見返り美人の買取価格と概要

見返り美人

見返り美人切手の発行は1948年の11月29日。昭和23年に150万枚が発行されている特殊切手です。 見返り美人は"切手趣味週間"を代表する切手の一枚で、第二回目に発行されています。 切手のサイズは縦が67mm、横が30mmと非常に大型で、その大きさでも話題を呼んだ切手です。

別名"浮世絵の祖"とも名高い、江戸時代を代表する有名な画家である菱川師宣が描いた"見返り美人図"が図柄になっています。
当時は浮世絵が切手の題材になることは極めて珍しく、その図柄の美しさも相まって国内のみならず外国からも脚光を浴びた切手だったようです。
まるで小さな芸術品のようだと称されることもあった見返り美人切手は、はがきに貼って郵送すると、その美しさから途中で剥がされ盗まれてしまうほどに人気のある切手となりました。
1991年には切手愛好家からの根強い人気を象徴するように、同デザインの復刻版が発行されています。

見返り美人切手の価値は今でも高く、バラ切手であってもおおよそ3000円程度の価値が見込めます。 状態の良いものであれば更に価値が上昇する可能性もありますので、なるべく綺麗に保存しておきたい切手です。
さらにバラ切手でなく、5枚綴りとなっているシート状態になると買取価格は更に跳ね上がります。

切手の難しいところは、綺麗に保存していても経年によっていつの間にかシミや色あせが生じてしまうことです。
状態が悪ければもちろん買取額は下がってしまいますので、もし見返り美人切手の売却を検討しているのであれば早めの買取をオススメしています!

見返り美人を1円でも高く売る方法

切手買取業者

見返り美人など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ