価値を簡単に知る方法

相見積もりは大切です

このページではリスト形式で切手趣味週間を説明していますが、種類が膨大にありますのでこのページで説明しきれない種類もあります。そして、ここではあくまでも切手趣味週間の美品における目安の価値と買取価格ですので、状態等や種類を問わず切手趣味週間の価値を正確に知る方法を先にご紹介します。


ここで紹介する方法ならば、切手について全くの無知でも実践するだけで正確な切手趣味週間シリーズの価値・買取価格を知る事ができます!


その方法とは、切手買取業者にメール査定を依頼する事です。たったこれだけでOKです。


シンプルな方法ですが、この方法は非常に合理的な方法です。切手は写真さえ送れば正確な査定が可能なので、これだけで専門家に切手趣味週間を査定してもらえます。


そして、切手趣味週間は状態によっても価値が大きく変動しますので、メール査定は正確な価値を知る為にこの上ない程の最善の手段なのです!特に、価値が高い事を知っている切手趣味週間をお持ちであれば、一度メール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。

そして、メール査定であれば買取は簡単に断れますのでご安心ください♪

切手趣味週間をメール査定してもらうのにお勧めの切手買取業者は次のページを参考にしてください!

切手趣味週間の価値について(切手趣味週間一覧)

では、切手趣味週間の価値と基本的な情報について説明していきます。

このページで説明する切手趣味週間の一覧は次の通りです。

※下記の切手趣味週間の名称をクリックするとそこまでジャンプします。

切手趣味週間シリーズ一覧

※上記の切手趣味週間の名称をクリックするとそこまでジャンプします。

切手趣味週間の価値と買取価格を紹介

山下白雨の価値と買取価格

山下白雨
発行年度:1947年
額面の種類:1円(5枚組み合わせ)
買取における価値:普通
切手趣味週間の第一回目となる切手は葛飾北斎が描いた富嶽三十六景「山下白雨」の富士の図柄が描かれたものです。1円切手が5枚組み合わさった小型シートで、目打ち・糊はありません。山下白雨の価値は綺麗なもので大体300~500円程度です。使用済みになると少し価値が上がり、1000円くらいになる場合もあります。

見返り美人の価値と買取価格

見返り美人
発行年度:1948年
額面の種類:5円
買取における価値:高い
切手趣味週間シリーズで最も有名なのが、菱川師宣が描いた「見返り美人」切手です。この切手は日本に切手ブームが起こったときに誰もが憧れたほどの有名な切手で、当時はかなりのプレミア価値で取引されていました。現在は相場が下がってしまい当時のような何万円もの買取額は見込めませんが、現在でも一枚辺り3000円くらいの価値がある人気の切手です。

月に雁の価値と買取価格

月に雁
発行年度:1949年
額面の種類:5円
買取における価値:高い
「月に雁」は切手趣味週間の第3回目に発行された切手で、こちらもプレミア切手として切手趣味週間シリーズの中でもかなりの人気を誇ります。歌川広重の絵が図柄となった切手で、切手ブームの最中は使用済みの状態でもかなり重宝されていました。現在は昔のように相場は高くありませんが、それでも2000円、状態が極めて良ければ5000円ほどの価値を持つ切手です。

法隆寺観音菩薩像の価値と買取価格

法隆寺観音菩薩像
発行年度:1954年
額面の種類:10円(10枚組み合わせ)
買取における価値:非常に高い
切手趣味週間の「法隆寺観音菩薩像」切手は、切手帳に上手く収まるようにペーンとして発行されています。10円切手が10枚繋がった状態で発行されており、図柄は第2次動植物国宝切手シリーズの観音菩薩像がそのまま採用されています。価値としてはだいたい2万円前後となり、買取額も状態が良ければ5000~1万円程度は見込めます。

ビードロを吹く娘の価値と買取価格

ビードロを吹く娘
発行年度:1955年
額面の種類:10円
買取における価値:まぁまぁ
ビードロを吹く娘切手は、浮世絵の黄金期を作ったと名高い喜多川歌麿の浮世絵がデザインされている切手で、切手趣味週間の第5回目として発行されました。発行枚数が550万枚程度あり残存数も多いため切手買取ではだいたい100円程度の買取額となりますが、まとまった数を持っている場合は合計するとかなりの金額になるかと思います。

市川蝦蔵の価値と買取価格

市川蝦蔵
発行年度:1956年
額面の種類:10円
買取における価値:まぁまぁ
市川蝦蔵切手は1956年に発行された切手趣味週間シリーズの切手で、図柄は東洲斎写楽の浮世絵の「市川蝦蔵」が採用されています。蝦蔵切手の発行数も550万枚とそれほど少なくないため現在も結構な数が残っており、切手買取店では一枚あたり大体150円前後の買取額がつきます。使用済みの状態でも切手買取店によっては買い取ってもらうことが出来ます。

まりつきの価値と買取価格

まりつき
発行年度:1957年
額面の種類:10円
買取における価値:普通
切手趣味週間の7番目の発行は「まりつき」切手で、鈴木春信が描いたまりつきの絵が図柄となっています。一概にはいえませんが切手趣味週間シリーズははビードロや市川蝦蔵辺りからだんだん価値が下がってしまい、こちらのまりつき切手からは一枚80円前後の価値となります。切手買取店ではだいたい20円くらいの買取額となりますが、初日カバーであれば価値は少し上がります。

雨中湯帰りの価値と買取価格

雨中湯帰り
発行年度:1958年
額面の種類:10円
買取における価値:普通
雨中湯帰り切手は鳥居清長が描いた浮世絵が図柄となった切手で、1958年に発行されました。この時代から切手の発行数がだんだん多く、供給が過剰気味となってきます。この雨中湯帰り切手も例外ではなく、2500万枚とかなりの枚数が発行されました。希少性が低いため買取価格もそれほど伸びず、現在でも一枚辺り10~30円ほどの価値に留まっています。

浮世源氏八景の価値と買取価格

浮世源氏八景
発行年度:1959年
額面の種類:10円
買取における価値:普通
浮世源氏八景切手とは美人画で人気を博した細田栄之(鳥文斎栄之)が描いた「浮世源氏八景」が図柄となった切手です。切手趣味週間シリーズで9番目に発行された切手ですが、その価値はだいたい30円前後となります。バラ切手ではそれほど高い買取額は見込めませんが、他の切手と複数枚まとめて売ればまとまった買取額になると思います。

伊勢の価値と買取価格

伊勢
発行年度:1960年
額面の種類:10円
買取における価値:普通
伊勢は鎌倉時代の「佐竹本三十六歌仙絵巻」という絵巻の中に描かれている「伊勢姫」が図柄となっています。こちらもバラ切手の状態では高い価値はなく、一枚辺りの価値は大体50円くらいになります。他の切手と合わせて複数枚で買取してもらうか、シート状態で綺麗なものであれば500円から800円くらいの価値になります。

舞妓図屏風の価値と買取価格

舞妓図屏風
発行年度:1961年
額面の種類:10円
買取における価値:普通
切手趣味週間で11回目に発行されたのは「舞妓図屏風」切手で、「女舞姿」 と呼ばれることもある切手です。発行枚数が1000万枚と非常に多いため価値はそれほど高くなく、一枚辺りだいたい20円くらいの価値に留まります。シート状態であっても300円くらいの価値になりますが、初日カバーであれば500~900円くらいの価値になることもあります。

花下遊楽図の価値と買取価格

花下遊楽図
発行年度:1962年
額面の種類:10円
買取における価値:普通
「花下遊楽図」とは狩野長信が桃山時代に描いた屏風図のことで、その一部分が切手趣味週間シリーズの第12回目として採用されました。別名「遊楽」切手と呼ばれることもあります。こちらの切手も発行枚数が1000万枚と非常に多く、バラ切手辺りの価値は大体10円と額面くらいです。単片辺りの価値が安い切手は他の切手と合わせて買取してもらうことをお勧めします。
ページのトップへ