1. ペンス・ブルーについて

ペンス・ブルーの買取価格と概要

ペンス・ブルー

ペンス・ブルーとは、ペニーブラックとほぼ同時に発売された世界で2番目となる切手です。
1840年5月のイギリスで発行されており額面が2ペンスのため、別名2ペンス・ブルーと呼ばれることもあります。
ペンス・ブルーの図柄もペニーブラックと同様にヴィクトリア女王の横顔が描かれており、希少性・芸術性ともに非常に高く、今なお切手愛好家たちの憧れの的となっている有名な外国切手です。

印刷方式は凹版印刷が採用され、ペニーブラックと同様にペンス・ブルーにもチェックレターと呼ばれる偽装防止のためのナンバーが印字されており、その他にもすかし入りの用紙を使用するなど偽造防止のための高い技術を集約して完成した切手となります。

希少価値はペニーブラックよりもペンスブルーの方が僅かに上で、切手買取においても高い値段がついています。
発行年や切手のコンディションによっても変動しますが、価値は未使用品で大よそ10万円以上であり、外国切手の中でも屈指のプレミア切手となります。
使用済みの希少価値は未使用と比較するとそれほど高くはありませんが、それでも2、3万円ほどの価値はあるため積極的に買取を依頼したい切手です。

ペンス・ブルーは発行年が非常に古い切手のため、綺麗な状態で保存されているものであればそれだけで価値は大幅に上昇します。
切手収集家からも高い評価を受けており根強いファンが存在するために価値が急落する恐れは低いのですが、それでも一時期の中国切手のように大幅に価値が上昇・下落することも可能性としては否定できません。
ペニーブラックやペンス・ブルーなどの古い外国切手を売りたいと考えている場合は、価格が安定している今のうちに査定だけでも受けておくことをオススメしています。

ペンス・ブルーを1円でも高く売る方法

切手買取業者

ペンス・ブルーなど額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ