1. 月に雁について

月に雁の買取価格と概要

月に雁

月に雁切手は、切手趣味週間の第三回目である1949年に発行されたプレミア切手です。

江戸時代末期に活躍した浮世絵師である歌川広重が絵描いた「月に雁」が図柄となっており、見返り美人と同様に根強い人気のある切手です。
歌川広重はゴッホやモネなどの西洋画家にも影響を与えた、世界的に有名な浮世絵師です。
中でも鮮やかな青色を有した作品は、海外ではヒロシゲブルーとも呼ばれ、大胆な構図と繊細な描写の美しさで、19世紀後半に起こったジャポニズムの流行にも多大なる影響を与えたとされています。

月に雁切手も見返り美人と同様に、縦が67mm、横が30mmと非常に大型の切手となっています。
発行枚数は200万枚で、昭和に巻き起こった空前の切手ブームでは月に雁切手も人気を博し、使用済みの状態であっても大変重宝されていました。

現在も月に雁切手は根強い人気があり、切手ブームの収拾につき相場は落ち着いたものの、現在でもバラ切手は5000円程度で買取が行われています。
5枚が1セットとなったシート状態であれば更に高値が臨めますので、もしシート状態でお持ちの方がいましたら切り離さずにそのままの状態で買取してもらうことを強く薦めます。

切手の相場は年々下がっているともいわれ、さらには保管しておくだけでも色褪せやシミが発生してしまうなど保存面でも難しいアイテムです。
もし月に雁をはじめとするプレミア切手の買取を検討しているのであれば、価値が下がりきってしまわないうちの売却をオススメします。

月に雁を1円でも高く売る方法

切手買取業者

月に雁など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ