昭和35年お年玉切手シートの「米喰いねずみ」買取価格と概要

昭和35年お年玉切手シート米喰いねずみ

昭和35年のお年玉切手シートは「米喰いねずみ(米食いねずみ)」が図柄に採用されています。
お年玉切手シートの引き換えは1960年1月20日に行われ、11,017,000枚が発行されました。

切手の題材となった米喰いねずみは石川県金沢の郷土玩具で、1830年頃に流行っていたカラクリ人形から着想を得て制作されたものだそうです。
胴体と台を繋いでいるばねを押すと鼠の人形がまるで米をコツコツ食べているように動く仕組みの愛らしい玩具で、ねずみが多産であることから「お金が増える」願掛けとしても使われてきました。 米喰いねずみが生まれたのは天保の飢饉のときだとされており、当時の藩主が内職として米喰いねずみの制作を推奨したのがきっかけで広まりました。
前年である昭和34年お年玉切手シートの題材は「鯛えびす」、その前もだんじりやだるまなどが題材となり、必ずしも干支にちなんだ図柄ではありませんでしたが、こちらの昭和35年お年玉切手シート「米喰いねずみ」から毎年干支にちなんだ郷土玩具が採用されるようになります。

昭和35年お年玉切手シート(米喰ねずみ)の価値は美品の小型シート1枚辺り100~120円ほどですが、並品であれば30円程度に留まってしまいます。 けれども初日カバー(FDC)などであった場合は切手買取業者によりますが買取価格が上がる可能性がありますので、使用済みの状態であっても一度買取業者に問い合わせてみることをお勧めします。

米喰いねずみお年玉切手シートを1円でも高く売る方法

切手買取業者

米喰いねずみお年玉切手シートなど額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ