昭和28年お年玉切手シートの「三番叟」買取価格と概要

昭和28年お年玉切手シート三番叟

昭和28年発行のお年玉切手シートが「三番叟」お年玉小型シートです。
御所人形のひとつである三番叟は"さんばそう"と読み、御所からの贈り物のお返しとして愛されていたことから「御所人形」と呼ばれています。 その中の「三番叟」人形は能楽の翁の舞を表しており、お年玉切手シートの図柄は当時の切手図案家である加曾利鼎造氏が担当しました。

昭和28年お年玉切手シート「三番叟」は1953年1月20日に引き換えが開始され、3,150,000枚が発行されました。 額面は一枚当たり5円で、1シートは4枚の切手で構成されています。 目打ちがあるため一見6枚に見えますが、左端の2枚は「タブ」と呼ばれる飾りとなっています。

昭和28年お年玉切手シート「三番叟」の価値は1シート辺り2000~2400円ほどの買取価格がつき、お年玉切手シートの中でもかなり高く売れる部類になります。 状態が悪いと価値が下がってしまいますので、すぐに売る予定がなくそのまま保存しておくのであればなるべく綺麗に保管しておきましょう。

加曾利鼎造氏は当時活躍していた切手図案家(切手デザイナー)で、60余りもの沢山の切手の制作に携わっています。 担当した切手は昭和28年お年玉切手シート(三番叟)の他にも数多くあり、普通切手の「清水寺(2円)」の図柄や記念切手の「郵便創始75周年記念」など幅広い図柄を作成していました。 けれども今回取り上げた「昭和28年お年玉切手シート(三番叟)」の原画が完成し、発行への準備が進められていた段階でひき逃げ事故に遭ってしまい、こちらの切手が加曾利鼎造氏の最後の作品となってしまったのです。

三番叟お年玉切手シートを1円でも高く売る方法

切手買取業者

三番叟お年玉切手シートなど額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ