沖縄切手の価値と概要、おすすめ買取業者を紹介します!

沖縄切手(琉球切手)とは?買取価格はどれくらい?

切手の価値に悩む女性

まず、「沖縄切手」は「琉球切手」という名称でも呼ばれていて、厳密には二つの呼び方で意味は多少異なるのですが広義の意味では「沖縄切手」と「琉球切手」は同じ意味で使用されるので、このページでは以下「沖縄切手」という呼び方をメインにします。

沖縄切手というと、単純に沖縄で発行された切手の総称かと思われるかもしれませんが、実際の定義は1945年~1972年の間に沖縄で発行された切手となり、この期間は沖縄がアメリカ軍によって占領されて本土復帰するまでの期間を指します。その為、沖縄切手の額面には「銭」「円」以外に「セント」も存在します

沖縄切手は沖縄文化が反映された独自性の高いデザインな事からコレクター間でも人気が高く、また現在では発行されていない種類の切手であるため希少性も高い事から、額面以上の買取価格や価値をもつ種類が多く存在します。その高さはバラ一枚で1万円を超える価格で取引される切手もあり、「改訂加刷」の額面が100円の切手は1枚で10万以上の価値で取引されているほどです。

「沖縄切手というと価値が低い」と考える方もいますが、これは沖縄切手が廃止される年代付近で「投機目的」で大量に購入するものが大量に現れた事で、沖縄切手の価値が大暴落した事件が起きたことが理由でしょう。この事件は小学生ですらお年玉を使い果たして投機目的で購入したほどの社会問題となりましたが、現在では沖縄切手の価値は戻っていますし、初期の時代に発行された沖縄切手は年々希少性のが上がる事から価値も比例して上がっているといえます。

沖縄切手とはいえ額面くらいの価値しかない種類もありますが、「沖縄切手は価値が期待できる切手」ですので、お持ちであればぜひこのページで沖縄切手の価値を調べてみてください!

ですが、このページでも説明していない沖縄切手の種類もありますし、状態等も加味した正確な沖縄切手の買取価格や価値までは流石に説明することはできませんので、下記で簡単かつ正確に沖縄切手の価値を調べる方法をご紹介します。

沖縄切手(琉球切手)の価値を簡単に知る方法

相見積もりは大切です

このページではリスト形式で沖縄切手(琉球切手)を説明していますが、前述のとおり種類が膨大にありますのでこのページで説明しきれない沖縄切手もございます。そして、ここではあくまでも沖縄切手(琉球切手)の美品における買取価格と価値の目安ですので、状態等や種類を問わず沖縄切手の価値を正確に知る方法を先にご紹介します。


ここで紹介する方法ならば、切手について全くの無知でも実践するだけで正確な沖縄切手(琉球切手)の価値・買取価格を知る事ができます!


その方法とは、切手買取業者にメール査定を依頼する事です。たったこれだけでOKです。


シンプルな方法ですが、この方法は非常に合理的な方法です。切手は写真さえ送れば正確な査定が可能なので、これだけで専門家に沖縄切手(琉球切手)を査定してもらえます。


沖縄切手(琉球切手)は状態によっても価値が大きく変動しますので、メール査定は正確な価値を知る為にこの上ない程の最善の手段なのです!特に、価値が高い事が判明した沖縄切手(琉球切手)をお持ちであれば、一度メール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。

メール査定であれば買取は簡単に断れますのでご安心ください♪

沖縄切手をメール査定してもらうのにお勧めの切手買取業者は次のページを参考にしてください!

沖縄切手(琉球切手)の一覧

では、沖縄切手(琉球切手)の価値と基本的な情報について説明していきます。

このページで説明する沖縄切手の一覧は次の通りです。

※下記の沖縄切手の名称をクリックするとそこまでジャンプします。

沖縄切手一覧

※上記の沖縄切手(琉球切手)の名称をクリックするとそこまでジャンプします。

沖縄切手(琉球切手)の価値と買取価格を紹介

琉球大学開校記念切手の価値と買取価格

琉球大学開校記念切手
発行年度:1951年
額面の種類:3円
買取における価値:高い
「琉球大学開校記念切手」とは大城皓也氏がデザインを務めた琉球大学開校を記念した切手で、首里城跡に琉球大学を開校したことから、琉球大学本館と首里城のシルエットが図柄に採用されたといわれています。価値は一枚辺り1000円~1300円程度ですので、複数枚見つかればかなり高い金額での買取となると思います。

植林記念切手の価値と買取価格

植林記念切手
発行年度:1951年
額面の種類:3円
買取における価値:非常に高い
植林記念切手は1951年に発行された沖縄切手で、図柄は琉球松の絵、そして琉球の五偉人のうち一人である蔡温の名前が描かれています。そのため植林記念切手は「蔡温記念」と呼ばれることもあります。買取価格は未使用美品のバラ切手単位で1500円程度ですが、未使用・使用済みによっても価値は異なります。

琉球政府創立記念切手の価値と買取価格

琉球政府創立記念切手
発行年度:1952年
額面の種類:3円
買取における価値:非常に高い
琉球政府創立記念切手は米国の統治下に置かれていた沖縄が琉球政府となったきとを記念して発行された切手で、図柄は双葉と琉球列島、そして平和を象徴する鳩が描かれたものになります。琉球政府創立記念切手は沖縄切手の中では非常に価値が高く、美品のバラ切手一枚で約2800円もの買取額となる価値の高い沖縄切手です。

ペルリ来琉100年記念切手の価値と買取価格

ペルリ来琉100年記念切手
発行年度:1953年
額面の種類:3円、6円
買取における価値:普通
ペルリとはかの有名なアメリカ海軍マシュー・ペリーのことで、3円はペリーと琉球執政の会見の様子が、そして6円にはペリーと艦隊が描かれています。価値は3円の方が高く、3円は350円程度ですが6円は40~50円程となります。しかし2種が揃った初日カバー(FDC)であれば500円ほどの価値になることもあります。

第3回新聞週間記念切手の価値と買取価格

第3回新聞週間記念切手
発行年度:1953年
額面の種類:4円(意匠:太田朝敷)
買取における価値:やや高い
沖縄切手の中でも新聞週間記念切手は知名度が高く、切手愛好家からの人気も高いです。第3回新聞週間記念切手には琉球新聞の創刊に関わった人物である太田朝敷と鉛筆の形をした紙型が描かれており、買取価格は一枚辺り300~500円程となります。太田朝敷は沖縄で生まれた政治家で、琉球新報の設立に参加しただけでなく首里市長にも選任された人物です。

甘藷伝来350年記念切手の価値と買取価格

甘藷伝来350年記念切手
発行年度:1955年
額面の種類:4円
買取における価値:普通
甘藷伝来350年記念切手は1955年11月26日に発行された沖縄切手で、図柄には野国総管宮社殿と甘藷(さつまいも)が描かれています。買取価格は一枚辺り300~350円ほどで、複数枚見つかればまとまった買取額となると思います。切手の状態によっても買取価格は大幅に上下しますので、保管しておくのであればなるべく綺麗な状態で置いておくことをお勧めします。

愛林週間記念切手の価値と買取価格

愛林週間記念切手
発行年度:1956年
額面の種類:4円
買取における価値:普通
愛林週間記念切手とは1956年2月18日に発行され沖縄切手で、額面は4円の1種類のみとなります。愛林週間は沖縄切手の中での価値は普通くらいで、切手買取店を利用した場合の買取価格はバラ切手単位で260円程となります。地上戦となった沖縄では戦後に緑地回復のための数々の施策が進められ、毎年2月18~25日までを愛林週間と定めていました。

自動式電話開通記念切手の価値と買取価格

自動式電話開通記念切手
発行年度:1956年
額面の種類:4円
買取における価値:やや高い
自動式電話開通記念切手の価値は一枚辺りだいたい400円程で、沖縄切手の中でも比較的高めに売ることの出来る切手となります。図柄は電話機とダイヤルが描かれており、額面は4円の1種類のみの発行となります。前述した買取価格は美品の場合ですが、並品であっても250円ほどで売ることの出来る沖縄切手です。

第4回新聞週間記念切手の価値と買取価格

第4回新聞週間記念切手
発行年度:1957年
額面の種類:4円
買取における価値:やや高い
新聞週間記念切手のうち一枚となるのが、この「第4回新聞週間記念切手」です。図柄には当真嗣合の肖像とペンが描かれており、額面は4円にて発行されました。価値はバラ切手単位でおよそ400円程度となり、沖縄切手の中では高めで売れる部類となります。当真嗣合とは沖縄出身の衆議院議員ですが、過去は琉球新報社の記者も務めていた人物です。

はと航空切手の価値と買取価格

はと航空切手
発行年度:1950年
額面の種類:8円、12円、16円
買取における価値:高い
はと航空切手とは1950年2月15日に発行された沖縄切手で、額面は8円、12円、16円の3種類が発行されました。それぞれの買取価格は3種の中では最も価値の低い16円でも360円ほどで、12円だと1000円程度、8円の買取価格は2500円ほどにもなります。美品か並品かで価値は変わってしまいますが、かなり高めで売れる沖縄切手になります。

天女航空切手の価値と買取価格

天女航空切手
発行年度:1951年
額面の種類:13円、18円、30円、40円、50円
買取における価値:普通
天女航空切手は1951年から1954年にかけて発行された沖縄切手で、額面は13円、18円、30円、40円、50円の5種類があります。この中で最も価値の高い切手は50円切手で、単純に発行枚数が少ないことからも価値が高くなっています。50円の買取価格は一枚辺り260円程度で、その他の額面も60~200円ほどの価値となります。

改訂加刷切手の価値と買取価格

改訂加刷10円切手
発行年度:1952年
額面の種類:10円(1版~3版まであり)、100円
買取における価値:高い~非常に高い
改訂加刷切手は沖縄切手の第二次普通切手50銭の「唐しじ」に加刷を施した切手であり、1版~3版まである10円と100円の2つの額面があります。価値は10円切手では第3版が最も高く1200円程で売ることが出来、1版・2版も250~800円位の買取額です。100円はかなり価値が高く、美品であれば5万円ほどの買取価格がつくこともあります。

米ドル改訂加刷の価値と買取価格

米ドル改訂加刷
発行年度:1960年8月3日
額面の種類:9c、14c、19c、27c、35c(c=セント)
買取における価値:やや高い
米ドル改訂加刷切手とは航空料金の切手が不足したために急きょ普通切手に加刷を施した切手であり、加刷の字体や大きさにもバラつきがあるのが特徴です。額面は9c、14c、19c、27c、35cの5種類で発行されました。9c、14c、19cの買取価格は80~90円ほど、27c、35cだと一枚辺り200円位で買取ってもらうことが出来ます。

第1次普通切手の価値と買取価格

第1次普通切手
発行年度:1948年7月1日
額面の種類:5銭、10銭、20銭、30銭、40銭、50銭、1円
買取における価値:普通~非常に高い
第一次普通切手は1948年に発行され、初版は灰白紙で発行されましたが1949年の再販版では白紙で発行されています。灰白紙と再販の白紙では価値が異なり、種類によりますがどちらかというと灰白紙の方が全体的に買取価格が少し高くなる印象です。大体70~1200円位の買取額ですが初版の1円切手は価値が抜きん出ており、一枚12500円ほどの買取額がつくこともあります。

第2次普通切手の価値と買取価格

第2次普通切手
発行年度:1950年1月21日
額面の種類:50銭、1円、2円、3円、4円、5円
買取における価値:普通~高い
沖縄切手の第二次普通切手は1950年から発行されており、第一次切手とは図柄も額面も全く異なるものとなります。買取価格は50銭、1円は10~100円程度ですが、2円からは買取価格が比較的高くなり、バラ切手単位で350円~800円ほどで売ることが出来ます。ちなみに50銭切手は1958年から発行されていた純白紙のものもありますが、買取価格に変化はありません。

文化財(建造物)シリーズ切手の価値と買取価格

文化財(建造物)シリーズ切手
発行年度:1952~1953年
額面の種類:1円、2円、3円、6円、10円、30円、50円、100円
買取における価値:普通~高い
文化財シリーズ(建造物)は1952年から1953年にかけて発行されていた沖縄切手で、沖縄の歴史的な建造物が題材となっています。買取価格は1円、2円、3円はおよそ10円程度で、値段がつかないこともあり得ます。ですが6円からは100~500円ほどの買取価格となります。ちなみに最も価値が高いのは100円切手で、並品でも350円程度で売ることが出来ます。

速達切手(沖縄切手)の価値と買取価格

発行年度:1950年2月15日
額面の種類:5円
買取における価値:非常に高い
沖縄切手の速達切手は1950年2月15日に発行されており、額面は5円の1種類のみになります。図柄はタツノオトシゴと沖縄地図が描かれており、沖縄切手らしいデザインにとなります。買取価格はバラ切手単位で760円ほどで、並品でも300~500円程度で売ることが出来ます。使用済みの価値は少し下がりますが、初日カバー(FDC)であれば価値が2倍以上になることもあります。

西表政府立公園の価値と買取価格

西表政府立公園(不発行切手)
発行年度(予定):1971年8月30日
額面の種類:4c(セント)
買取における価値:非常に高い
沖縄切手「西表政府立公園」は不発行となった切手で、沖縄政府立公園シリーズの第三集として1971年に発行予定だったものでした。少数ですがどうして市場に出回ったのかというと、証紙として流用していた事例があったからです。今では未使用の横流れ品も出回っていますが極めて希少価値が高い切手のため買取価格も高く、一枚4000円位になります。
ページのトップへ