昭和26年お年玉切手シートの「少女と兎」買取価格と概要

昭和26年お年玉切手シート少女と兎

昭和26年に発行されたお年玉切手シートは「少女と兎」が描かれた切手です。
こちらは応挙の虎お年玉切手シートの翌年に発行され、同じく発行年の干支である兎が題材となっています。
しかし兎を採用した理由は所説あり、干支にちなんで兎を選んだという説と並行して、「干支を選ぶ予定ではなかったが、結果として偶然兎が題材となった」という説もあります。
当時の郵政審議会から干支の採用に反対されたという経緯があったため、干支以外の題材も模索はしたものの、選定はかなり難航したそうです。

昭和26年お年玉切手シートの額面は2円で、5枚が1シートとして構成されています。 こちらも前年と同じく年賀切手としての発行も並行して行われ、非売品の景品であるお年玉切手シートとしては300万枚程度が引き換えられました。
少女と兎の図柄は著名な絵画などではなく、実在するモデルからお年玉切手シート用に撮影を行い、それを元に原画を作成しています。

昭和26年お年玉切手シート「少女と兎」切手も、応挙の虎には及びませんがかなり高い価値で買取されるお年玉切手シートで、美品であれば1シート辺り大体1000~1200円程度が買取価格となります。
切手買取店によりますが、使用済みでもある程度の買取価格がつく場合もあります。

お年玉切手シートが景品となっているくじ付き年賀状の始まりは、こちらの切手が発行される一年前の昭和25年に遡ります。
戦後の混乱期がまだ続いていた日本で「戦前のように年賀状をやり取りするようになれば、お互いの消息も分かり、交流も戻るはずだ。辛い気持ちから立ち直るきっかけにもなるかも知れない」との声が挙がり、郵政省では一度は反対はしたものの、承諾して制度化が始まったのです。

少女と兎お年玉切手シートを1円でも高く売る方法

切手買取業者

少女と兎お年玉切手シートなど額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ