新高額切手の買取価格と概要

新高額切手

新高額切手とは1924年から1937年にかけて日本で発行されていた普通切手で、旧高額切手と同じく5円と10円の2種類が存在しています。
5円、10円といった額面は当時の貨幣価値でいえば非常に高額であり、他の種類の切手と比べても類を見ない高い額面へと設定されていることが特徴です。

新・旧ともにこの高額切手は郵便で使用することを目的として発行されたものではなく、電話料金の支払いや加入登記のためにと発行された切手であるために高い額面で設定されており、あまり一般的に使用する切手ではありませんでした。
そのため発行枚数もそれほど多くなく、希少価値は非常に高いものとなっています。

新高額切手はバラ切手単位で換算して5円切手なら12万円、10円なら20万円の価値も見込め、買取でもコンディションが良ければ10万円以上の価値は十分に見込めるお宝切手です。
しかしあくまでも美品の状態での価値なので、汚れがあれば価値は大幅に下がってしまいます。

どうして旧高額切手から図柄が変わり新高額切手へと変更されたかというと、1923年に関東を襲った関東大地震によって切手の原版が焼失してしまったからです。
そのため止む無く新たなデザインを作りなおして作成された切手で、旧高額切手の価値と新高額切手の価値はそれぞれで全く異なるものとなります。
新高額切手の中でも大正毛紙、そして昭和白紙など用紙によって価値が細分化されていますが、どちらの場合であっても新高額切手であれば高めの買取額で売れる可能性が高いです。

新高額切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

新高額切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ