1. 昭和32年お年玉切手シート「だんじり」について

昭和32年お年玉切手シートの「だんじり」買取価格と概要

昭和32年お年玉切手シートだんじり

昭和32年お年玉切手シートの図柄は「だんじり」で、小型シートは1957年1月20日に発行されました。
図柄は長崎県の郷土玩具「鯨のだんじり」で、長崎では別名「クジランショヒキ」と呼ばれることもある玩具だそうです。
だんじりとは長崎県諏訪神社の祭礼(長崎くんち)に登場する鯨の山車を玩具にしたもので、鯨の形をした張り子の愛らしい郷土玩具です。 左右についているヒレには糸が通っており、車を動かすとヒレも同時に動く仕組みです。

昭和32年お年玉切手シート(だんじり)は8,606,000枚が引き換えられ、今まで発行されたお年玉切手シートと比べるとだんだんと発行数が多くなっているのが窺えます。 ちなみに「応挙の虎」として有名な昭和25年お年玉切手シートは898,000枚、前年の昭和31年「こけし」お年玉切手シートは5,852,000枚となっています。

昭和32年お年玉切手シート「だんじり」の買取価格は1シートあたり大体300円程となり、複数枚所持しているのであればまとまった買取額となると思います。
美品で状態が良い場合や、発行日当日の消印が押された初日カバー(FDC)であれば、切手買取店にもよりますが買取価格が更に上がる可能性がありますので、少しでも高く売りたい場合は複数の切手買取業者から相見積もりを取ることをおすすめしています。

だんじりお年玉切手シートを1円でも高く売る方法

切手買取業者

だんじりお年玉切手シートなど額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ