1. 応挙の虎お年玉切手シートについて

応挙の虎お年玉切手シートの買取価格と概要

応挙の虎お年玉切手シート

日本で初めて発行されたお年玉切手シートは「応挙の虎」とも呼ばれている切手シートです。 発行年の昭和25年の干支が寅年であったため、円山応挙が描いた虎の絵が図柄に採用されています。 この虎の絵は、応挙が描いた墨絵の竜虎の図から抜粋されたもので、本家は六曲一双の屏風絵になっています。

我が国では1950年に初めてくじ付きの年賀はがきの発行が行われ、景品の中の6等賞として記念切手が発行されることとなりました。 当時は売れ残りの切手を詰め合わせたものを景品として配る予定でしたが当たりの数ぶんの切手在庫がなく、景品として新たな記念切手を発行することになったのが「お年玉切手シート」の始まりです。 この応挙の虎お年玉切手シートの図柄はそのまま年賀切手としても発行されたため、応挙の虎切手には「年賀切手」と「お年玉切手シート」の2種類が存在しています。

昭和25年「応挙の虎」お年玉切手シートはあくまで景品であり非売品なうえ、発行数は89万8000枚と極めて少なく現在ではプレミア切手として珍重されています。
その価値はかつて1シートで30000円以上の価値で取引される時もあり、現在でも買取価格は1シートで6000円以上もの価値が期待できます。 ちなみにプレミア切手として有名な「見返り美人」切手は150万枚、「月に雁」は200万枚の発行数となっていますので、応挙の虎お年玉切手シートの発行数がいかに少ないかが分かります。

応挙の虎お年玉切手シートは一見目打ちがあるように見えますが、この目打ちはプリントされたもので実際に穴は開いていません。 このデザインは当時発行されていたスイスの雑誌の記事に掲載されていたものから着想を得ており、非常にユニークなものとなります。

応挙の虎お年玉切手シートを1円でも高く売る方法

切手買取業者

応挙の虎お年玉切手シートなど額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ