昭和29年お年玉切手シートの「三春駒」買取価格と概要

昭和29年お年玉切手シート三春駒

昭和29年お年玉切手シート「三春駒」は、福島県の郷土玩具である三春駒が描かれた愛らしい小型切手シートです。 三春駒は"みはるごま(みはるこま)"と読み、平安時代の武官である坂上田村麻呂が征討に苦戦していたところ、何処からか現れた木馬に助けられたという伝説から生まれた玩具です。

昭和29年お年玉切手シート(三春駒)は1954年1月20日に引き換えが開始され、3,631,000枚が発行されました。
1シート辺り5円切手×4枚で構成されており、シートの右端には「お年玉郵便切手」との印字があります。 三春駒お年玉切手シート発行の2年前となる昭和27年に郵便料金が改正され値上がりしたため、お年玉切手シートの額面も5円で発行されています。

昭和29年お年玉切手シート(三春駒)の買取価格は、1シート辺りだいたい1000~1500円位になります。 初日カバー(FDC)であれば、切手買取業者にもよりますが少々価値が上がる傾向にあるため、使用済みの状態であっても一度買取を検討されることをおすすめします。

お年玉切手シート(年賀切手)に郷土玩具が採用されたのは、昭和29年に発行されたこちらの切手が初めてになります。 昭和29年のお年玉切手シートの発行に辺り、題材は「北陸の獅子頭」か「三春駒」の2つが候補に挙がっていましたが、検討の結果こちらの三春駒が取り上げられることになりました。 切手原画の制作にあたった担当デザイナーは福島県から三春駒を取り寄せ、それを元に三春駒の図柄を描きました。

三春駒お年玉切手シートを1円でも高く売る方法

切手買取業者

三春駒お年玉切手シートなど額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ