昭和36年お年玉切手シートの「赤べこ」買取価格と概要

昭和36年お年玉切手シート赤べこ

昭和36年お年玉切手シートは郷土玩具として有名な「赤べこ」で、昭和36年が丑年だったために牛を象った郷土玩具が切手の図柄に採用されています。
お年玉切手シートは1枚辺り5円切手が4枚で構成されており、シートの右側には「お年玉郵便切手」と印刷されています。 引換え日は1961年1月20日で、10,796,000枚が発行されました。

図柄となっているのは「赤べこと金のべこっこ」で、赤べこは福島県、金のべこっこは岩手県の郷土玩具で、お年玉切手シートでは初めての複数県の玩具の採用となりました。 赤べこは現在も安産や育児のお守りや縁起物として愛され続けており、身体の赤色は魔除けの効果を、斑点は痘を表現していると伝えられています。
岩手県の民芸品である金のべこっこは、その昔岩手に黄金を運び込む際に牛を使っていたことから、金を運ぶ牛をモチーフに制作された郷土玩具だと言われています。 背負っているのは千両箱で、金のべこっこは現在も商売繁盛を願う縁起物や幸福のお守りとして使われています。

昭和36年お年玉切手シート(赤べこと金のべこっこ)の価値は、1シート辺り大体80円程度となり単品では高い買取額は見込めませんが、複数枚まとめて売ることでまとまった買取額を得ることが出来ます。
美品状態の一級品であったり初日カバー(FDC)であることで、切手買取業者によりけりですが更に買取価格が上がる可能性もあります。 そのため昭和36年お年玉切手シート(赤べこと金のべこっこ)を少しでも高く売りたい場合は複数の切手買取業者から相見積もりを取り、買取価格を比較することをおすすめしています。

赤べこお年玉切手シートを1円でも高く売る方法

切手買取業者

赤べこお年玉切手シートなど額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ