昭和33年お年玉切手シート「犬張子」の買取価格と概要

昭和33年お年玉切手シート犬張子

昭和33年に発行されたお年玉切手シートは「犬張子(犬はりこ)」が題材となっています。 犬張子とは東京都発祥の郷土玩具で、最初は子供のための魔除けとして使われていましたが、後に嫁入り道具にもなりました。

こちらの切手の図柄に採用されている犬はりこは、江戸末期に浅草に開かれた江戸千代紙、おもちゃ絵の版元である「いせ辰」のものが使われています。 いせ辰の犬張子には2種類あるそうですが、こちらの絵柄はその2種類の特徴を織り交ぜたものが描かれています。

お年玉切手シートの引き換えは1958年1月20日に行われ、9,484,000枚が発行されました。
1シート辺り5円切手が4枚で構成され、それぞれの切手単片の右上には「日本郵便」と書かれています。

昭和33年お年玉切手シート(犬張子)の買取価格は、並品~美品で1シート辺り100~120円程度ですが、初日カバーであれば価値は高くなります。

お年玉切手シートが発行されてしばらくのものは希少性が高く買取価格も高額になる傾向にありますが、だいたい昭和32年お年玉切手シート(だんじり)辺りから価値が下がり始めてしまっていますので、犬張子お年玉切手シートの価格もこの辺りに収まります。
しかし切手買取店によっては上記以上の買取価格が見込めることもありますので、少しでも昭和33年お年玉切手シート(犬張子)を高く売りたいのであれば複数の切手買取業者から相見積もりを取ることを強くオススメしています!

犬張子お年玉切手シートを1円でも高く売る方法

切手買取業者

犬張子お年玉切手シートなど額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ